新湘南電鐵 横濱工廠2 archive

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 09日

KATO蒸機にGMナックルカプラーをつけてみた2

本日は小ネタあれこれです。
e0354030_19125011.jpg
まずはGMナックルカプラーをKATO C57に取り付けて、重連でどのくらいのカーブを通れるのか検証しました。
といっても当廠にはR541(TOMIX)、R317(TOMIX)、R315(KATO)、R177(TOMIX)しかありません。
R177は通れませんでしたので、R317に載せてみました。
e0354030_19125644.jpg
左がGMナックル、右はC57に元々ついていたダミーカプラーです。
GMナックルがやや大ぶりですが、巨大、という感じはありません。
e0354030_1913214.jpg
とりあえず炭水車と機関車を連結させてR317上は走行できました。
こんどC59が来たら、R317エンドレスで重連走行させてみましょう。

e0354030_19131164.jpg
さて本日はちょっと仕事で静岡へ。
新幹線の車窓からです。
ここは静岡県富士市のあたりです。

e0354030_19133372.jpg
また別件。
NさんのBlogでBトレ上信電鉄500形電車を「新湘南電鐵の500形電車」と紹介されていますが、当廠にはもともと新湘南電鐵500形電車がおりますので、ちょっとご紹介しましょう。
e0354030_19134381.jpg
18m級、2扉クロスシート4輌編成、週末海水浴特急専用車です。
京急電車特有のオーバーハングが大きいので動力は17m級です。
2009年から6年以上仕掛かり状態で、いつ完成するのでしょう(^^;;;

追伸:KATOから来年、155系電車が製品化されるそうです。
いままでマイクロエース製はありましたが、やはり造形が今一つだったので見送っていました。
155系修学旅行電車「ひので」号、中3のみぎり、品川からこれで京都へ行ったのですよ。
硬いコイルスプリングのDT21台車に揺られながら、7時間くらいかけて。
う~ん、やっぱりKATOは爺さん狙いですね(^^)
トータンさんもやっぱりこれですか?
[PR]

# by nari_masa | 2015-12-09 19:29 | 蒸気機関車(N) | Comments(6)
2015年 12月 08日

EF571ものがたり(笑)

e0354030_18201685.jpg
昨日、前照灯交換工事が終わった旧型電機たちは元気にH鉄道に帰っていきました。
が、動力をEF53兄貴に奪われてしまったEF571君はひとり当廠に取り残されてしまいました。
走ることもできず、とても寂しそうです。
e0354030_18202253.jpg
当廠の同姓同名、EF571が寄ってきました。
e0354030_18202870.jpg
もう一台の同姓同名、KATOのEF571も寄ってきました。
e0354030_18203373.jpg
寄りパン一族がEF571君のまわりに集まりました。
e0354030_18382380.jpg
そして夜が更けるまで寄りパン一族の酒盛り大宴会は続きましたとさ。
めでたしめでたし(^^)
[PR]

# by nari_masa | 2015-12-08 19:55 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2015年 12月 07日

KATO蒸機にGMナックルカプラーをつけてみた

e0354030_21394876.jpg
先日、ちょっと話題にしていた「蒸機の前側カプラーにGMナックルを使えないか?」、検証してみました。
左がGMナックル(後ろをカットしたもの)、右はKATOのナックル(シャンク長を加工したもの)です。
GMの方が気持ち小さいです。
e0354030_21395428.jpg
これはKATOナックルをC56に取り付けたもので、いままではこの姿でした。
小ぶりな蒸機には少し大きめです。
e0354030_2140090.jpg
C56をGMナックルにしてみました。
e0354030_21401261.jpg
同じくGMナックルをC56に。
取付部の上下が緩いので、上に0.3tのポリカ板を挟んでいます。
e0354030_21401822.jpg
C12にも取り付けました。
e0354030_21402449.jpg
旧客の台車マウントに比較すると取付け高さが少し高めです。
走行時に自然解放はありませんでしたが、シャンクの下面を削って上にスペーサーを挟むともう少し改善できます。
e0354030_21402933.jpg
右C56の炭水車に左C12を連結。
これは高さの差があまりありません。
e0354030_21404297.jpg
左C12、右C56の重連走行。
バック運転です。
一応、C177を通過できますが、たまに脱線もあります。
e0354030_21405011.jpg
C57四次形にも取り付けてみました。
この大きさの蒸機になるとあまり大きい感じはありません。
e0354030_21405750.jpg
炭水車のナックルカプラーと連結できます。
自分の炭水車ですけどね(^^;;
でもオーバーハングが大きいので小さなカーブは通れません。
C317くらいならなんとか通るでしょうか?
また検証してみます。

カプラー高さ調整の記事はこちら
[PR]

# by nari_masa | 2015-12-07 21:55 | 蒸気機関車(N) | Comments(6)
2015年 12月 06日

匍匐前進(6) EF52とEF53の前照灯交換完工

e0354030_15473133.jpg
H鉄道様からの預かり品、最後の2輌の前照灯交換、完了です。
まずはEF52、Tさん施工のデッキ手摺りが素晴らしいです。
e0354030_15471932.jpg
この機関車は車長が長いため、元のライトが使えませんでしたのできらめきライトに換装しました。
e0354030_15465888.jpg
走行画像はちょっとボケました。
相変わらずバンソーコーが(^^)
e0354030_15472599.jpg
一方こちらはEF53です。
e0354030_15473623.jpg
動力をEF571と振り替えましたので、普通に走行できます。
ライトは元のEF571のままですので、LEDですがやや暗いです。

これで前照灯交換工事は完工です。
EF571は動力の手術が必要なため、しばらく入院です。
どのくらいかかるか分かりませんね(^^;;
[PR]

# by nari_masa | 2015-12-06 15:56 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2015年 12月 05日

鉄コレ ED14 電飾完工

e0354030_21454719.jpg
鉄コレED14の電飾と走行化が完工しました。
実機では普通やらないED14重連による旧客牽引です。
e0354030_21455318.jpg
今回の電飾用の通電はこんな風にモーター端子に銅線をつなぎました。
もちろん、ウェイトとかモーターケースとか、ショートの危険があるところはPPテープで絶縁しておきます。
e0354030_21455868.jpg
後ろライトのちらつき防止用コンデンサーに銅線を巻き付けました。
これで動力側は終わりです。
ただ、このコンデンサーを取り付けると常点灯しなくなります。
常点灯させたければスナバ回路ですかね。
まあ、当廠では古い電圧制御式パワーユニットしかありませんので、常点灯とは無縁の世界です。
あと、この大きさのコンデンサーだと車体の屋根裏に干渉してボディがすっきり動力に被せられなくなります。
最終的には屋根裏とコンデンサーを少しずつ削りました。
e0354030_2146411.jpg
車体側はきらめきライトの導線を束ねて左右に分けておけば、車体を動力に被せた時に銅線がコンデンサーの脚に接触して通電します。
分解にも支障ありませんし、これが一番簡単な気がします。
e0354030_21461797.jpg
単機で旧客牽引。
これに来年KATOから出るマヌをつなぐと冬の仙山線・・・うふふ、もちろん買いますよ。
e0354030_21462215.jpg
これは動力車の静止画像です。
デッキ、台車枠はジャーマングレー、デッキ手摺りはモリタのぶどう色2号など、各部を塗装してプラ地肌が出ないようにしてあります。
ライトはKATOのクモハ53用で、いつものきらめきライト水平型で電飾。
ちょうどH鉄道様の機関車前照灯を改造しておりますので、続きみたいなものでした(’^^)
見にくいですがブレーキホースも取り付けてあります。
カプラーは昨日のGMナックル。
パンタグラフはKATOのEF56/EF10用を黒鉄色で塗装したものです。
室内は運転台部分はウェイトなのでつや消し黒で塗り潰し、中央窓部はモーターカバーをコクピット色で塗っておきました。
e0354030_21462814.jpg
重連、前が動力車、後ろがトレーラーです。
両方ED141(^^;;
そのうちナンバープレートを何とかしましょう。
動輪は輪芯塗り潰しでも何とか恰好がつきました。
後ろのトレーラーの車輪はダイカストが自己崩壊したマイクロエースの機関車のものです。
またそのうち弄るかも知れません(解放テコとかホイッスルとか・・)が、一応これで鉄コレED14の電飾・走行化 完工と致します。
[PR]

# by nari_masa | 2015-12-05 22:09 | 旧型電関(N) | Comments(6)