新湘南電鐵 横濱工廠2 archive

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 17日

TOMIX TNカプラーとKATO新型密連の相互連結

e0354030_21422267.jpg
いつもお世話になっているトータンさんのBlog「冷や水鉄道」さんにTOMIXの密連型TNカプラーとKATOの新型密連カプラーが連結出来たという朗報が掲載されました。
これはすごい、と当廠でもやってみることにしました。
e0354030_21402699.jpg
当廠にTOMIX密連型TNカプラーはボディマウント(左)とカプラーポケット取り付け用(右)の2種類があります。
中央の黒いパーツがKATOの新型密連カプラーです。
内部構造が分かりやすいカプラーポケット用で確認していくことにします。
e0354030_2140361.jpg
TNカプラー同士はこのように組み合って連結されるのですが・・・
e0354030_21403199.jpg
KATOとTNはそのままではうまく噛み合いません。
なお突起(剣先)部の寸法は横が1.1mm、縦が1.3mmくらいでT社もK社も同じくらいでした。
e0354030_21404241.jpg
TNカプラーを観察します。
剣先側面、赤矢印部に凹みがあります。
e0354030_21404872.jpg
反対側にも同じように凹みがあります。
e0354030_21405542.jpg
薄い板状の部分には凸部があります。
e0354030_214117.jpg
TNカプラーはこれらの剣先側面の凹凸が噛み合って連結されるようです。
一方、上下の面には連結に関与するものは何も無いようです。
e0354030_2141686.jpg
一方のKATO新型密連、パーツは一体成型で、剣先部分には何も凹凸がないように見えますが・・・
e0354030_21411027.jpg
下面を見るとこのような突起と穴があります。
e0354030_21411543.jpg
この突起と穴が組み合って連結されるようです。
e0354030_2141219.jpg
したがって片方の剣先がないような極端な場合でも・・・
e0354030_21412696.jpg
片側だけで連結は可能です。
もちろん結合力は半分になります。
e0354030_21413316.jpg
つまり剣先下面の突起を傷めなければKATO同士の連結は可能なわけですから、側面を削っても問題ないわけですね。
で、TNカプラーの突起がはまりこむ部分をナイフで削り込みました。
仕上げていないのできたないですが(^^;;;
e0354030_21413816.jpg
反対側も少し削りました。
トータンさんの記事の通りですね。
e0354030_21422267.jpg
これでTNとKATO新型密連が連結できました。
e0354030_21422974.jpg
もちろんKATO同士も問題なく連結できます。
e0354030_21423543.jpg
このカプラーをクモニ83に装着して、密連型TNカプラー装備のGM京急2100形と連結させてみました。
当廠にはTOMIXの密連装備の国鉄車輌がないのです。
e0354030_21424194.jpg
問題なく連結できました。
e0354030_21424732.jpg
走行時にも自然解放は起きませんでした。
ありえない編成ですが・・・金沢八景~神武寺の3線区間かな?←それもありえません(^^)
動力は2100形側です。
e0354030_21425290.jpg
クモニ83のうしろに鉄コレ70系を3輌ぶら下げてみましたが、これも問題ありませんでした。
トータンさんのところのC線は左カーブですが、こちらはR177の右急カーブですので、どちらも大丈夫ですね(^^)
トータンさん、素敵な情報を有難うございました。
※この記事に基づく加工の結果に対し、当方は一切の責任を負いません。
[PR]

by nari_masa | 2017-01-17 22:19 | 旧型国電(N)


<< TOMIX TNカプラーとKA...      KATOアッシー・サロ165、... >>