タグ:動力整備 ( 45 ) タグの人気記事


2016年 01月 17日

マイクロエース製電車動力の整備その5 公団9100形C-Flyer

e0354030_19204458.jpg
マイクロエース動力整備、ラス前の都市基盤整備公団9100形 C-Flyerです。
e0354030_1921157.jpg
車体側面にはC-Flyer(シーフライヤー)のロゴが。
正直、トンネルの向こう(京成、北総、千葉ニュータウン、成田スカイアクセス線など)の事情は複雑すぎて良く分からないのですが、とりあえず都営地下鉄浅草線を経由して京急にも乗り入れてきますので購入した車輌です。
e0354030_19211585.jpg
ドアまわりの塗装やドア窓の形状もなかなかユニークな車輌です。

動力はあまり煩くなかったので、モーター静粛化の結果のみです。


さて、残るはラスボス、京急1000(Ⅰ)形を残すのみですが、これがまた一筋縄では行きませんでした。
この辺の顛末は次回に。
[PR]

by nari_masa | 2016-01-17 19:32 | その他の車輌(N) | Comments(4)
2016年 01月 16日

マイクロエース製電車動力の整備その4 都営5300形

e0354030_2246950.jpg
そろそろ飽きてきましたが、残るは3編成です。
本日のマイクロエース製電車動力整備は都営地下鉄5300形「ロングスカート仕様」です。
京急線にはエアポート急行として羽田空港へ乗り入れて来るほか、120km/h運転対応仕様なので京急線内の特急としても使われます。
これは都営地下鉄浅草線と京急線相互の走行距離を合わせるためのようです。
(乗り入れ車輌は「貸し出し」なので、両者の走行距離を同じにして金銭での貸し借りを無しにする)。

e0354030_2256373.jpg
さて今回もやったことは今までと同じくモーターの静粛化なのですが、動画は施工前・施工後にしてみました。



残るは2編成、この工事の終わりが見えてきました。
[PR]

by nari_masa | 2016-01-16 22:57 | その他の車輌(N) | Comments(4)
2016年 01月 15日

マイクロエース製電車動力の整備その3 京急2000形

e0354030_21165883.jpg
画像を撮り忘れましたが、マイクロエース製京急2000形の3扉車もモーター静粛化と通電板の清掃が完了しました。
e0354030_21171622.jpg
3扉車の通電板はかなり汚れていました。
指紋らしきものも(^^)
e0354030_21172898.jpg
接点部分だけコンパウンドで磨きました。

モーターの静粛化も終わりましたので、かつての快速特急、京急2000形12輌編成の動画を。
これは一時期だけ実際に存在した組み合わせです。

[PR]

by nari_masa | 2016-01-15 21:23 | 京急電車(N) | Comments(4)
2016年 01月 13日

マイクロエース製電車動力の整備その2 京急2000形

e0354030_20595846.jpg
マイクロ製電車動力ユニットの分解整備、昨日の
マイクロエース製電車動力の整備その1 
に引き続き、本日はモーターの軸ラップと動力の再組み付けです。
e0354030_210439.jpg
昨日、画像を掲載しなかったカバー裏の通電板です。
これはまだ汚れ方がマシな方ですが・・・
e0354030_2101174.jpg
綿棒にコンパウンドを付けて要所を磨くとこんな風に銅の光を取り戻しますが、綿棒は凄いことに(^^)
e0354030_2101780.jpg
モーター軸もコンパウンドで軸ラップをして・・・
e0354030_2102262.jpg
軸受にKATOユニクリーンオイルを給油後にタミヤのモリブデングリスを入れました。
e0354030_210284.jpg
ここから再組立てです。
ダイカストブロックとモーターの取り付け向きはこんな風にブラシ部分にへこみがあります。
e0354030_2103399.jpg
モーターを押し込んだらストッパーを入れます。
e0354030_2103977.jpg
この赤丸がクロスジョイント(スパイダージョイント)です。
飛んで行ったが最後、まず発見不能です。
e0354030_210452.jpg
台車の方にはセラミックグリスを。
e0354030_2105066.jpg
ウォームギアとユニバーサルジョイントを組んだところですが、結局、ユニバーサルジョイントはモーター側のクロスジョイントを先にモーターに取り付けてからウォーム側の伸縮軸を組み込んだ方が簡単でした。
e0354030_210552.jpg
こんな風にウォームホルダーを指で抑えておいて台車をウォームホルダーに嵌め込みます。
e0354030_211292.jpg
これで台車まわりは完成。
e0354030_2111040.jpg
透明シートをモーターにかぶせます。
e0354030_2111698.jpg
通電板の付いているプラスチックカバーを元通り嵌め込んで動力は完成です。
e0354030_2112373.jpg
相当静かになりました。
やっぱりマイクロ車の騒音源って、電車も機関車もモーターなんですね。

このあと、折角なので残るマイクロ製電車の動力車3輌のモーター静粛化をします。
それとマイクロ2100形だけでもKATOに合わせて電飾をし直そうかと思います。
あとは鉄コレのカプラー交換の残りを片付けないと。
当分、同じ作業が続きそうです(^^;;
そうこうしているうちにEF13とマヌ34の発売時期が来るでしょう。
いろいろKATOの試作品が発表されたようですね。

あ~、その前にGMのコアレスモーター新動力がありました。
18m級の完成品は21日出荷ですが、動力だけ入手できるのでしょうか?
秋葉原の黄色いお店に聞いてみるしかないですね。
[PR]

by nari_masa | 2016-01-13 21:22 | 京急電車(N) | Comments(2)
2016年 01月 12日

マイクロエース製電車動力の整備その1 京急2000形

e0354030_21593770.jpg
マイクロエース製の京急2000形動力車、前々回までのTH2000台車のモールドが甘い製品です。
煩い3扉4輌編成は2100形をKATO動力化して捻出したモーターをあてがって静かになったのですが、こちら2扉原形8両編成の方もしばらく動かさなかったら動力から異音が出てしまったため、分解整備をかけることにしました。
前にも一度静粛化工事をしたのですが、その時はモーターに給油しただけで終わってしまいましたので、今回はモーターを取り外して軸ラップまで行うことにしました。
e0354030_21594384.jpg
ボディと動力を分離します。
e0354030_21595013.jpg
床下機器がモールドされたモーターカバーを外します。
e0354030_21595640.jpg
上面カバーを外します。
このフックをマイナスドライバーでこじって外しますが、このプラスチックは非常に折れやすいので要注意です。
全部で8ヶ所あります。
画像はありませんが、このカバーの裏に集電板があります。
その集電板(銅板)が汚れていると通電不良の原因になりますのでコンパウンドなどで磨いておきます。
e0354030_220195.jpg
モーターが見えました。
走行性能が悪いのでフライホイール無しかと思っていましたが、この動力もフライホイール付きでした。
絶縁用?の透明シールを外します。
e0354030_220722.jpg
台車の上押さえ(ウォームギアホルダー)をマイナスドライバーでこじって外します。
e0354030_2201336.jpg
これで台車が下に抜けます。
しかし酷い中華グリスがべったりですね(^^;;
e0354030_2201816.jpg
両台車とも外しました。
綿棒でできるだけグリスを除去して清掃しておきます。
今回は台車自体は分解しませんでした。
e0354030_2213169.jpg
左の矢印がモーターストッパー、右の矢印がユニバーサルジョイントです。
ユニバーサルジョイントは両側にあります。
分解時に紛失しやすいのでここで外しておきますが、小さなクロスジョイント(スパイダー)を紛失しないように特に注意が必要です。
e0354030_2203579.jpg
ユニバーサルジョイントを外しました。
e0354030_2204284.jpg
モーターストッパーも外しました。
e0354030_2204936.jpg
モーターをダイカストブロックから引き抜いて分解完了です。

今日は工作室が寒いため、作業はここまでです。
次回はモーターの静粛化と組み付けを行ないます。
[PR]

by nari_masa | 2016-01-12 22:32 | 京急電車(N) | Comments(6)