新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:マイクロエース ( 81 ) タグの人気記事


2016年 03月 18日

マイクロEF551の前照灯光源交換(一話完結)

e0354030_2244620.jpg
昨日のEF10ステンレス整備のコメントの中で前照灯の話が出ましたが、ちょっと思いついたことがあります。
マイクロエースのEF551なんですが、前照灯が暗めなんです。
あ、えっちゃんだ。久し振り(^^)
e0354030_22441137.jpg
光源はいつものようにきらめきライト水平型に交換してあるのですが、他の機関車のように前を照らしません。
e0354030_22441647.jpg
そこで光源を交換することにしました。ボディを裏返すときらめきライトを遮光するアルミテープが見えます。
e0354030_22442253.jpg
これを一気に剥がしてしまいます。
e0354030_22442898.jpg
取り出したきらめきライトはEF10ステンレスに転用します。
e0354030_22443299.jpg
EF55のヘッドライトを取り外しました。
この導光材の透明度が低くて明るくならなかったようです。
e0354030_22443810.jpg
そこで、以前にEF13凸形で採用した工法を使うことにしました。
ヘッドライトの導光材を切り取り、下からドリルで穴を掘ります。
φ0.3から始めてφ1.2まで拡げます。
e0354030_2244432.jpg
ここにきらめきライト・ピコを組み込みます。
e0354030_22444854.jpg
こんな感じになりました。
e0354030_22445380.jpg
電圧を上げるとこのくらいです。
これならえっちゃんも夜間の運転がしやすいでしょう(^^)

e0354030_2245169.jpg
EF10の方も再整備しました。
EF10ステンレスに付いていた動力ユニットのダイカストが高品質でしたので、そちらの方を使いました。
室内色はコクピット色、運転台部分の明るい緑は塗りつぶし。
e0354030_2245841.jpg
ボケましたが、EF10ステンレスも両側点灯するようになりました。
これでEF10、EF551とも前照灯が前を照らすようになりました(^^)
[PR]

by nari_masa | 2016-03-18 23:01 | 旧型電関(N) | Comments(8)
2016年 03月 17日

マイクロEF10ステンレス 整備3 一次完工

e0354030_21252349.jpg
マイクロエース製EF10-24ステンレスボディの一次整備が終わりました。
電飾はいつものKATOクモハ53ヘッドライト+きらめきライト水平型で。
この機関車は車体裾に空気溜め(エアータンク)がないのでR140を何とか通過できます。
e0354030_21252827.jpg
一次完工というのは、当廠常備品のきらめきライト水平型が残1個しかなかったため、反対側の前照灯が不点灯なんです(^^;;
e0354030_21253332.jpg
パンタグラフは以前に黒鉄色に塗装しておいた手持ち品を取り付けました。
足回りはてっとり早くマイクロの同じ機番EF10-24豊橋機関区(茶色)のものを強奪しました。
e0354030_21253836.jpg
その足回りもこれからおいおい整備していきます。
e0354030_21375994.jpg

これで一旦EF10ステンレス車の整備は終わりです。
[PR]

by nari_masa | 2016-03-17 21:39 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2016年 03月 16日

マイクロEF10ステンレス 整備2

e0354030_20361926.jpg
マイクロエースEF10ステンレス、前照灯の交換工事中です。
本日は前照灯の取り付け、接着、裏側の遮光(ぶどう色1号塗布)まで行ないました。
これで一晩寝かせます。
e0354030_20362537.jpg
ステンレス車のタッチアップはこれを使います。
タミヤの水性アクリル、XF-16、フラットアルミです。
銀の粒子が細かく、筆塗りではこれが一番平滑で色乗りが良いような気がします。
e0354030_20362950.jpg
前照灯の取付穴のまわり約0.5mmほどはカマボコライトを切り取った跡で、加工直後は白くなっていたんですが、そこに以前ご紹介した怪人二十面相筆でフラットアルミを塗りこみました。
e0354030_20363587.jpg
なかなか良くなりそうな悪寒です。
明日は電飾に移りますが、当廠常備品のきらめきライト水平型が残り1個しかないことに今頃気が付きました(^^;;
しかたないのでとりあえず片側だけ電飾しましょう。
足回りはこれまたとりあえずEF10-24豊橋機関区の茶色い機関車(機番は同じ24号機)から移植してしまいましょう。
[PR]

by nari_masa | 2016-03-16 20:51 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2016年 03月 15日

マイクロEF10ステンレス 整備開始

e0354030_20321425.jpg
先月、運良く入手したマイクロエースの"完全体"EF10ステンレスです。
やはり、コレで運を使い果たしたようですが(^^;;
そろそろ、これの整備にかかりたいと思います。
e0354030_20321913.jpg
パンタグラフと窓ガラスパーツを外し、ライトの透明部品を抜きます。
見事な蒲鉾ライトですね~。
e0354030_20322553.jpg
例によってニッパーとデザインナイフでかまぼこライトを切断します。
いつものようにKATOのクモハ53用ヘッドライトを使いますが、茶色の電機と違ってシルバーボディはキズをつけるとリカバリーが大変なので、ここからは少し時間をかけてゆっくりと穴を拡げます。
e0354030_20323045.jpg
ここでちょっと悪戯を。
マイクロのボディをKATO EF10の動力ユニットに被せてみました。
窓ガラスパーツがあると入りませんので。
EF56やEF57はこれでピッタリ入るのですが・・・
e0354030_20323568.jpg
運転台はシースルーになって良いのですが、車体先端とデッキの間に隙間があります。
e0354030_20324010.jpg
KATO EF10(茶)の車体とマイクロEF10のボディを比較してみると、KATOの方がわずかに長いようです。
e0354030_20324637.jpg
上から見ると分かり易いですね。
実は動力換装してしまおうかと目論んでいたのですが、見事に挫折しました(^^;;
やはりマイクロの動力を整備することにします。

ヘッドライトのほうはミッチャクロンを塗って乾燥中ですので、今日はここまでです。
まだ関東は夜寒くて長時間作業ができません。
明日から暖かくなってくるようですが。
[PR]

by nari_masa | 2016-03-15 20:47 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2016年 02月 12日

なんてこった!崩壊してね~ぞ、おい!マイクロEF10ステンレスの動力

e0354030_20391899.jpg
本日入廠したマイクロエースのEF10-24ステンレス車
動力ユニットが膨らんで間もなく崩壊します、との注意書きが付いてジャンク扱いでした。
まあ動力は何とかなるのでとりあえず4k弱で購入しました。
隣はマイクロの同機番、24号機の豊橋機関区移籍後のぶどう色2号塗装です。
e0354030_20392427.jpg
このステンレス仕様、かなり長いこと、2年くらい探していたのですが、なかなか安い出物がありませんでした。
中古店ではプレミア付きで12k~17kくらいします。
当方が欲しかったラス前のEF級電機かも知れません。
最後はEF50ですが(^^)
e0354030_20393052.jpg
ライトはいずれ交換しましょう。
まずは崩壊寸前の動力を交換しないと、です。
放っておくとダイカストが膨張して外れなくなったり車体のプラがダイカストの圧力で割れてしまったりする恐れがあります。
e0354030_2039359.jpg
で、崩壊覚悟で動力ユニットを取り外したのですが・・・あれれれ~??
e0354030_20394092.jpg
・・・・・何でもない・・・・・
e0354030_20394543.jpg
崩壊していません。
それどころかかなり静かに走ります。
KATOのEF10動力でもあてるかな~、と考えていたのですが、あてが外れました(^^)
e0354030_20395082.jpg
結局、この個体がジャンクである理由は赤丸印のところにわずかな凹みがあることだけでした。
これも事前情報にありましたが、言われなければ気が付かない程度です。
この程度で中古店の1/3~1/4の値段で買えてしまいました。
これは・・・今年の運を使い果たしてしまったのでしょうか?(^^;;;
[PR]

by nari_masa | 2016-02-12 21:00 | 旧型電関(N) | Comments(12)
2016年 02月 12日

すごいやつ到着

e0354030_12324875.jpg

まずは甲種回送到着のご報告。
中古屋さんで中古Aランクですと12kほどします。
オークションで中古良品ですと8kほどします。
でもKATOかラウンドハウスが出したらタダ同然になります。
で、これは4k弱でした。
もちろん訳ありです(^O^)
ルーツが九州豊前国のためか、関門仕様と聞くと血が騒ぎます。
詳しくはのちほど。
[PR]

by nari_masa | 2016-02-12 12:32 | 旧型電関(N) | Comments(2)
2016年 01月 22日

マイクロ京急2100形の再電飾その3 完工

e0354030_22253118.jpg
マイクロ京急2100形8輌の再電飾が完了しました。
中央の直線上に3輌見える車輌の一番左側がKATO動力に載せ替えたM車ですが、他のT車の電飾の色調がほぼM車(室内部品はKATOのまま)と同じになりました。
e0354030_22253912.jpg
昨日、反射テープの軽量化の話が出ましたが、ちょっと重量を測定してみました。
これは従来のマイクロエース純正室内灯を組み込んだ状態のT車中間車の重量です。
29g。
e0354030_22254550.jpg
室内灯ユニットを取り外すと26gです。
つまりマイクロ純正室内灯ユニットは3gということになります。
e0354030_22255334.jpg
今回の再電飾後は27gになりました。
たまに28gを表示する時もあります。
電飾材料全部合わせて1gか1.5gくらいに納まりました。
e0354030_2226060.jpg
走行中の右がM車、左のパンタ付きがT車です。
これでマイクロ京急弄りは終わりですが、再電飾はあと4輌おこないます。
それはまた後日に。
[PR]

by nari_masa | 2016-01-22 22:35 | 京急電車(N) | Comments(4)
2016年 01月 21日

マイクロ京急2100形の再電飾その2

e0354030_21502356.jpg
マイクロ京急2100形の再電飾、続きです。
毎日同じような記事が続いて申し訳ありません。
昨日からたった1輌増えただけのように見えますけどね(^^;;
実際にはプラ棒交換とか、固定方法の変更とか、いろいろやっておりました。
動力車を含めて5輌が完成しておりまして、残るは3輌です。
e0354030_21495919.jpg
本日百均でこれを購入してきました。
メタリックのカラーテープ、4色入って108円。
金属製ではなくプラスチック製です。
e0354030_2150486.jpg
銀色だけがあればいいのですが、ニチバンのマイラップという銀テープは大きな文具店へ行かないとなかなか置いていないようです。
で、しかたないので百均でこれを購入しました。
e0354030_2150943.jpg
屋根裏にこんな風に貼り付けて反射板にします。
このテープは重量がほとんどないので、更に軽量化が可能です。
ただ、遮光性は余り高くないので、透け透けボディには向かないかも知れません。
LEDがくる側だけ、放熱のためにアルミテープを貼っています。
銀色でなく金色を貼ったら車内が電球色になりませんかね?
今度試してみましょうか
e0354030_21495376.jpg
明日には2100形は完工する予定です。
そのあと、別の編成も再電飾しますが、それは京急電車ではありません。
赤い電車に白い線、ではあるのですが・・・
[PR]

by nari_masa | 2016-01-21 22:07 | 京急電車(N) | Comments(2)
2016年 01月 20日

マイクロ京急2100形の再電飾

e0354030_2027090.jpg
動力整備が一段落して、次はマイクロ2100形の室内再電飾です。
並んだ3輌のうち、右側はマイクロエースで発売している純正室内灯がついている車輌です。
ご覧のように片側の車端が暗くなってしまい、中央部も均一の明るさになりません。
中央と左の車輌は高輝度LEDと透明プラ棒に交換後です。
電圧約6Vです。
e0354030_2028924.jpg
こちらは電圧約4~5V。
このくらいの電圧だと純正室内灯はほとんど点灯しません。
KATO動力は3V以下で起動してしまいますから、純正室内灯では全く点灯しない状態で走り出すことになります。
動力性能が上がり過ぎるのも良いことばかりではありませんね(^^)

e0354030_20271780.jpg
ということで、再電飾することにしました。
いつもは上のように18mA定電流ダイオード(CRD)を使うのですが、今回はテストを兼ねて下のように560Ωの抵抗も使ってみました。
抵抗は少しだけ大柄になります。
一方、導光用透明プラ棒もφ3mm×1本(上)とφ2mm×2本(下)を試してみました。
e0354030_20272391.jpg
18mA定電流ダイオード+φ3プラ棒×1本。
18mA定電流ダイオードは6Vくらいで完全に明るくなり、それ以上は12Vまでほとんど明るさが変わりません。起動電圧の低い動力にはこの方が合っているように思います。
e0354030_20272948.jpg
560Ω抵抗+φ2mmプラ棒×2本。560Ω抵抗は6Vでも最大の明るさではなく、12Vに向かってだんだん明るくなっていきます。
12Vでは約20mA流れますので、多分18mA定電流ダイオードより少し明るいでしょうが、比較的高電圧で運転する車輌に向いているかも知れません。
プラ棒の太さ・本数と抵抗・CRDはいろいろ組み合わせてみたのですが、思ったほど差はありませんでした。
そうすると京急のような窓の大きな車輌にはφ2×2本が導光材が見えにくいですし、旧客など屋根の深い車輌にはφ3×1本が簡単で便利でしょうか。
e0354030_20274494.jpg
マイクロエース純正室内灯付きです。
電圧は約6Vですが、集電端子の位置の関係で片側の車端部が照光されません。
e0354030_20275171.jpg
18mAのCRD+高輝度LED、導光用透明プラ棒はφ2mm×2本です。
こちらも電圧6V。
e0354030_20275757.jpg
こちらは18mA CRD+高輝度LEDでφ3×1本、電圧6Vです。

ということで、この京急2100形は18mA CRD+φ2mmプラ棒×2本で統一することにします。
それでCRDが品切れになりますので、次の再電飾車輌は560Ω抵抗で統一しようと思います。

e0354030_20271116.jpg
おまけ。本日の購入品。
KATOの集電金具と同じ形の金具です。
KATOはこれを分売していないのでサードパーティが発売しているものを購入しています。
当廠の電飾方法では普通の銅板でもOKなのですが、それを作るのが面倒なのでつい買ってしまいます。
[PR]

by nari_masa | 2016-01-20 21:12 | 京急電車(N) | Comments(6)
2016年 01月 17日

マイクロエース製電車動力の整備その5 公団9100形C-Flyer

e0354030_19204458.jpg
マイクロエース動力整備、ラス前の都市基盤整備公団9100形 C-Flyerです。
e0354030_1921157.jpg
車体側面にはC-Flyer(シーフライヤー)のロゴが。
正直、トンネルの向こう(京成、北総、千葉ニュータウン、成田スカイアクセス線など)の事情は複雑すぎて良く分からないのですが、とりあえず都営地下鉄浅草線を経由して京急にも乗り入れてきますので購入した車輌です。
e0354030_19211585.jpg
ドアまわりの塗装やドア窓の形状もなかなかユニークな車輌です。

動力はあまり煩くなかったので、モーター静粛化の結果のみです。


さて、残るはラスボス、京急1000(Ⅰ)形を残すのみですが、これがまた一筋縄では行きませんでした。
この辺の顛末は次回に。
[PR]

by nari_masa | 2016-01-17 19:32 | その他の車輌(N) | Comments(4)