新湘南電鐵 横濱工廠2 archive

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:鉄コレ ( 59 ) タグの人気記事


2017年 12月 08日

鉄コレ 都電7000形 電飾と床下機器移設

e0354030_17594328.jpg
鉄コレ 都電7000形更新車の電飾と床下機器の移設を行ないました。
e0354030_17594970.jpg
まずは床下機器の移設。
動力ユニットに付属のウェイトとウェイトカバー(床下機器もどき)を撤去して車体についていた床下機器を接着しました。
白いプラは高さ調整用の1.2mmプラ板です。
e0354030_17595616.jpg
ウェイトは鉛板で置き換えました。
ペベオで適当に黒く塗ってあります。
e0354030_180677.jpg
制御器側
e0354030_1801247.jpg
抵抗器側です。
e0354030_1801989.jpg
電飾作業のために窓ガラスパーツを取り外しました。
e0354030_180266.jpg
前照灯は美軌模型店さんのきらめきライト水平型を1個使います。
光漏れやショート防止のために発光面と放熱用テープ以外をペベオの黒で塗装しておきます。
e0354030_1803276.jpg
動力ユニットの非動力台車側にゴム系接着剤で貼り付けました。
e0354030_180371.jpg
銅線は床板にφ0.5mmの穴を明けて引き出します。
e0354030_1804339.jpg
φ1mmの光ファイバーを2本、きらめきライトと一緒にアルミテープでくるみます。
できるだけ光が漏れないようにアルミテープをラジオペンチで圧着させます。
光ファイバーもペベオの黒で塗装しました。
e0354030_1805146.jpg
銅線は動力の集電板に引っ掛けておきました。
ちょうどうまく引っ掛かって固定されるので便利です。
e0354030_180582.jpg
走行テストです。
今回は光ファイバーを黒く塗っても光は減衰しませんでした。
e0354030_181522.jpg
排障器を取り外した状態で光ファイバーを車体の前照灯の穴に差し込みます。
車体の穴はφ1.2mmのキリで裏からザグって入りやすくしてあります。
また、鉄コレは車体が透けますので車体の裏側にペベオの黒を塗って遮光してあります。
e0354030_1811211.jpg
完成~。
後部の標識灯(尾灯)はLEDを入れるスペースがありません。
実施する場合はきらめきライト ピコデュアルを使って導電性銅箔テープで通電するのが便利だと思いますが、今回は見送りです。

ところでKATOからED71の発売が予告されましたね。
もちろん購入しますが、大変残念なことにフィルターが田の字の1次形でなく2次形なんですね。
でも品番のサフィックスが-2となっていますので、いずれは1次形(-1)が発売されるものと信じます(^^)

[PR]

by nari_masa | 2017-12-08 18:18 | 路面電車(N) | Comments(2)
2017年 12月 07日

鉄コレ 都電7000形 動力化

e0354030_174541.jpg
先日入廠した鉄コレ東京都電7000形用の動力ユニットが中古で入手できましたので早速組み込みました。
中古と言ってもほぼ新品でした。
e0354030_1741037.jpg
動力はTOMYTECのTM-TR01ですが、最近の市場では新品の入手が難しくなっているようです。
鉄コレ都電7000形(旧塗装、リバイバルカラー)の車体はまだ新品が入手できますので、他の用途(古いMODEMO製の動力換装など)に使われることが多いのでしょうか。
e0354030_1741592.jpg
片台車駆動です。
路面電車はほとんど単行なので片台車だけで十分でしょう。
ただ付随台車側の車輪踏面が汚れやすいのでメンテナンスは必要ですね。
車輪径がφ4mmなので昔のMODEMOのような腰高感がありません。
相対的にフランジが高く見えますが、小径車輪はポイントでノーズレールの隙間に落ち込んでしまうので止むを得ないところです。
e0354030_1742124.jpg
この動力ユニットは赤丸印のピンを上に引き抜くと台車芯皿間距離を3段階に調整することができます。
これは便利ですね。
ピンが結構固くて、ピン頭のアゴにニッパーを引っ掛けてテコの要領で引き抜きました。
e0354030_1742812.jpg
面白そうな構造なので分解してみました。
まずはピンとネジ2本を外して上蓋を取ります。
e0354030_1743386.jpg
床下機器を模したカバーを外すとウェイトが下に取れます。
e0354030_1743839.jpg
ウォームギアのキャップを外すとウォームとプロペラシャフト、カプリングが外れます。
この状態でモーター前後のホルダーを押し開いてモーターを引き抜きます(プラ製のホルダーが折れる恐れがあるのでお奨めしません)。
ギアとプロペラシャフトにはセラミックグリス、モーターにはKATOユニクリーンオイルを給油して組み戻しました。
e0354030_1744446.jpg
台車レリーフと床下機器(ウェイト抑え)はクレオスのニュートラルグレーで塗装しました。
床下機器もどきが安っぽいのでいずれ鉄コレ付属のものに交換しようと思います。
あとは動力台車側の排障器取り付けベースに鉛のウェイトを入れました。
TM-TR01に付属のウェイトを入れると排障器がレールと干渉して勾配が変化する場所で走らなくなります。
パンタグラフは付属のプラ製をライトガンメタルで塗装しました。
シュースライダーはペベオのカッパーです。
金属製に交換したくてもこのサイズのパンタグラフは多分市販されていませんね。
でもこのパンタもヒンジを除けばなかなかの出来です。
e0354030_1744928.jpg
走行は特に問題なく、路面電車らしいスローも効きます。
e0354030_1745444.jpg
この車輌は晩年シングルアームパンタグラフでしたので、以前、京急1000(Ⅱ)形800番台の鉄コレに付属していたシングルアームパンタに交換してみました。
碍子と穴の位置が合っていませんが(^^)
このシングルアームパンタは折り畳めませんが、なかなかいい形態をしています。
e0354030_175177.jpg
あとは電飾ですね。
方向幕は早稲田行きが印刷済なので前照灯、標識灯とも片側だけ電飾で良さそうです。
[PR]

by nari_masa | 2017-12-07 17:37 | 路面電車(N) | Comments(0)
2017年 12月 01日

新シリーズは路面電車? 鉄コレ都電7000形入廠

e0354030_2023663.jpg
早いもので、本日から12月ですね。今年も残すところあと1ヶ月となりました。
個人的な話ですが、昨日で約45年間勤務した会社を退職しました。今後はフリーランスです(^^)
とりあえず役所へ行っていろいろ手続きをしないとなりません。

今後は鉄道模型に大きな散財ができなくなりますので、いかに安く長く楽しむか試行錯誤することになりそうです。
編成物は極力控えて、単車や機関車、それも鉄コレやキット、中古品のレストアをメインにしようかと思います。
で、昨日鉄コレ都電7000形が入廠しました。
路面電車は以前のモデモ製品に見られるように足回りがスケールとかけ離れていて興味がなかったのですが、最近の製品はφ4mm車輪が使われてなかなか良くなっているようです。
東京都電は軌間1372mですので1/150だと約9mmとなり、前から見た時線路幅に違和感がありません。
まだ動力を調達しておりませんが、どこかで捜してこようと思います。
でも動力化すると鉄コレでも4kを超えますね。
e0354030_20231333.jpg
細かいことを言わなければ印刷などなかなか良い出来かと思います。
車体の塗装は相変わらず薄吹きですが。
e0354030_20231827.jpg
まずは1輌だけ動力化と電飾をしてみようと思います。
都電荒川線はほとんどの区間で専用軌道を走るので、路面電車用の線路を準備しなくて済みます(^^)
[PR]

by nari_masa | 2017-12-01 21:07 | 路面電車(N) | Comments(6)
2017年 11月 23日

最後の?北陸乗り鉄

e0354030_2141686.jpg
ちょっと仕事の都合で北陸へ行ってきました。
今後、北陸に行くこともほとんどなくなると思いますので、最後の(?)乗り鉄をしてきました。
画像はガラケーカメラのため解像度が悪いですがご容赦を。
まずは北陸新幹線はくたかの車窓からの立山連峰。
黒部宇奈月温泉発車直後です。
e0354030_22285484.jpg
翌日、高岡駅で521系。
と言っても今やJR北陸本線ではなく、第三セクターあいの風とやま鉄道の車輌です。
あいの風とやま鉄道(およびIRいしかわ鉄道)線内ではPASMOが使えるようになっていました。
e0354030_21411730.jpg
車番はJR時代と同じようです。
e0354030_21412365.jpg
向こうのホームではJR城端線のキハ47が解結中。
城端線と氷見線はまだJR西の経営です。
e0354030_21413340.jpg
521系で富山駅に移動しました。
新幹線開業後の富山駅に降りるのは初めてです。
在来線はまだ高架化工事が半分しか完成していませんでした。
e0354030_21413934.jpg
富山地方鉄道市内線の線路が富山駅の建物のなかに引き込まれるように線路配置が変更になっていました。
富山駅から出ていくセントラムホワイトです。
e0354030_21414544.jpg
セントラムブラックがデルタ線を通って入線してきました。
e0354030_21415138.jpg
セントラムは富山市内環状線の車輌です。
環状線には乗ったことがないので、今回が初乗りです。
e0354030_21415766.jpg
隣には南富山行きのサントラム(三車体連接車輌)が停車中。
e0354030_2142650.jpg
環状線は富山城のすぐそばを走ります。
e0354030_21421686.jpg
西町でセントラムを下りて反対側に来たサントラムに乗り換え、南富山駅に来ました。
サントラムは三車体連接ですが、1輌の車長が短いので全長は二車体連接のセントラムより短いです。
軌道が悪いので途中ひどく揺れました。
e0354030_18151085.jpg
右上が鉄コレのサントラム、上から3番目がセントラムブラックです。
e0354030_21422586.jpg
富山市内線では旧型路面電車も健在です。
南富山からは富山地鉄不二越・上滝線で岩峅寺へ。
e0354030_21423362.jpg
乗ったのは14760形ですが、2輌編成の後部1輌は途中から乗客がゼロに。
写真撮り放題でした(^^)
e0354030_21424038.jpg
車番はトップナンバーのモハ14761。
富山地鉄のインフレナンバーは分かりにくいですが、例えばモハ14760形は147馬力(110kW)モーターを積んだ60形ということだそうです。
e0354030_21424830.jpg
終点、岩峅寺で。
e0354030_22422985.jpg
この車輌の鉄コレがこちら。
車番は14763ですが。
e0354030_21425657.jpg
前パンのモハ14762です。
e0354030_2243235.jpg
その鉄コレ。
e0354030_2143418.jpg
岩峅寺に停車中の元・おけいはん3000系テレビカーの10030形かぼちゃ電車。
10030形なので100馬力(75kW)モーター装備の30形ですね。
e0354030_21431137.jpg
岩峅寺からは立山線に乗り、寺田経由で電鉄富山に戻ります。
車窓からの剱岳。
e0354030_21431870.jpg
この立山線は3輌編成で、最後尾は増結用のクハ175。
e0354030_22433872.jpg
鉄コレのドンピシャクハ175、左側の車輌です。
e0354030_21432841.jpg
増結用クハと電動車との連結部はこんな感じ。
貫通幌はありません。
e0354030_22435954.jpg
鉄コレでは相手が違いますが、こんなつなぎです。
e0354030_21433570.jpg
電動車は10020形でした。
やっぱり富山地鉄オリジナル車輌は味があります。
10020形も鉄コレが出ていますね。
e0354030_21434381.jpg
この日、夕方からレンタカーで片道100km北陸道を飛ばして福井県の三国漁港(東尋坊や芦原温泉の近く)にカニ食べに行きました(^^)
[PR]

by nari_masa | 2017-11-23 22:48 | 旅行 | Comments(2)
2017年 11月 19日

鉄コレ伊豆急100系 電飾完工

e0354030_1825754.jpg
床下機器を取り付けて鉄コレ伊豆急100系のGM動力組み込みと電飾が完工しました。
e0354030_182513100.jpg
電飾は動力車のヘッドライトだけでテールライトと室内灯は入れていません。
反対側の先頭車も電飾しないままです。
当廠では両方向に走らせる環境がないので、LEDが勿体ないのです(^^)
e0354030_18251948.jpg
鉄コレの床下機器は取り付け脚を切断し、ゴム系接着剤で動力ユニットのモーターカバーに接着しました。
e0354030_18252872.jpg
動力ユニット上面の導電性銅箔テープは目立つのでグレーのカラーシールを貼り付けました。
e0354030_18253575.jpg
本当はこのサロだけでも室内電飾したいのですが、他とのバランスが取れなくなるので、そのままです。
[PR]

by nari_masa | 2017-11-19 18:33 | 鉄道コレクション | Comments(2)
2017年 11月 18日

鉄コレ伊豆急100系 電飾の続き

e0354030_19405825.jpg
鉄コレ伊豆急100系、前照灯電飾の続きです。
e0354030_1941316.jpg
以前の東武と同じように光ファイバーのまわりをペベオの黒で遮光したのですが、片側が暗くなってしまったので最終的には遮光していない光ファイバーを取り付けました。
どうもファイバーにクラックがあって塗料が浸み込んでしまったようです。
e0354030_19411422.jpg
光源はきらめきライト水平型です。
この画像ではアセテートテープで遮光していますが、最終的には銀のプラテープに交換しました。
e0354030_1941966.jpg
点灯試験。
光ファイバー2本の場合はきらめきライトとの位置のずれで片側が暗くなることがありますので注意します。
e0354030_1941207.jpg
動力ユニット側の通電工事です。
GMの動力ユニットは集電板が車端に露出していますので、そこに銅箔テープを貼り付けます。
e0354030_19412651.jpg
裏側はこんなふうになります。
e0354030_19413342.jpg
そこから側面に銅箔テープを貼り重ねます。
e0354030_1941391.jpg
車体側のきらめきライト導線も窓柱の裏を通し、銅箔テープで固定します。
e0354030_19414529.jpg
これで接点が完成です。
動力側の銅箔テープは窓から見えるので、塗装するかカラーシールを貼ったほうが良さそうです。
e0354030_19415122.jpg
鉄コレなのでとりあえず前照灯の電飾のみとします。
この車輌に室内灯を取り付けると多分盛大に透けてしまいます(^^)
あとは床下機器の移設でこの工事は完工になります。
[PR]

by nari_masa | 2017-11-18 20:03 | 鉄道コレクション | Comments(0)
2017年 10月 17日

GMコアレスモータ動力長軸距を鉄コレ東武6000系に組み込み

e0354030_18484189.jpg
先日入廠したGMコアレスモーター動力ユニット20m級長軸距、とりあえず台車だけ東武6000系に組み込んでみました。
この6000系は通常タイプのGMコアレスモータ20m級動力ユニットを組み込んでありますが、軸距が14mmと短いので台車は似ているFS345のレリーフを取り付けていました
長軸距と通常タイプの動力は台車だけが異なるので、簡単に台車を交換できます。
e0354030_18484827.jpg
こんな感じになります。
この角度では違和感はありませんね。
e0354030_18485567.jpg
真横から見ると車軸と軸受の軸芯がずれているのが分かります。
この台車枠は両抱きブレーキシューの8000系用FS356なのですが、本来の6000系用FS357台車は片押しブレーキなので余計目立つかも知れません。
e0354030_184979.jpg
左はクハ6200で、FS057のT台車です。
e0354030_1849125.jpg
走らせてしまえばほぼ気になることはなさそうです。
ただ、長軸距のため先頭車ではTNカプラーとわずかに干渉します。
e0354030_18491871.jpg
ということで、この長軸距台車は東武8000系の中間電動車に使うことにしましょう。
[PR]

by nari_masa | 2017-10-17 21:38 | 鉄道コレクション | Comments(2)
2017年 09月 28日

富山地鉄14760にシート背もたれ移植

e0354030_21485688.jpg
鉄コレ富山地鉄14760形に装着したGMコアレスモーター動力ユニットに座席の背もたれを移植しました。
使ったのは同じ鉄コレ14760形の室内部品です。
e0354030_2149232.jpg
背もたれ部分を切断してモーターカバーに接着しました。
e0354030_2149915.jpg
窓から見るとこんな感じです。
少し背が高いかも知れませんね。
よく見ると曲がっていますので、よく見ない方がいいです(^^)
e0354030_21492643.jpg
こちらが施工前。
これはさすがにロングシートに見えますね。

富山地鉄はこれで一段落で、明日は久しぶりにED級電機が到着します。
そう、例のアレです。
歓迎会の準備をしなくては(^^)
[PR]

by nari_masa | 2017-09-28 21:56 | その他の車輌(N) | Comments(6)
2017年 09月 27日

GMコアレスモーター動力を鉄コレ富山地鉄14760形に組み込み

e0354030_19563792.jpg
GMコアレスモーター動力ユニット18.5m級を鉄コレ富山地方鉄道14760形に組み込みました。
台車枠は鉄コレの動力台車用レリーフをそのまま取り付けてあります。
運転室側のカプラーはダミーが取り付けられませんのでTNカプラーを動力ユニットに取り付けました。
この動力ユニットはTNカプラーを取り付ける突起がついていますが、少し緩いです。
e0354030_19565050.jpg
動力ユニットは両側にあるヒレのようなモールド(矢印部分)を切り取らないと鉄コレの車体に納まりません。
電飾の為に無被覆銅線を集電板に絡めて穴から引き出しました。
裸銅線がダイカストブロックに触れるとショートしますので要注意です。
e0354030_19565711.jpg
裸銅線の上に導電性銅箔テープを貼り、そのままユニット側面まで貼り回します。
ここも銅箔テープがダイカストブロックに接触しないように、モーターカバーのプラ製留め具の上に設置してあります。
側面は少し出っ張るように裏に0.5mmプラ板を入れてあります。
e0354030_1957568.jpg
こちらは車体側ですが、以前に前照灯をきらめきライトで点灯化してあり、導電性銅箔テープで車体側板裏側に接点を作ってあります。
e0354030_1957131.jpg
床下機器をゴム系接着剤で移植して完成です。
車内に出っ張っていたモーターケースが見えなくなりました。
そのうち椅子の背もたれを接着します。
e0354030_19572420.jpg
前照灯がちゃんと点灯しました。
e0354030_19573384.jpg
この車体はアイボリーのモールドで光が透けやすいので、室内灯工事はちょっと大がかりになりそうです。
これもまあ、そのうちに(^^)
[PR]

by nari_masa | 2017-09-27 20:14 | その他の車輌(N) | Comments(0)
2017年 09月 26日

GMコアレスモータ動力18.5m級 着荷

e0354030_21555538.jpg
しばらくご無沙汰しておりました。
GMのコアレスモータ動力18.5m級が到着しました。
送料込み新品3.2kなので、まあまあお買い得(^^)
もともとは東武1700形に使おうと思って購入したのですが、鉄コレ動力とは速度性能が違い過ぎて他の東武車輌と併結できなくなりますので・・・
e0354030_2156377.jpg
19m級の鉄コレ富山地方鉄道14760形に使うことにしました。
この車輌はもともと高速で走ることがないので丁度良いです。
富山地鉄って半端ない悪路なんですよ。
未舗装道路並み(^^)
e0354030_2156107.jpg
この車輌は鉄コレ動力で車内がふさがれておりますので、まずはここをシースルーにして、できれば室内灯もつけたいところです。
[PR]

by nari_masa | 2017-09-26 22:12 | その他の車輌(N) | Comments(4)