新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:165系 ( 24 ) タグの人気記事


2017年 08月 11日

久しぶりの一人お座敷運転会

e0354030_1441964.jpg
本日は久々のお座敷運転会。
ちょうど165系を引っぱり出していましたので、早速12連を組成して急行アルプスごっこを。
そう言えば電飾後の165系を12連で走らせるのは多分初めてです。
e0354030_1442478.jpg
先頭のクハクハ編成はこまがね4連から。
e0354030_1442856.jpg
中間封じ込めのクモハ165、モハ164-800(T車)、クハ165は旧製品です。
e0354030_1443450.jpg
こちらも旧製品のモハ164-800番台とクモハ165。
屋根の色がリニューアル品とは異なります。
e0354030_1444193.jpg
サハシとサロのうち1輌はリニューアル品のアッシー組立品です。
e0354030_1444468.jpg
右のサロは旧製品。
e0354030_1444982.jpg
モハ164-800(T車)は旧製品、最後尾のクモハ165はリニューアル品です。
旧製品の中間カプラーはこの組成ができるように適宜ボディマウント型に交換してあります。
e0354030_1445475.jpg
前照灯と尾灯はリニューアル品のみ点灯可能にしてありますので、編成前後端がリニューアル品になります。
e0354030_145288.jpg
80系も走らせました。
ベンチレーター別体は飯田線4連のリニューアル品です。
e0354030_145663.jpg
中間車は旧製品の準急東海/比叡増結セットです。
e0354030_14511100.jpg
これでサロ85を含む8連になっています。
本来80系は2M3Tが基本なので、3M5Tの8連では力不足なんですが(^^)
e0354030_1451972.jpg
KATO京急2100形も電飾後初のロングラン。
室内灯の回路に一部接触不良があったので手直ししました。
e0354030_1452432.jpg
良く見ると最後尾(右)の車輌が脱線してますね(^^;;
e0354030_145281.jpg
後ろにGMの600(Ⅲ)形4連(いわゆる650形)をぶら下げた12連。
朝の品川行き快特のイメージです
e0354030_1453243.jpg
室内灯は点灯しているのですが、窓パーツのスモークが濃いんですね。
実車もかなり黒いですから雰囲気は合っているんですが、模型としては少し物足りないような気もします。

さて、115系の室内灯回路もちょっと手直ししてから、キロハ25の整備にかかります。
[PR]

by nari_masa | 2017-08-11 14:29 | 京急電車(N) | Comments(0)
2017年 08月 09日

KATO 165系新旧の高さ

Manic様から質問がありまして、KATO165系の旧製品とリニューアル品の高さを比較してみました。
e0354030_20475389.jpg
左がリニューアル品、右が旧製品です。
やや旧製品の高さが高いように見えます。
e0354030_20475780.jpg
車体(車体の裾から屋根の頂点まで)を測定すると、リニューアル品が17.1mm、旧製品が17.3mmほどでした。
あとは足回りの高さの差ですね。

e0354030_2048527.jpg
キロハ25を名鉄キハ8500系で推進して走行させました。
中間にKATOのキハ20も挟んだむちゃくちゃな編成ですね。
当廠の気動車総出演です(^^)
e0354030_2048975.jpg
ライトは電球色です。
TOMIXでも気動車はきれいな電球色なのに、なんで機関車だけオレンジなんですかね?
e0354030_20481959.jpg
キロハ25とキハ8500の連結部。
エンジン性能が大きく違うので、実際にはこんなことはできないと思いますが(^^)
[PR]

by nari_masa | 2017-08-09 21:04 | 新性能電車(N) | Comments(2)
2017年 01月 23日

鉄コレの集電化・電飾 その4.5 クハ76の電飾準備とLED背面の遮光(追記あり)

e0354030_19301110.jpg
鉄コレ70系先頭車の電飾に取りかかりたいところなんですが、施工中にいろいろと気が付いたことにこまごまと対応しており、なかなか本体の電飾作業にかかれません(^^)
まあ、中休みということで。
まずは鉄コレ70系の座席パーツの塗装です。
このパーツの元々の色は青なんですが、電飾時に何か色合いがおかしい。
考えてみたら床板が青では車内が青っぽくなりますが、そこを電球色で照らすと変な色になります。
で、旧客と同じクレオスのNo.43、ウッドブラウンで塗りました。
先頭車の運転室はタミヤのスカイを筆塗りで。

続きです
[PR]

by nari_masa | 2017-01-23 19:50 | 電飾 | Comments(2)
2017年 01月 22日

KATOリニューアル165系 サロ・サハシ電飾(新工法)

e0354030_8111792.jpg
鉄コレ70系の電飾記事が絶賛連載中ですが、昨日は塗装日和でしたので先日Ass'yで2輌だけ購入したKATOのサロ165とサハシ165の座席パーツを塗って電飾をしました。

続きです
[PR]

by nari_masa | 2017-01-22 09:07 | 電飾 | Comments(4)
2017年 01月 16日

KATOアッシー・サロ165、サハシ165入廠 & 115系のヘッドライト交換

e0354030_192333.jpg
昨年KATOから発売されたリニューアル165系アルプスのアッシーパーツが先週末に発売され、本日、サロ165とサハシ165、および各種パーツがジョーシンさんから到着しました。
e0354030_1944462.jpg
その同時購入したパーツで115系のヘッドライトも縦筋入りに交換しました。
この話は後半で。
e0354030_1923928.jpg
まずはサロ165とサハシ165のボディと床下セット。
当廠がアッシーで車体を購入するのは初めてです。
e0354030_1924492.jpg
台車無しで一輌分定価2400円+税。
やはり高くつきますが、アルプス編成8輌を一括購入する予算が取れなかったので止むを得ません。
クモハ、モハ、クハは以前のこまがね編成4輌に含まれているので、今回初めてリニューアルされたサロとサハシだけ購入したわけです。
なお当廠は中央線急行が基準なのでモハ165はありません。
e0354030_1925099.jpg
こちらサハシも同じ価格です。
e0354030_1925781.jpg
その他の同時購入パーツです。
実は間違えてTR69台車を2輌分購入してしまい、本日退勤時にあわてて横浜IMONでTR58台車を追加購入してきました(^^;;;
真ん中のモハ164(M)カプラー3袋もIMONさんで同時購入。
こうして散財していきます。
e0354030_193221.jpg
ボディ、床下、台車で1輌ができます。
e0354030_193729.jpg
カプラーはついていないと思って別途購入したのですが、床下セットに含まれていました。
中間車用のショートタイプです。
e0354030_1931262.jpg
パチパチと嵌めこめばすぐに完成します。
e0354030_1931637.jpg
こちらサハシ165。
当廠にはサロ165は旧製品がありましたが、サハシは初めての入廠です。
e0354030_1932396.jpg
カプラーはそのままではR177を通過できませんので、以前に準備しておいた長短合の子カプラーに交換しました。
e0354030_19329100.jpg
組み上がったので手持ちの165系旧製品に組み込んでみました。
旧製品のカプラーは要所だけボディマウント新型密連に交換してあります。
e0354030_1933457.jpg
サハシ165。
特急型と同じキノコクーラーがいいアクセントですね~。
本当はサハシ164が欲しいのですが。
e0354030_1934065.jpg
こちらサロ165です。
左側のサロ165旧製品が逆向きなのはカプラーの施工位置を間違えたからです(^^;;;
e0354030_1934817.jpg
ベンチレーター別体化の他、妻板がオレンジ塗装され、簡易運転台用ヘッドライトと幌枠が別体化されています。
一方、標識灯(尾灯)と貫通扉は塗装されていません。
あとで色挿ししておきましょう。
e0354030_1935398.jpg
こまがね編成もつないで12連急行アルプス+こまがねを走行させました。
簡易試験線なので12輌だとほぼ線路上いっぱいです(^^;;
これ、こまがね編成側のトラクションタイヤ無しのモハ164が1輌だけで牽引しています。
e0354030_1935928.jpg
サロとサハシ、次の休日に室内塗装と電飾を行ないます。
e0354030_194643.jpg
さて、同時購入したこのパーツ。
5個もいらないし高いのですが・・・
e0354030_1941157.jpg
これはヘッドライトレンズなんですが、左側が今回のクモハ165、クハ165に使われているもの、右側は以前の115系800番台のものです。
新パーツにはレンズの縦筋が表現されています。
e0354030_1941520.jpg
早速、クハ115とクモハ115のレンズを交換しました。
左は交換後のクハ115、右は交換前のクモハ115です。
e0354030_1942039.jpg
うっすら点灯させるとこのパーツの真価が分かります。
小さなパーツなので気が付かなければそれまでですし、明るく点灯させると分からなくなるのですが、自己満足には持って来いです(^^)

165系はサロとサハシの電飾が完了したらお座敷本線で走り初めをすることにします。
[PR]

by nari_masa | 2017-01-16 19:56 | 新性能電車(N) | Comments(4)
2017年 01月 13日

KATOボディマウント新型密連カプラーの取り付け(165系旧製品先頭車の例)

e0354030_19153892.jpg
トータンさんへの業務連絡です(^^)
画像はKATOのクモニ83(単品販売のもの)とクモハ165旧製品の連結状態です。
両方ともボディマウント新型密連カプラーに交換してあります。
クモニの方はカプラー先端部品だけ交換すればいいので簡単ですが、クモハ165はそうはいきません。
e0354030_19154342.jpg
クモハ165はこんな風に新型カプラーを取り付けました。
当廠では強度を考慮して床板にネジと接着剤の併用で取り付けましたが、接着剤だけで取り付けても大丈夫かと思います。
スカートはカプラーポケットにゴム系接着剤で貼り付けてあります。
この加工は昨年に一度記事にしました。
e0354030_19155343.jpg
これが新型密連カプラー(先頭車用・ロングタイプ)のパーツです。
ちなみに先日お送りしたものは中間車用のショートタイプです。
どちらも赤丸のベースプレートがないと組み立てられません(クモニ83には元々ついています)。
e0354030_1916022.jpg
組み立てるとこうなります。

TOMIXの165系を持っていないので正確には分かりませんが、スカートとTNカプラーベースが一体のようですね。
KATOの密連カプラーを取り付けるなら、カプラーは床板に取り付け、スカートはカプラーベース部分を切断して別に接着する方法が良いでしょうか。

で、この先頭車用密連カプラーセット、少しならお裾分けできます。
またお送りしましょうか?(^^)/
[PR]

by nari_masa | 2017-01-13 19:36 | 新性能電車(N) | Comments(4)
2016年 11月 20日

サロ165電飾

e0354030_17144755.jpg
昨日のサロ165を電飾しました。
e0354030_17145334.jpg
と言っても、古いサロ(リニュ車導入後に廃車予定)からの発生品、座席とLEDを組み込んだだけです。
e0354030_17145883.jpg
古いサロはピン止め台車、今回のサロはビス止め台車ですので集電板の形状や構造が違います。
そこはまあ銅板を適当に切った貼ったして辻褄を合わせました。
最近、記事の書き方が投げ遣りですね(^^)
[PR]

by nari_masa | 2016-11-20 17:20 | 新性能電車(N) | Comments(4)
2016年 11月 19日

サロ165入廠

e0354030_2119534.jpg
本日の入廠車輌、KATOサロ165です。
と言ってもリニューアルのアルプス編成発売はまだ1ヶ月以上先。
これは旧製品(サロ165に限って言えば現行製品)です。
帯入りサロ165旧製品を探していたのですが、運よく0.5kで入手できました。
送料込みで0.7kは最近の鉄コレの半額です。
e0354030_21185578.jpg
左のサロは40年程前に購入したサロ165です。
古いサロはクーラーがAU13になっており、また旧製品は屋根から分解するタイプですので、電飾などで何度も分解したために屋根が浮いてしまっています。
12月発売予定のアルプス編成サロ165はAssyで1輌入手する予定ですが、画像の古いサロはリニュ品と編成を組むには余りにも陳腐化してしまったので、新し目のロット品を探していたわけです。
e0354030_21191282.jpg
このロットはクーラーがAU12です。
リニュ品も当然AU12ですのでバランスが取れます。
クーラーとベンチレーターを塗装すればいいのでしょうが、面倒なのでそこまでやりません(^^)
e0354030_21191974.jpg
古い製品よりオレンジが濃い(暗い)ですかね。
この車輌も室内塗装と電飾をしてリニュ品の発売を待ちましょう。

J社さんから連絡があり、KATO80系飯田線は12月2日発送予定とのことです。
こちらはあと2週間ですね。
[PR]

by nari_masa | 2016-11-19 21:36 | 新性能電車(N) | Comments(0)
2016年 11月 11日

KATO 165系旧製品のボディマウントカプラー化

e0354030_18305123.jpg
昨日到着したKATOのボディマウントカプラー(以下BMカプラー)を165系旧製品に装着して新旧製品混成の10輌編成を組みました。
あとは12月か1月のサロ165とサハシ165リニュ品をアッシーで揃えれば12輌編成になります。
e0354030_1831931.jpg
クモハ165とクハ165の運転台側は既にBMカプラーに交換してありますが、今回はクモハ165、モハ165-800、サロ165の中間連結面を片側だけBM化しました。
旧製品の床板は車体裾より高い位置にありますので、0.5mmプラ板をかましてあります。
使ったカプラーはホルダー短とカプラー長です。
この辺の話はこちらこちらを参照してください。
e0354030_18311669.jpg
反対側の中間連結面は台車マウントカプラーのままです。
e0354030_18312086.jpg
BMカプラーの突き出し量が小さいとR177を通過できませんから確認しておきます。
これが今回の旧製品。
e0354030_19415183.jpg
こちらが先日カプラーを組み替えたリニューアル品です。
ほぼ同程度と言うことで。
e0354030_18312690.jpg
直線ではこの位になりますので、貫通幌を取り付けた方が良さそうです。
e0354030_18313158.jpg
完工しましたので編成を組んでR177を走行させました。
10輌編成ですが動力車はトラクションタイヤなしのリニューアル品モハ164-800が1輌だけです。
e0354030_18313718.jpg
先頭はリニューアル品こまがね編成のクモハ165。
前照灯が点灯するクモハはこれしかありません、って、あれ?間違えてクハ165をつないでしまいました。てへぺろ
e0354030_1831426.jpg
2輌目は旧製品のモハ164-800、T車です。この車のパンタ側カプラーをBMに交換しました。
e0354030_18314667.jpg
3輌目サロ165と4輌目クモハ165はともに旧製品。
e0354030_21393133.jpg
以前に京急2100形でお見せしましたが、BMカプラーと台車マウントカプラーを連結させるとカーブではこうなってしまいます。
今回クモハ165の運転台側をBMに交換したため、そのままではR177を通過できなくなってしまいましたのでサロ165の簡易運転台側もBMに交換しました。
リニュのサロ165とサハシ165はこの2輌の間に挟みますが、当然BMカプラーですので大丈夫です。
e0354030_18315359.jpg
基本編成と付属編成のクハ165とクモハ165です。
当廠で一番古い在籍車輌のうちの2輌です。
e0354030_1832255.jpg
左が動力車のリニュ品モハ164-800です。
右のクモハ165旧製品の中間連結面をBM化してあります。
e0354030_1832962.jpg
これは上記の編成ではありませんが、右が旧製品のモハ164-800 T車、左がリニュ品のクハ165です。
e0354030_1832153.jpg
BM化した旧製品の連結面間。
e0354030_18322062.jpg
同じくBM化した旧製品の先頭車同士。
やっぱりクハに幌を装着したいですね。
e0354030_18322732.jpg
台車マウントカプラーのままのところもあります。
e0354030_18323449.jpg
一方こちらは80系中間車の車内塗装、椅子をエナメルで塗りました。
165系と同じ色です。
この後乾燥させてから電飾をします。
80系も11月発売予定の飯田線4輌編成と混結するため、中間車4輌の両端をBMカプラー化しておきます。
その後はまたペーパーワムハチに戻ります。
[PR]

by nari_masa | 2016-11-11 19:21 | 新性能電車(N) | Comments(0)
2016年 11月 05日

KATO 165系リニューアル品にR177を通過させようPJ

e0354030_19261969.jpg
年末には急行アルプス編成が発売されるKATO 165系。
前回発売されたこまがね編成です。
e0354030_19305372.jpg

最近のKATO新性能電車はボディマウントカプラーになっているのですが、残念ながらこの種の車輌はR177を通過できません。
これは115系800番台のカプラーを電連風フック無しのもの(つまり165系のもの)に交換したのですが、R177上ではご覧の通り、妻面が干渉して走行できないのです。
普通ならNゲージ車輌はR249とかR243を通過出来ればいいわけですが、当廠はスペース的にR177しか取れませんので、KATOの20m級最新製品は走行させられないのです。
これを何とかしたい、というのが今回のプロジェクトのテーマです。
e0354030_1936478.jpg
KATOのボディマウント新型密連(電連風フック無し)ですが、短と長の2種類があります。
e0354030_19361550.jpg
左が短、右が長です。
パッと見ではほとんど違いが分かりませんね。
カプラーは穴が2個空いているほうが長、ホルダーはT字形の下側が細くなっているのが長用、幅広なのが短用です。
この穴や形状は機能とは関係なく、取り付けるときに判別しやすくするためにつけているようです。
e0354030_19362065.jpg
長カプラーの全長は約12.1mm。
e0354030_19362644.jpg
短カプラーは約11.8mmですから、その差0.3mmほどです。
実はこの2種類、互換性があるのです(もちろんメーカー推奨ではないと思いますが)。
e0354030_19414514.jpg
これが交換前の短カプラー同士です。
この位の屈曲になります。
e0354030_19415183.jpg
両方とも長カプラーに交換してみました。
ホルダーは元の短用のままです。
この位まで屈曲できるようになります。
e0354030_1942266.jpg
こちらはKATO165系旧製品の台車マウントカプラーです。
当然フック付きですが、ボディマウントカプラー短より通過曲線半径が小さいですね。
e0354030_1942813.jpg
ちなみにTOMIXのボディマウントTNカプラー。
密自連型であり、車輌もカドがないので単純には比較できませんが、KATO製よりは小さな曲線を通過できそうです。
伸縮型カプラーというのは本来こういうものですね(^^)
KATOのボディマウントが中途半端なのは、特許絡みか何かなんでしょうか。
e0354030_19505855.jpg
カプラーを長に交換後のR177上です。
どうやら車体は干渉せずに通過できるようになりました。
e0354030_1951452.jpg
クハクハの連結面です。
こちらはクハの運転台側がもともと長カプラーですので、連結面間は半分だけ長くなったわけです。
後退角があるのでライトが干渉しなければ通過できます。
e0354030_19525774.jpg
連結面間距離はどうなったのでしょうか?
こちらがカプラー交換前、短カプラー同士の場合です。
e0354030_1953423.jpg
そしてこちらが両方とも長カプラーに交換した状態です。
0.6mm拡がったわけですが、ワタシ的には許容範囲ですかね。
とりあえずR177を通過できれば何でもいいや(^^;;;
e0354030_19545958.jpg
やっぱりNゲージは走ってナンボですから。
e0354030_19551421.jpg
165系旧製品も整備中ですので、まもなくR177上を10連で走れます(^^)
[PR]

by nari_masa | 2016-11-05 20:06 | 新性能電車(N) | Comments(0)