新湘南電鐵 横濱工廠2 archive

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 13日

マイクロエース製電車動力の整備その2 京急2000形

e0354030_20595846.jpg
マイクロ製電車動力ユニットの分解整備、昨日の
マイクロエース製電車動力の整備その1 
に引き続き、本日はモーターの軸ラップと動力の再組み付けです。
e0354030_210439.jpg
昨日、画像を掲載しなかったカバー裏の通電板です。
これはまだ汚れ方がマシな方ですが・・・
e0354030_2101174.jpg
綿棒にコンパウンドを付けて要所を磨くとこんな風に銅の光を取り戻しますが、綿棒は凄いことに(^^)
e0354030_2101780.jpg
モーター軸もコンパウンドで軸ラップをして・・・
e0354030_2102262.jpg
軸受にKATOユニクリーンオイルを給油後にタミヤのモリブデングリスを入れました。
e0354030_210284.jpg
ここから再組立てです。
ダイカストブロックとモーターの取り付け向きはこんな風にブラシ部分にへこみがあります。
e0354030_2103399.jpg
モーターを押し込んだらストッパーを入れます。
e0354030_2103977.jpg
この赤丸がクロスジョイント(スパイダージョイント)です。
飛んで行ったが最後、まず発見不能です。
e0354030_210452.jpg
台車の方にはセラミックグリスを。
e0354030_2105066.jpg
ウォームギアとユニバーサルジョイントを組んだところですが、結局、ユニバーサルジョイントはモーター側のクロスジョイントを先にモーターに取り付けてからウォーム側の伸縮軸を組み込んだ方が簡単でした。
e0354030_210552.jpg
こんな風にウォームホルダーを指で抑えておいて台車をウォームホルダーに嵌め込みます。
e0354030_211292.jpg
これで台車まわりは完成。
e0354030_2111040.jpg
透明シートをモーターにかぶせます。
e0354030_2111698.jpg
通電板の付いているプラスチックカバーを元通り嵌め込んで動力は完成です。
e0354030_2112373.jpg
相当静かになりました。
やっぱりマイクロ車の騒音源って、電車も機関車もモーターなんですね。

このあと、折角なので残るマイクロ製電車の動力車3輌のモーター静粛化をします。
それとマイクロ2100形だけでもKATOに合わせて電飾をし直そうかと思います。
あとは鉄コレのカプラー交換の残りを片付けないと。
当分、同じ作業が続きそうです(^^;;
そうこうしているうちにEF13とマヌ34の発売時期が来るでしょう。
いろいろKATOの試作品が発表されたようですね。

あ~、その前にGMのコアレスモーター新動力がありました。
18m級の完成品は21日出荷ですが、動力だけ入手できるのでしょうか?
秋葉原の黄色いお店に聞いてみるしかないですね。
[PR]

by nari_masa | 2016-01-13 21:22 | 京急電車(N)


<< マイクロエース京急2100形ト...      マイクロエース製電車動力の整備... >>