新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:マイクロエース ( 83 ) タグの人気記事


2016年 01月 03日

京急2100形 3社比較(2)

昨日に引き続き、京急2100形 3社比較その2です。

(3)側面種別・行先表示器
e0354030_935356.jpg
KATOの側面表示器です。綺麗に印刷表現されていますが、裏が透明ではないので室内灯を取り付けても電照はされません。
e0354030_84661.jpg
マイクロ製です。裏が透明プラ部品になっているので室内灯を取り付けると側面表示器が光ります。
ここはマイクロの方が秀逸な表現と思います。
接写してみると張上げ屋根の肩にパーティングラインが見えますね。
表示器は窓ガラスと一体の透明パーツなのでKATOでも簡単にできると思うのですが、そこに印刷してしまうと行先表示を変更できなくなるため、どうしてもユーザーがシールを貼ることになります。
KATOは結局、最近のユーザー動向から判断してレディ・トゥ・ランを選んだのでしょう。
また窓パーツを作り分けなくて済むのでコストダウンにもなります。
e0354030_8461123.jpg
GM製です。こちらは車体の凹みにシール貼り付けです。
もちろん光りません。

(4)連結面・妻板・貫通扉・転落防止板
e0354030_96025.jpg
KATOの中間連結面です。グレーの幌は最初から付いていますが、貫通扉は車体色のままです。
ここは編成にすると見えないので割り切ったのでしょう。
e0354030_955547.jpg
マイクロ製です。
貫通扉は銀色で塗装されており、窓ガラスも入っています。
ちなみに実車の貫通扉はアイボリーのような白っぽいアルミデコラです。
マイクロ製で特筆すべきはゴム製の転落防止板の表現でしょう。
カーブ通過の関係で連結面間隔が多少広くなってしまうのですが、この板のおかげであまり広い感じはしません。
実際、カプラーをKATO密連型JP.Aに交換してもR177を通過できます。
e0354030_965100.jpg
GM製です。幌はなかったので当廠で後付けしました。
貫通扉の白も後から塗ったものです。
ちなみにパンタグラフはマイクロ製、GM製ともTOMIXのPT7113Dに交換してあります(実車はPT7117)。

(5)クーラー表現
e0354030_9162660.jpg
KATOのCU-71Gクーラーです。
ファンのプロペラまで表現されています。
ここはKATOの圧勝でしょうか。
e0354030_9163194.jpg
マイクロ製
e0354030_9164199.jpg
GM製
クーラーは目立つ部分なので各社力が入っていますね。
同じクーラーに対する表現の違いが面白いです。

(6)室内表現
e0354030_9241444.jpg
KATOの座席表現です。
シート色近似の青いモールドであっさりと表現しています。
背もたれは垂直ですが、これにはちょっと理由があります(後述)。
e0354030_9243139.jpg
マイクロ製です。
ヘッドレストのえんじ色まで塗り分けされていて2100形の転換クロスシートの雰囲気がよく表現されています。
この表現だけ見るとマイクロの圧勝なんですが、問題もありまして、ここまで表現してしまうと車輌の走行方向をシートの向きに合わせないとおかしなことになるのです。
ところが中間車はいいとして、両先頭車は室内作り分けまではしていませんから、片方は乗客全員後ろ向き、転換クロスの故障?という雰囲気になります。
当廠ではマイクロ製を上り品川方面行としたので8輌中7輌の室内部品の向きを入れ替えています。
e0354030_9243823.jpg
GM製です。
これは細かいことは言わないで雰囲気を楽しみましょう、といったところです。
T車でもウェイト覆いの中板が出っ張っているのでこうなってしまいます。
e0354030_9355126.jpg
KATO製、車体に組み込んで電飾した状態です。
背もたれがほぼ垂直なので、逆に走ってもあまり違和感がありません。
e0354030_9253830.jpg
同じくKATO製の先頭車車内です。
よく見ると床下の制御機器コンテナが板状ですね(^^;;
e0354030_924458.jpg
マイクロ製です。
走らせてしまえば分からないとは言いながら、電飾すると結構違いが見えます。
かなりの出来ですが、これが逆走するとおかしなことに(^^;;
e0354030_9584880.jpg
GM製です。
これはM車ではなくT車です。

(7)動力ユニット・動力車
e0354030_9393824.jpg
KATOの18m級動力ユニット、同社の京急800形以来、実に30年ぶりくらいの正調18m動力です。
コアレスモーターではないのでC59ほどではありませんが、かなりスムーズに走ります。
アッシーで買うと高いのですが、動力だけ1セット購入してしまいました(^^;;
今月はC59と2100形同時でしたので財政が厳しいのですが、今買っておかないと多分すぐ売り切れてしまいます。
まあレジェンドなので再生産はされるでしょうが。
e0354030_9394626.jpg
KATO製、車体に組み込んだ状態です。
モーターカバーの床下機器も大きな違和感なく造形されています。
e0354030_9395460.jpg
マイクロ製の動力車です。
室内はまあまあ良いのですが、床下がマイクロ独特のラージサイズで幅が広く、線路とのクリアランスもかなり小さくなっています。
e0354030_9564154.jpg
GM製です。
モーターカバーが車内に張り出して室内表現何もなし。
これはもう、今年リニューアルされるコアレスモーター仕様に期待です。

(8)その他
e0354030_1013487.jpg
KATOの先頭車屋根上です。
他社製にはある送受信アンテナからの引き込み線表現がありません。
e0354030_103419.jpg
KATO製のワイパーカバーを上から。
最近のKATOはこういう隠れた部分に力を入れる傾向があるのでしょうか。
何となく自己満足っぽくてかえって好感が持てます(^^)

さて、次回はKATO車の当廠入廠整備です。
既に本記事にも一部登場していますが(^^)
[PR]

by nari_masa | 2016-01-03 09:18 | 京急電車(N) | Comments(0)
2016年 01月 02日

本年も宜しくお願いします。京急2100形 3社比較(1)

e0354030_9371550.jpg
皆様、明けましておめでとうございます。
本年も弊Blogを宜しくお願い申し上げます。
年末年始は普段別々に生活している家族が集まって年越しをしました。
本日から平常運転に戻ります。

さて、昨年末に入廠したKATO 京急2100形ですが、当廠では5編成目の2100形になります。
そのうち2編成はGMの古いキット組立品(ノーマルとブルスカ)なので比較対象になりませんが、
GM完成品とマイクロ製と比較してみました。
TOP画像は左がKATO製、右はGM製です。
ここからは続きでどうぞ。

続きはこちらからどうぞ
[PR]

by nari_masa | 2016-01-02 10:33 | 京急電車(N) | Comments(6)
2015年 12月 22日

ハジメちゃんとあそぼう2

e0354030_21252568.jpg
H鉄道様のEF57ハジメちゃん、なかなか動力の代替は見つかりません。
そこで、当廠でできる限りの整備をかけて一旦完工とすることにしました。
e0354030_21253064.jpg
ダイカストブロックを改めて見たところ、上面は曲がっていますが全体的にはまだ大丈夫のようです。
数年後にはどうなるか分かりませんが・・・。
モーターがうまく回らなかったのはダイカストの塗装の剥がしが足りず、モーターの端子がダイカストに接触していなかった為のようです。
磨き直したらうまく回るようになりました。
モーターの静粛化はしておきましたが、良くなかったら先日のモーターに交換してください。
e0354030_21253654.jpg
ダイカストブロック側面は機内色で塗ってあります。
前面に貼ってあるのはアセテートテープで、ライトユニットの遮光用です。
e0354030_21254272.jpg
銅色が目立つ集電板を黒で塗り潰しておきました。
エアタンクを付けるとR177を通過できなくなるので、調整後に取り付けます。
e0354030_21254814.jpg
ライトユニットは当廠にあるマイクロ製LEDの中から一番電球色に近いものを選んで取り付けました。
e0354030_21255422.jpg
カプラーはKATOのナックルに交換しました。
e0354030_21255974.jpg
見にくいですが、ブレーキホースも余り物を取り付けてあります。
とりあえず静かに走れるようになりましたので、一旦これでH鉄道様にお戻ししようと思います。
万一ダイカストが崩壊したら、その時はまた(^^)

e0354030_21261056.jpg
本日の購入品です。
まもなくC59が来ますので、乗務員を準備しました。
e0354030_2126425.jpg
電気機関車の乗務員も少なくなってきたので、通販の送料削減のために一緒に購入しました。
こういったパーツは高いですね(^^)
C59の到着は週末、京急2100は来週初めのようです。
[PR]

by nari_masa | 2015-12-22 21:46 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2015年 12月 19日

ハジメちゃんとあそぼう

e0354030_1858021.jpg
表題のハジメちゃん、誰?
天才バ〇ボンの弟ではありません。
五七一(ごしち はじめ)君、そう、1輌だけ当廠に取り残されてしまったH鉄道様五七家の長男坊です。
なかなか足回りのドナーがみつからず、つまらなそうでしたのでしばらく一緒に遊びました。
やっぱりH鉄道が恋しいと泣いて困らされましたが・・・わたしゃドジョウか(^^)
当廠の同姓同名、KATOのハジメ君から下回りを借りてあてがってみました。
e0354030_1858730.jpg
側面ガラスは外してありますが、KATO動力が運転台ごとぴったり入ります。
前回EF5612を改造した時と同じですが、今回は全く同姓同名のハジメちゃん同士なので、全然違和感がありませんね。
ただ、横梁の位置が少しずれてます。
e0354030_18582042.jpg
昔の電機の機関士はネクタイしていたのでしょうか?
多分ブルトレ乗務員が代行で乗務しているんでしょう(^^)
e0354030_18582676.jpg
ホイッスルや避雷器を交換したりパンタグラフを黒鉄色で塗装したり、段々当廠所属機との区別が難しくなってきています。
e0354030_18583859.jpg
前面窓だけはKATOのハジメちゃんより高い位置なんですけどね。
標識灯(テールライト)もクリアレッドを色挿ししています。
e0354030_18584657.jpg
電暖表示灯も識別色で色挿ししておきました。
肝腎の足回りですが、現行品もすぐに崩壊、と言う状況ではないので、少し手を入れてみます。
何年持つかは不明ですが。

e0354030_19164582.jpg
別件、スカ色と新潟色の鉄コレ70系も全車カプラーを羽子板工法でKATO Bタイプに交換しました。
これはまだ施工前です。
これで鉄コレ国鉄車両のカプラー交換は完了ですが、京急のクルマがまだ少し残っているかも知れません。

来週はいよいよC59が来ます。
再来週には京急2100形、基本だけ。
そしてKATOからC11リニューアルが発表されましたね。
EF13、スハ32系、155系、C11、115系800番台・・・来年も財布の中身とのせめぎ合いが続きそうです。
155系、増結4輌だけ買ってアッシーで動力化すれば10kほどでできると思ったら、増結はT-M'-M-Tcなんですね。
編成になりません。
でも基本8輌20kは厳しいです。
[PR]

by nari_masa | 2015-12-19 22:08 | 旧型電関(N) | Comments(8)
2015年 12月 06日

匍匐前進(6) EF52とEF53の前照灯交換完工

e0354030_15473133.jpg
H鉄道様からの預かり品、最後の2輌の前照灯交換、完了です。
まずはEF52、Tさん施工のデッキ手摺りが素晴らしいです。
e0354030_15471932.jpg
この機関車は車長が長いため、元のライトが使えませんでしたのできらめきライトに換装しました。
e0354030_15465888.jpg
走行画像はちょっとボケました。
相変わらずバンソーコーが(^^)
e0354030_15472599.jpg
一方こちらはEF53です。
e0354030_15473623.jpg
動力をEF571と振り替えましたので、普通に走行できます。
ライトは元のEF571のままですので、LEDですがやや暗いです。

これで前照灯交換工事は完工です。
EF571は動力の手術が必要なため、しばらく入院です。
どのくらいかかるか分かりませんね(^^;;
[PR]

by nari_masa | 2015-12-06 15:56 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2015年 12月 03日

匍匐前進(5) EF5824前照灯交換完工と、非常に残念なお知らせ

e0354030_21501474.jpg
H鉄道様のマイクロ旧型機、前照灯交換3輌目、EF5824が完工しました。
e0354030_21501923.jpg
この機関車はデッキの手摺りが折れやすいので、慎重な取扱いが必要です。
下回りはできるだけ弄り回さないようにして、室内塗装のみ行ないました。
e0354030_21502474.jpg
カットバン(笑)はナンバープレートの金色が剥げないようにするためです。
もちろん完工したら剥がします。
e0354030_21502928.jpg
LED自体は交換していませんので明るさはかなり暗いですが、当廠はナマのチップLEDが扱えませんので、とりあえずこれで完工とします。
e0354030_21503590.jpg
さて、ここで非常に残念なお知らせをしなくてはなりません。
4輌目となるEF53の車体を外したのですが、動力ユニットが瀕死の重体です。
e0354030_21504137.jpg
上面が歪んでいるのが分かるでしょうか?
これは例のダイカストブロック自己崩壊の前兆現象なんです。
走行も、走ることは走りますがモーターへの通電がいまいち悪いです。
どこかで既にダイカストが折れていると思われます。
e0354030_21504874.jpg
とりあえず車体の加工は進めますが、動力、どうしましょう?
EF53を活かすなら他の機の動力ユニットを移植しますが。
またKATO EF57でも入手できれば、それをEF571に充ててEF571の動力をEF53に振るんですけど、この時期に費用の捻出は難しそうですよね。
→追伸:まだ車体や動力には触っていませんから、一度マイクロエースのサービスセンターに連絡してみましょう。
この問題はマイクロさんも自覚しているみたいですから動力を交換してもらえるかも知れません。
e0354030_21505495.jpg
心配になったので残るEF52も分解してみました。
手前がEF52、奥がEF53ですが、EF52の動力は無事でした。

e0354030_2151240.jpg
さて本日の調達部品はこれでした。
GMのナックルカプラーですが、実はかなり高価です。
20個で定価1000円、割引はありますが、送料を入れると1個50円を超えます。
e0354030_21512687.jpg
でも結果がこれなので・・・単なる拘りです。
左GM製ナックル、右はKATOの車間短縮ナックルです。
この辺の詳細は明日にでも。
[PR]

by nari_masa | 2015-12-03 22:13 | 旧型電関(N) | Comments(8)
2015年 12月 02日

匍匐前進(4) ED14分解と、今日はいろいろ準備工事

e0354030_2153517.jpg
早、12月に入ってしまいました。
今年もあと1ヶ月を切りましたね。早いものです。
本日はあれこれの準備工事をしておりまして、これといった工事の進捗はありませんでした。

まずは鉄コレED14の電飾のため、窓ガラスパーツやルーバーを外しました。
かなり固いですが、側面パーツの端から外します。
ルーバーを先に外すこともできます。
e0354030_2154179.jpg
このヘッドライトですが、別パーツではありません。車体にモールドされているものです。
ちょっとびっくりです

すみません、この記事誤りです。
ライトは別体の挿し込みでした。
謹んで訂正いたします。
15.12.4
e0354030_2154622.jpg
車体を裏から見ても取付穴もなにもありません。
外してみると穴がありました。
e0354030_2155265.jpg
これがモールドで表現できるならマイクロ機のカマボコライトは何なんだ?
技術の進歩ですかね~?
電飾しないからこれが可能なのかも知れませんね。

失礼しました。
e0354030_216438.jpg
さて一方、当廠でずっと使ってきた油目の甲丸ヤスリですが、相手がプラスチックとは言え、相当な量を加工したのでかなりへたってしまいました。
e0354030_216945.jpg
で、新しい甲丸ヤスリを購入しました。
さすがにまだ目が立っています。
これで前照灯交換工事も捗りそうです。
e0354030_2161468.jpg
その前照灯交換の3輌目、EF58-24は前照灯を接着中です。
この機関車は明日には完工する予定ですが、実は明日、あるパーツが入荷します。
それはまた明日のお楽しみということで。
ほんとに中身のない記事ですね~(^^;;;
[PR]

by nari_masa | 2015-12-02 22:17 | 旧型電関(N) | Comments(9)
2015年 12月 01日

匍匐前進(3) EF571ライト交換工事 完工 とED14輪芯塗り潰し

e0354030_2283273.jpg
H鉄道様の旧型電関前照灯交換工事、2輌目が完工しました。
マイクロEF571ですが、KATOのEF571より前面窓位置が高くて精悍な面構えです。
実機はKATOに近いようですが、実機が間違っているんですかね?(^^)
e0354030_2283899.jpg
避雷器が巨大で煙突みたいだったので手持ちのものに交換しました。
e0354030_2284557.jpg
こちら側も避雷器を交換しましたが、施工中にホイッスルが折れてしまったのでKATO製を取り付けました。やばいやばい(^^;;
e0354030_2285125.jpg
動力は静かなのでそのままです。
LEDも少し暗いのですが、そのまま使用しました。
以上でEF571は完工、次はEF58-24旧型車体です。

e0354030_2285982.jpg
こちらは当廠在籍車輌の工事、ED14用の動力ユニット、ノッペラボーの車輪輪芯と銀ピカのウェイトをつや消し黒で塗り潰しました。
e0354030_229546.jpg
台車枠を着けるとこんな感じです。
スポーク表現はありませんが、そこそこ見られるようになったでしょうか?
[PR]

by nari_masa | 2015-12-01 22:20 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2015年 11月 29日

匍匐前進(2) EF13ライト交換工事 完工

e0354030_1794586.jpg
あれこれの合間に少しずつ進めていた、H鉄道様よりお預かりした機関車の前照灯交換工事、トップバッターのEF13が完工しました。
e0354030_1795141.jpg
動力は新型の6軸駆動で特段異音もありませんでしたので基本的に手を入れていません。
ずれやすい集電バネの接着固定、アセテートテープでライトユニットの振動防止、コクピット色で室内塗装を行なっておきました。
ライトユニットは電球色LEDなのでそのまま使用しました。
e0354030_1795694.jpg
上から。
カマボコライトよりはマシ35ですかね~?
e0354030_1710217.jpg
来年春のKATO製とは比較にならないでしょうが、旧型電機はマイクロ製も味があっていいです。
実機は終戦直後の製作(EF58旧型車体を譲り受け)なので外板なんかヘロヘロですから、このくらいが丁度良い?
今出されても買えないですけどね(^^;;
[PR]

by nari_masa | 2015-11-29 17:22 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2015年 11月 26日

匍匐前進(1) EF13ライト交換工事

e0354030_22124239.jpg
H鉄道様からお預かりした機関車の前照灯交換工事を始めました。
まずはEF13から。
奥は当廠のEF13です。
e0354030_22124897.jpg
元のカマボコライトを切り取ってKATOの前照灯を組み込む穴を拡げていきます。
こちらはもう少しです。
e0354030_22125412.jpg
反対側もここまできました。
今ちょっと取り付けるライトの塗装ができないので組み込みはもう少し先になります。
しばらく匍匐前進が続きます。

鉄コレED14は多分週明けに入手できそうです。
[PR]

by nari_masa | 2015-11-26 22:22 | 旧型電関(N) | Comments(4)