新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ED級 ( 60 ) タグの人気記事


2015年 12月 10日

時の狭間に埋もれた電機

e0354030_20281178.jpg
上信デキやら鉄コレED14やら、はたまた旧型EF機の前照灯交換やら、各種工事が一段落して工作室を整理しておりますと、どこからか「俺も早く何とかしてくれよ~」という小さな囁きが聞こえてきました。
なんせ当方、少し難聴が入ってますので、よく聞こえないのです。
声の主はとみると、茶色のTOMIX ED61。
そう、スプリングウォームのあれです。
e0354030_20281669.jpg
2kで入廠してきたED61、タイミングが悪かったのか、いつの間にか下の方に埋もれてしまっていました。
一応、旧客が牽けるようにカプラー交換など初期整備だけはしてあるのですが。
次に入ってくるのはC59ですから、それまでに整備をすることにしましょう。
新品同様でしたのでスプリングウォームは快調ですから、

パンタグラフ塗装
暗い前照灯交換
誘導員手摺り別体化
連結器解放テコ別体化
スカート塗装
ブレーキホース取付

といった標準メニューでしょうか。

と言いつつ、結局・・・今週は「何もしませんでした」(^^;;;;;;

KATOの155系、まんまとKATOの戦略に乗せられておりますね。
中央線旧客、マヌ、EF13、155系、ついでに前回やっとの思いでスルーした115系低屋根800番台まで再生産ですと。
KATOさんの爺さんいじめ、このままモハ71系山スカまで逝きそうな勢いですね。
[PR]

by nari_masa | 2015-12-10 20:42 | 新型電機(N) | Comments(6)
2015年 12月 05日

鉄コレ ED14 電飾完工

e0354030_21454719.jpg
鉄コレED14の電飾と走行化が完工しました。
実機では普通やらないED14重連による旧客牽引です。
e0354030_21455318.jpg
今回の電飾用の通電はこんな風にモーター端子に銅線をつなぎました。
もちろん、ウェイトとかモーターケースとか、ショートの危険があるところはPPテープで絶縁しておきます。
e0354030_21455868.jpg
後ろライトのちらつき防止用コンデンサーに銅線を巻き付けました。
これで動力側は終わりです。
ただ、このコンデンサーを取り付けると常点灯しなくなります。
常点灯させたければスナバ回路ですかね。
まあ、当廠では古い電圧制御式パワーユニットしかありませんので、常点灯とは無縁の世界です。
あと、この大きさのコンデンサーだと車体の屋根裏に干渉してボディがすっきり動力に被せられなくなります。
最終的には屋根裏とコンデンサーを少しずつ削りました。
e0354030_2146411.jpg
車体側はきらめきライトの導線を束ねて左右に分けておけば、車体を動力に被せた時に銅線がコンデンサーの脚に接触して通電します。
分解にも支障ありませんし、これが一番簡単な気がします。
e0354030_21461797.jpg
単機で旧客牽引。
これに来年KATOから出るマヌをつなぐと冬の仙山線・・・うふふ、もちろん買いますよ。
e0354030_21462215.jpg
これは動力車の静止画像です。
デッキ、台車枠はジャーマングレー、デッキ手摺りはモリタのぶどう色2号など、各部を塗装してプラ地肌が出ないようにしてあります。
ライトはKATOのクモハ53用で、いつものきらめきライト水平型で電飾。
ちょうどH鉄道様の機関車前照灯を改造しておりますので、続きみたいなものでした(’^^)
見にくいですがブレーキホースも取り付けてあります。
カプラーは昨日のGMナックル。
パンタグラフはKATOのEF56/EF10用を黒鉄色で塗装したものです。
室内は運転台部分はウェイトなのでつや消し黒で塗り潰し、中央窓部はモーターカバーをコクピット色で塗っておきました。
e0354030_21462814.jpg
重連、前が動力車、後ろがトレーラーです。
両方ED141(^^;;
そのうちナンバープレートを何とかしましょう。
動輪は輪芯塗り潰しでも何とか恰好がつきました。
後ろのトレーラーの車輪はダイカストが自己崩壊したマイクロエースの機関車のものです。
またそのうち弄るかも知れません(解放テコとかホイッスルとか・・)が、一応これで鉄コレED14の電飾・走行化 完工と致します。
[PR]

by nari_masa | 2015-12-05 22:09 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2015年 12月 04日

ED14の前照灯とGMナックルカプラーと

e0354030_21531593.jpg
本日はまず訂正からです。
先日に記事でEd14のヘッドライトがモールドであると記述したのですが、それは誤りで、別体パーツのハメコミでした。
確認不十分な内容を記事にしたことをお詫びして訂正します。
e0354030_21532112.jpg
そのため、結局電飾はKATOのヘッドライトを使うことになりました。
もう少し調整します。

e0354030_21533451.jpg
で、今日の本題はGMナックルカプラーです。
e0354030_21534091.jpg
自動連結器のモールド表現はなかなかです。
e0354030_21534528.jpg
鉄コレのカプラーポケットに使用するときはコイルスプリングが外れやすいので背中の湯口を少し残します。
また取付部(T字部)の上面をカットしないと動きが悪いです。
e0354030_21535158.jpg
左がGMナックル、右はKATO車間短縮ナックルです。
この2種は連結できます。
e0354030_21535690.jpg
シンキョーカプラー(右)との連結状態です。
これは押し付け連結ができます。
e0354030_2154274.jpg
KATOナックルやマグネティックナックル(左)です。
これも少し強く押し付ければ連結できます。
e0354030_2154794.jpg
カトカプNは連結できることはできるんですが、ちょっと苦しいです。
押しつけでは連結できず、上から挿し込むように連結します。
つながれば走行には問題ありません。
e0354030_21541855.jpg
今まで車間短縮ナックルやかもめナックルを装着していた東武ヨ101とか・・・
e0354030_21542315.jpg
川崎20t電機も交換しました。
e0354030_21542958.jpg
これはφ1の穴を明けてM1ネジで取り付けました。
e0354030_21543678.jpg
ED14はこれでいくことにします。

ところで、年末恒例、上大岡京急百貨店の京急鉄コレ、今年は700形(Ⅱ)初期非冷房高運転台車だそうですね。
2輌3000円ですが、4輌ないと編成にならないので、結局6000円ですか。
今年は無理ですね。
700形自体は嫌いではない(でも乗りたくはない)のですが、3月末まで残っていたら考えます。

さて、明日は電飾の続きです。
[PR]

by nari_masa | 2015-12-04 22:12 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2015年 12月 01日

匍匐前進(3) EF571ライト交換工事 完工 とED14輪芯塗り潰し

e0354030_2283273.jpg
H鉄道様の旧型電関前照灯交換工事、2輌目が完工しました。
マイクロEF571ですが、KATOのEF571より前面窓位置が高くて精悍な面構えです。
実機はKATOに近いようですが、実機が間違っているんですかね?(^^)
e0354030_2283899.jpg
避雷器が巨大で煙突みたいだったので手持ちのものに交換しました。
e0354030_2284557.jpg
こちら側も避雷器を交換しましたが、施工中にホイッスルが折れてしまったのでKATO製を取り付けました。やばいやばい(^^;;
e0354030_2285125.jpg
動力は静かなのでそのままです。
LEDも少し暗いのですが、そのまま使用しました。
以上でEF571は完工、次はEF58-24旧型車体です。

e0354030_2285982.jpg
こちらは当廠在籍車輌の工事、ED14用の動力ユニット、ノッペラボーの車輪輪芯と銀ピカのウェイトをつや消し黒で塗り潰しました。
e0354030_229546.jpg
台車枠を着けるとこんな感じです。
スポーク表現はありませんが、そこそこ見られるようになったでしょうか?
[PR]

by nari_masa | 2015-12-01 22:20 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2015年 11月 30日

ED14 色入れと2輌目&動力ユニット入廠、動力分解

e0354030_2133767.jpg
昨日の横浜は好天に恵まれたので、鉄コレED14(T車)の色入れを行ないました。
前面窓の平滑性はちょっと残念ですが、とりあえずこのままにします。
e0354030_2134319.jpg
デッキ手摺りにぶどう色2号、台車枠やデッキ踏み板、ステップ、端梁にジャーマングレー、標識灯にクリアレッドなどです。
鉄コレはプラスチック地肌部分が多く、それが玩具っぽさを感じさせますので、できるだけ塗装してやると鉄コレ臭さが消えてきます。
e0354030_2134815.jpg
パンタグラフはKATOのPS14に置き換えました。
これは汎用製品ではなく、EF56-EF10用アッシーパーツですので四隅に取付穴を明けています。
e0354030_2135493.jpg
KATO ED19で牽引。
e0354030_214079.jpg
そうこうしているうちに、本日動力ユニットと正規(?)のED14が入廠しました。
e0354030_214671.jpg
パタパタと組み上げたのがこれです。
室内にウェイトの銀が目立ちますし、車輪はスポーク表現がありません。
台車枠やデッキ手すりは塗装しないとこんな色です。
e0354030_2141514.jpg
こちらが塗装済のT車です。
e0354030_2142031.jpg
さて、いきなり動力ユニットの分解です。
この分解癖、何とかなりませんかね~?(^^;;
e0354030_2143043.jpg
モーターです。
両軸でウォーム直付けでした。
白いのはグリスのようです。
中華製ですが、マイクロのような中華グリスでなくてよかったです。
e0354030_2143740.jpg
動力台車の内側フレームは製品についているものとほぼ同じ形をしています。
但し、こちらは多分、耐摩耗性のある材質だと思います。
e0354030_2144314.jpg
更に分解。
e0354030_2144869.jpg
ノッペラボーの車輪をマイクロ製に交換してみたのですが、軸穴の寸法が合わず、取り付けられませんでした。
ギヤの大きさも違うので全交換もできません。
ここは一旦諦めて元通りにしました。
輪心部分を塗り潰すしかないですかね。
e0354030_2145522.jpg
重連走行。
走らせてしまえばあまり気になりませんね。
e0354030_215193.jpg
ナンバープレートがED141しかないので、M車は未装着です。
金色のインレタがあれば1の上から「4」でも貼るんですけどね。
銀のインレタでは違和感が出そうです。
さて、あとは電飾をしようと思います。
[PR]

by nari_masa | 2015-11-30 21:32 | 旧型電関(N) | Comments(2)
2015年 11月 28日

ED14 T車化

e0354030_18403497.jpg
昨日入廠した鉄コレED14のT車走行化工事、続きを行ないました。
e0354030_18404018.jpg
台車ですが、付属のダミーカプラーとポケットは使えないので動力ユニットやTT03などに付属しているカプラーポケットとKATOの車間短縮ナックル(赤丸印)を使いました。
e0354030_18404676.jpg
思い切りボケましたが、こんな風に取り付けます。
e0354030_1840528.jpg
端梁部品を元に戻しますが、しっかり固定しないのでゴム系で止めたほうが良さそうです。
但し、車体に組み込んでしまえば抜けることはありません。
e0354030_18405793.jpg
鉛でウェイトを作りました。
e0354030_1841540.jpg
車輪をマイクロエースの旧型機関車の動輪に交換しました。
古い製品のEF16の動輪が黒染めされていなかったので、EF16を黒染めにして捻出した銀車輪をこちらのED14に取り付けました。
e0354030_18411085.jpg
走行画像はなかなかシャープに決まりません(^^;;
e0354030_1841166.jpg
まあ、何枚か載せておきます。
やっぱりスポーク車輪がいいですね~。
正規動力はスポーク車輪ではないらしいので、どうしたもんでしょう?
e0354030_18412730.jpg
正規の動力は月曜日の到着になります。
それまでは他の機関車で推進させて遊んでおきます。
[PR]

by nari_masa | 2015-11-28 18:52 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2015年 11月 27日

フライング・・・入廠 鉄コレ ED14

e0354030_2143716.jpg
昨日発売された鉄コレ ED14です。
早速走行・・・なんですが・・・車輪が変?
動力も入っていません。
e0354030_21431359.jpg
実はこれ、フライング東上ならぬフライング入廠なんです。
というのは、動力ユニットと一緒に正規にJ社さんに予約したものは本日夕方発送、入手は来週月曜日になります。
ところがそこは堪え性の無い爺さん、退勤時に横浜駅でふらふらっと途中下車して、IM〇Nさんでもう1輌買ってきてしまった、というわけです。
しかも、どうせ2輌になるなら近鉄(おうてつ)塗装を買えばいいのに、両方とも茶色にしてしまいました。
e0354030_21431849.jpg
同時購入はこれです。
鉄コレ クモハ52の前照灯を交換します。
でも高い(^^;;
e0354030_214324100.jpg
ED14、箱から取り出した状態はこんな感じです。
デッキはユーザー取り付けで、この辺は東武5060あたりと同じです。
e0354030_21433115.jpg
デッキとナンバープレートを取り付けて、パンタグラフをPS14にしてみました。
こちらはKATOのPS14、黒鉄色で塗装してあったものです。
e0354030_21433810.jpg
こちらは富技さん推奨品のTOMIX PS14です。
その昔、TOMIXが出していたEF58に装着されていたという年代物です。
シューの形状が今一つですかね。
確かライトガンメタルで塗った・・・はず(^^)
e0354030_21434319.jpg
KATOはピンが緩く、うまく固定できないので、とりあえず両方TOMIXにしました。
e0354030_21434947.jpg
鉄コレとしてはなかなかだと思います。
茶色が2輌でもナンバー換えればいいや、と思っていたのですが、付属しているナンバープレートはED141しかついていませんでした。
またワールドSCさんにでも頼んでみましょうか。
e0354030_21435484.jpg
台車です。
プラスチックでできていますが、動力化を考慮したような構成です。
通電用の銅板が通るスリットや車軸ギアの逃がしもあります。
床板の方にもモーターを載せるモールドがありました。
e0354030_214402.jpg
車輪がプラですので、片側だけマイクロエースの旧型機関車から発生した金属車輪に換えてみました。
例のダイカストブロックが崩壊したヤツです。
カプラーもとりあえずKATOナックルを無理やり取り付けました。
これは後できちんと直します。
e0354030_214463.jpg
左が金属車輪、右がオリジナルのプラ車輪です。
この状態で走れますので、同じ鉄コレの東武ED5060で推進してみました。
e0354030_2144144.jpg
ウェイトも積んでいませんが、とりあえず走ります。
本日はこれで終わってしまいました(^^)
[PR]

by nari_masa | 2015-11-27 22:15 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2015年 11月 24日

TOMIX ED61入廠

e0354030_20591439.jpg
本日の入廠車輌です。
いえいえ、H鉄道様からの整備車輌ではありません。
当廠所属機なんです。
e0354030_20592050.jpg
先日、H鉄道様のED61のスプリングウォームを調整しましたが、その時にこの塗色にヤラれてしまいました。
それ以来、中古を探していたのですが、手頃なものが見つかりまして、めでたく入廠となりました。
車輪に走行痕無しのほぼ新品2kです。
e0354030_20592789.jpg
早速走行。
やはりライトが暗いですね。
走行音は高速だとさすがにノイジーですが、低速は比較的静かに走ります。
e0354030_20593353.jpg
ED62も引っ張り出しました。
こちらはフラホ付き動力、誘導員手すり・解放テコ別体のリニューアル品です。
でも茶色のED61はリニューアルされそうもないので、スプリングウォームとお付き合いすることにします。
e0354030_20593910.jpg
まずはカプラーをKATOのかもめナックルに交換しました。
ED62はフライホイール搭載のため走行特性が多少違いますが、何とか協調して走れます。
このED61はあちこち手を入れていきますが、大改造にはならないのでのんびりと進めましょう。
[PR]

by nari_masa | 2015-11-24 21:18 | 新型電機(N) | Comments(4)
2015年 10月 22日

50‰に挑む凸電たち(^^)

e0354030_20573262.jpg
同じ作業が続くと飽きますので、本日は工事を行わず、お遊びです。
凸電の勾配線での牽引力をテストしてみることにしました。
e0354030_20573883.jpg
当廠の常設試験線全景です。
ファンシーケースの上に置かれた外線はR177(φ354)で、ストレートは280+70=350mmですからオーバルの長径(画像の横幅)は704mmになります。
e0354030_20574451.jpg
この塗料ビンの直径は35mmですから・・・
e0354030_20575018.jpg
これでファンシーケースの蓋の片側を持ち上げると・・・
e0354030_20575775.jpg
35/704≒0.05、つまり50‰(5%)の勾配線ができます。
e0354030_2058422.jpg
まずは安心のBトレ上信デキ1です。
徹底した補重で平坦線なら旧客20輌を牽き出す能力を持つ機関車ですが、50‰では旧客4輌が限界でした。
5輌ではスリップします。
e0354030_20581092.jpg
4輌牽引ではスリップもなく周回できます。
e0354030_2058164.jpg
次は凸電ではありませんが、鉄コレ東武ED5060電機。
これも4輌でした。
e0354030_20582215.jpg
この機関車は特に補重をしていないのですが、結構力持ちです。
e0354030_2058285.jpg
ワールド工芸の川崎40t電機、ED371です。
旧客2輌牽引して走行できました。
e0354030_20583460.jpg
ワールドの川崎20tになると旧客1輌が限度です。
やはり車体が軽いので、トラクションタイヤを付けていても空転してしまいます。
e0354030_20584869.jpg
1輌なら普通に牽けます。
e0354030_20585762.jpg
さて、問題の(^^)銚子デキ3です。
予想通り旧客は無理でした。
ここまでしか登れません。
e0354030_2059691.jpg
そこで2軸客車のハフを牽かせてみましたが、2輌は引き上げられませんでした。
e0354030_20573262.jpg
1輌なら50‰でも牽けます。
e0354030_20592013.jpg
やはり隠れた高性能機(^^)
この機関車は補重などはしていません(車内が狭くて、補重したくてもできません)。
e0354030_20592716.jpg
50‰を下って行くデキ3。
かなり急勾配なのが分かりますね。
e0354030_2059347.jpg
では川崎20tで2軸客車を牽いたらどうなるか?
e0354030_20594169.jpg
4輌牽いて50‰を登れました。
さて、明日からはちょっと変わった作業になりそうです。
[PR]

by nari_masa | 2015-10-22 21:31 | 凸形電機(N) | Comments(6)
2015年 09月 26日

川崎20t凸形電機(15)塗装、手摺り、窓入れ

e0354030_19372137.jpg
今日は久し振りに一日中鉄道模型を弄っておりました。
川崎20t凸形電機も完成まであと一息、というところまで来ました。
e0354030_19372698.jpg
屋根を日本海軍軍艦色(Ⅱ)で塗り、TOMIXのPS13付属の歩み板とPS11パンタグラフを取り付けました。
車体はセミグロスブラックにしました。
細長いエアータンクはタミヤのφ1プラ棒を加工しましたが、黒く塗るとそれらしく見えるでしょうか?
窓は0.3mmポリカ板を入れましたが、弄り回していたら手摺りの塗装が剥げてしまいました。
あわてて全部の窓を入れたので最後の方が少し歪んでいます。
無理はききませんね~(^^;;
いずれ、やりなおします。
e0354030_19373184.jpg
乗務員扉、誘導員手摺りは美軌模型店さんのφ0.15燐青銅線、カプラー解放テコはマイクロ交流機の余剰品です。
e0354030_19373790.jpg
屋根上です。少しボケてしまいましたが。

あとはハメコミ窓の修正、電飾、車番貼り付け、乗務員ステップ取付、タッチアップ、で完工となります。
もう少しです。

e0354030_19374441.jpg
さて、これな~んだ?
以前にトータンさんから頂戴したマイネ40と41です。
折角なので当廠風にあっさり仕上げようかと、ホワイトサフを吹いています。
工法はHO時代のペーパーモデルのやり方しか分かりませんので、サーフェサー→水研ぎの繰り返しです。
でもサボ受けなんか埋まってしまいますね(^^;;
[PR]

by nari_masa | 2015-09-26 20:00 | 凸形電機(N) | Comments(2)