新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:動力整備 ( 55 ) タグの人気記事


2017年 07月 23日

鉄コレ 伊豆急100系 ダラダラ整備2

e0354030_18394089.jpg
鉄コレ 伊豆急100系、ダラダラ整備作業が続いています。
今日の横浜は曇りで作業室がそれほど暑くなく、体調もだいぶ戻ったので、やや捗りました。
動力は仮のものですが、鉄コレTM-08を他車から流用して下田方のクモハ113(クモハ110形)に組み込みました。
TM-08は台車芯皿間距離が90mmですが、本来は芯間93mmのTM-14が指定品です。
e0354030_18394593.jpg
中間連結器はKATOのカトカプ密連Aで簡単に。
これはいずれ、がおう☆さん直伝の羽子板方式でカトカプ密連Bにします。
右は下田方クモハ113、左はサハ175(サハ170形)。
e0354030_18395163.jpg
やっぱり窓が大きいので車内に出っ張った鉄コレ動力が目立ちます。
ここはいずれGMのコアレスモーター動力にするつもりです。
e0354030_18395631.jpg
サロ185(サロ180形)です。
伊豆急はかなり疎かったのですが、ようやく形式番号と編成順が分かってきました。
最初は車輌の向きも良く分かりませでしたが(^^;;;
e0354030_1840171.jpg
貫通幌はKATOの165系用の取り付け足を切除してゴム系接着剤で取り付けました。
こちらはサハ175のトイレ側。
カプラーの干渉を避けるために少し高めに装着しています。
e0354030_1840879.jpg
こちらはサロ185です。
e0354030_18401894.jpg
連結面間はこんな感じになります。
e0354030_18402363.jpg
これでR140通過可能です。
e0354030_18403056.jpg
伊豆急にこんな古い電車庫は無さそうですね(^^)
あとは前照灯の電飾とサボや行先表示板ステッカーの貼り付けくらいでしょうか。
また、だらだらと弄っていきます。

動力を流用した秩父鉄道300系、戻す時のために床下機器の並び順を画像にしておきます。
実車と合っているかどうかは知りません(^^)
e0354030_1981499.jpg
e0354030_1982966.jpg

[PR]

by nari_masa | 2017-07-23 19:15 | 鉄道コレクション | Comments(4)
2017年 05月 08日

マイクロEF55 後部デッキ取付位置変更

e0354030_20592555.jpg
本日はH鉄道様のマイクロエースEF55、後部デッキの移設作業を行ないました。

続きです
[PR]

by nari_masa | 2017-05-08 21:20 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2017年 05月 07日

悪戦苦闘 マイクロエース電機のゴムタイヤ交換

e0354030_10405044.jpg
連休後半、実にこればっかりやっておりました(^^)
マイクロエース旧型電機のトラクションタイヤ交換作業です。

続きです
[PR]

by nari_masa | 2017-05-07 11:13 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2017年 05月 04日

EF53足回りの整備

e0354030_17125251.jpg
H鉄道様のマイクロEF53、足回りの整備を行ないます。
症状は主に集電不良のようです。

続きです
[PR]

by nari_masa | 2017-05-04 17:43 | 旧型電関(N) | Comments(2)
2017年 05月 04日

久しぶりの茶色い電機

e0354030_858496.jpg
久しぶりの茶色い電機です。
EF55が3輌。
もともとEF55は3輌しか作られませんでしたので、これで勢ぞろいですね(^^)
でもEF553ではありません。
e0354030_8582991.jpg
EF551が2輌です。
右はH鉄道様のEF551。前回先輪2軸化改造した機関車です。
左は当廠のEF551、えっちゃん機です。
e0354030_8583581.jpg
今回のミッションはH鉄道様のEF551の前面窓をポリカ板でハメコミにすることです。
その他、この際なのであちこち当廠仕様に改造していきます。
e0354030_8584459.jpg
そしてこちら、H鉄道様のEF53です。
これも前回前照灯を交換した機ですが、走行が悪いと言うことで再入院です。
e0354030_8584080.jpg
動力の構造的には中央のEF563が近いです。左は毎度部品供給用のEF16です。
あ、EF16はいつも部品供給後、暇な時に復元しておりますのでご心配なく。

まずはEF53の集電機構を改造しましょうか。
[PR]

by nari_masa | 2017-05-04 09:21 | 旧型電関(N) | Comments(2)
2017年 05月 03日

マイクロエース キハ72 高速化 完工

e0354030_12424513.jpg
H鉄道様からお預かりしているマイクロエース キハ72「ゆふ森」の高速化が完了しました。
結局、FM5モーターをマイクロ車に使うと少し煩いので、京急800形のGM5と入れ換えました。
e0354030_12425522.jpg
外したマイクロ製モーターはここに入れておきます(^^)
高速化したため、電圧を12V近くかけるとユニバーサルジョイントが耐え切れずに分解して走行不能になります。
10V以下で走行させてください。

では高速化前後の動画を。
実質、工事内容はモーターを交換しただけです。

[PR]

by nari_masa | 2017-05-03 12:46 | その他の車輌(N) | Comments(4)
2017年 05月 02日

マイクロエース キハ72系 高速化トライ モーター交換

e0354030_22161154.jpg
キハ72高速化の続きです。
KATOのモーターに交換する方向で進めます。
まずはフライホイールを移植する前にマイクロ京急1000形のフラホ無しドライブシャフトを使って、KATOモーターで駆動が可能か検証します。
e0354030_22161562.jpg
これがオリジナル(昨日の画像)です。
e0354030_22163553.jpg
KATOのGM5モーターに交換しました。
e0354030_2216418.jpg
走行可能です。
かなり早いです。
e0354030_22164623.jpg
ピニオンプーラーを使ってマイクロのモーターからフライホイールを外しました。
e0354030_22165273.jpg
ちょっと工作過程でGM5にトラブルがあったため、FM5を取り付けました。
e0354030_22165858.jpg
こんな形になります。
e0354030_2217795.jpg
集電銅板が酸化していたので・・・
e0354030_22171427.jpg
コンパウンドで要所を磨きました。
これらの結果・・・競走させると先日の185系より早くなってしまいました(^^;;;
まあ、このモーターの電流が大きいため同時走行させると当廠のパワーパックでは出力不足で185系が減速してしまうことのようです。
しかしモーター交換だけでこの結果は驚きです。
動画は明日にでもUPします。
[PR]

by nari_masa | 2017-05-02 22:33 | その他の車輌(N) | Comments(2)
2017年 05月 01日

マイクロエース キハ72系 高速化トライ さわり

e0354030_20213717.jpg
嫁様の里帰りに付き合っておりまして、少し間が空きました。
前回のラウンド185系に続き、今度はマイクロエースのゆふ森、キハ72系の高速化です。
今日は作業をしていないので、出発前に撮った分だけです。
e0354030_20241933.jpg
左キハ72、右モハ185です。
キハは6Vくらいかけないと動き出さないので、勝負にも何もなりません(^^)
e0354030_20202848.jpg
そのキハ72の動力ユニットです。
ここでまず大きくアテが外れました。
マイクロの一般的な動力車は画像上のTOMIX M-5モーターと互換性のある中国製モーターが多いと思っていたのですが、このキハ72のモーターは全く形が違います。
e0354030_20203495.jpg
M-5モーターはダイカストブロックに納まりません。
モーターをM-5に交換してお茶を濁そうと思っていたのですが、その手は使えなくなりました。
ところが・・・・
e0354030_20204643.jpg
画像下がキハ72の動力ユニットから取り出したモーター、中央がKATOのGM5、上がTOMIX M-5です。
キハ72のモーターは何となくGM5と似ています。
e0354030_20205130.jpg
で、同じKATOのFM5をダイカストブロックに組み込んでみたら、あらびっくり、スッポリ入ってしまいました。
固定用のグレーのプラパーツもピッタリです。
FM5が入るということは、GM5も入るということで、GM5と言えば、あの超高速車のモーターがあるじゃありませんか(^^)/
これで対策方法は決まりですね。
ラウンドモハ185から取り外した超高速(?)GM5モーターをキハ72に移植しましょう。
フライホィールの移植が一番の大仕事になりそうです。
で、場合によってはマイクロのモーターをモハ185に移植すれば185系の低速化もできるのでは?
明日からまた工事再開です。
[PR]

by nari_masa | 2017-05-01 21:52 | Comments(2)
2017年 04月 27日

ラウンドハウス185系の低速化トライ

e0354030_1922942.jpg
H鉄道様の超低速車マイクロゆふ森と超高速車ラウンド185系、車体を傷つけないようにボディを外してケースに収納しました。
ここから動力ユニットを弄っていきます。
左ゆふ森、右185系ですが、本日は185系から。
比較のために当廠在籍のKATOとマイクロの電車(動力車)を引っぱり出しました。

続きです
[PR]

by nari_masa | 2017-04-27 20:38 | 新性能電車(N) | Comments(4)
2017年 04月 25日

KATO C11をもうちょっとだけ弄る その2 炭庫の補重限界?

e0354030_21505129.jpg
KATO C11のキャブを外すと後部の炭庫の中が大きな空間になっていることに気が付きます。
ここに重りを積み込んだら牽引力が増大するのでは、と思われますが、簡単に積めるならKATOがやっているはずです。
ただ、KATOはメーカーなので、製品としての安定性を重視してそれほど極限状態にはしていないと思われます。
ではその補重限界はどの辺なんでしょう?

ということで、先輪、従輪、炭庫を外してテストをします。

続きです
[PR]

by nari_masa | 2017-04-25 18:12 | 蒸気機関車(N) | Comments(4)