新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 02日

ナハ11電飾2

e0354030_1954498.jpg
KATOナハ11、二輌目も電飾しました。
左が昨日の1輌目、角形LED、右が2輌目、φ3mm砲弾型LEDです。
少し色味が違います。
e0354030_19541016.jpg
2輌目に使用したφ3mm白色砲弾型LED、光度25000mcd、照射角30°です。
e0354030_19541663.jpg
左がφ3mm砲弾型+φ3mmプラ棒1本、右が角形LED+φ2mmプラ棒2本です。
e0354030_1954226.jpg
ブリッジダイオードとCRDは床板のトイレ部分に設置しました。
配線は裸銅線と銅箔テープです。
e0354030_19542788.jpg
角形LEDの車輌です。
こちらの方が青みが強いです。
e0354030_19543691.jpg
こちらがφ3mmLEDの車輌。
マーカー類はなにも塗っていませんが、やや黄色味があります。
e0354030_19544214.jpg
明るさは同じくらいですね。
e0354030_19544885.jpg
φ3mmプラ棒だと窓から少し見えます。
e0354030_19545513.jpg
φ2mmなら見えませんね。
e0354030_1955629.jpg
川崎20t凸電で牽いて走行させました。
e0354030_19551279.jpg
やはり右のφ3mm砲弾型LEDの方がイメージに近いですかね。
角形LEDにライトブラウンのマーカーを塗る方法も試してみたいですね。
e0354030_19552094.jpg
次は座席を塗装します。
[PR]

# by nari_masa | 2017-07-02 20:27 | 旧型客車(N) | Comments(2)
2017年 07月 01日

ナハ11電飾

e0354030_2020528.jpg
今年も7月、早くも半年が経ってしまいました。
先日、EF10-24と同時に入廠したナハ11(茶)の電飾作業をダラダラと行なっております。
e0354030_20205891.jpg
今回は角形LEDを使いました。
2mm×3mm×4mmなので削らなくてもφ2mmのプラ棒2本にフィットします。
光度1500mcd(ミリカンデラ)、照射角は120°広角です。
普段使っているφ3mm砲弾形は光度22000mcdくらいありますが、照射角度は30°くらいです。
同じ光源なら照射角度が狭いほど光度(mcd)は高くなりますので、この2種のLEDがどのくらい違うのか2輌のナハ11で使い分けてみます。
まず1輌目は角形から。
e0354030_2021422.jpg
客車には外から見えにくいトイレスペースがありますので、ブリッジダイオードと定電流ダイオードは床板に設置しました。
LEDへの通電は裸銅線と導電性銅箔テープです。
e0354030_20211210.jpg
透明プラ棒を取り付けたLEDは端子に裸銅線を巻き付けて車体側板に銅箔テープで貼り付けました。
e0354030_20212149.jpg
結構明るいです。
これなら特に問題無さそうですが、次の1輌をφ3mm砲弾型にして比較しましょう。
e0354030_20212658.jpg
座席を塗っていないので車内が白っぽいです。
エナメルのブルーでモケットを塗装することにします。
[PR]

# by nari_masa | 2017-07-01 20:42 | 旧型客車(N) | Comments(0)
2017年 06月 27日

HC KATO EF10-24関門タイプの入廠初期整備

e0354030_20103485.jpg
昨日入廠したHC KATOEF10-24関門タイプ(ステンレス)の入廠初期整備です。
特に目新しいことは何もありませんで、従来の当廠仕様と同じです。
e0354030_20462921.jpg
昨日の画像ですが、ナンバープレートは当然ながら24号機を取り付けました。
e0354030_2085325.jpg
カプラー突き出し量の短縮を行ないます。
この赤丸印のピンがカプラー支点ピンですが、この位置だとナックルが突出し過ぎます。
e0354030_2085838.jpg
で、ニッパーとデザインナイフでピンを削除してしまいます。
e0354030_209369.jpg
この辺の位置にφ0.8mmの穴を明けます。
いきなりφ0.8mmで明けるとずれやすいので、ポンチングしてからφ0.3mmで下穴を明けて、φ0.5mm、φ0.8mmと拡げていきます。
この面は前方に向かって少し傾斜しているので、できるだけ地面に垂直になるように明けます。
e0354030_20986.jpg
M1.0小ネジでセルフタッピングします。
e0354030_2091368.jpg
下から見るとこの辺です。
e0354030_2091928.jpg
この位置だとカプラーの後端がストッパーの脚に当たって首を振らなくなりますので、右のようにヤスって細くします。
e0354030_2092686.jpg
スプリングは手持ちの短いものに交換しました。
e0354030_2093113.jpg
右がオリジナル、左が改造後です。
突き出し量がかなり違いますね。
e0354030_2093745.jpg
カプラーを下から抑えるストッパーですが、穴位置が合わなくなりますので、まずはφ1.2のドリルを通します。
e0354030_2094175.jpg
1mmの棒ヤスリで長穴にしていきます。
e0354030_209519.jpg
こんな感じですね。
e0354030_2095895.jpg
ストッパーを取り付けます。
最初はネジを引っ込めておいて、ストッパーを組み込んでからネジを締めています。
e0354030_2010429.jpg
出来上がりです。
e0354030_20101162.jpg
デッキを付けるとこうなります。
e0354030_20101919.jpg
ブレーキホースはいつものTOMIXのPZ001を取り付けました。
コックの色挿しはペベオの白でちょいちょいと(^^)
メーカーさん、そろそろブレーキホースくらい標準で付けてくれませんかね?
e0354030_20102963.jpg
先輪は先日作っておいたハイフランジ・スポーク先輪に交換しました。
e0354030_20104240.jpg
さてこの曲がった手摺りです。
e0354030_20104717.jpg
旧型電機はデッキが一番破損しやすいので、アッシーが出た時にスペアを購入しております。
これはEF10三次形(茶)が出た時に購入しておいたものです。
e0354030_20105282.jpg
左が曲がった方です。
これはこれで時間をかけて矯正します。
e0354030_20105754.jpg
デッキ交換完了です。
e0354030_20472945.jpg
これも昨日掲載しましたが、パンタグラフは黒鉄色で塗装しておいたものに交換しました。
シューはペベオのカッパーで。
e0354030_2083056.jpg
走行~。
以上で初期整備は完了となります。
[PR]

# by nari_masa | 2017-06-27 20:55 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2017年 06月 26日

HC KATO EF10-24 & ナハ11 入廠

e0354030_18452610.jpg
本日の入廠品です。
HC KATOのEF10-24関門タイプ(ステンレス)と特急かもめ中期編成3輌増結セット。
e0354030_18502930.jpg
かもめが欲しかったわけではなく、茶色のナハ11が欲しかったのです。
なので基本セットは購入しません。
e0354030_18552649.jpg
2014年に旧BLOGでお見せした旧湘南電鐵(16.5mmゲージ)のナハ11/ナハフ11(茶)、このNゲージ版がやっと入手できました。
これで旧・湘南電鐵の全ての車輌がNゲージで揃いました。
e0354030_18453728.jpg
で、こちらが本命、HC KATOのEF10-24ステンレスです。
あらら~、デッキの手摺りが曲がってますね~(^^;;;
でも大丈夫、スペアあります(^^)
e0354030_1845421.jpg
屋根上がライトグレーに塗装されています。
マイクロのEF10-24は全身シルバーでした。
e0354030_18454824.jpg
塗装やヘッドライトは文句なしです。
e0354030_18455868.jpg
先輪はスポークが抜けていませんでした。
e0354030_1846873.jpg
ここから入廠初期整備完了後の姿になります。
画像が多いので整備の様子は明日にでも。
e0354030_18461228.jpg
側面です。
マイクロ機には避雷器が付いていませんでしたが、この機関車は茶色のKATO三次形と同じ避雷器が付いています。
e0354030_18461792.jpg
ナンバーは4種類入っていましたが、当然24号機一択です。
あ~、綿棒で押し込んだので綿屑が挟まってしまいました。
メーカーズプレートは美しく印刷済です。
e0354030_18462378.jpg
パンタグラフは黒鉄色に塗装したものに交換しました。
e0354030_18471593.jpg
さて歓迎会です。
左HC KATO、右マイクロの同一ナンバー機です。
e0354030_18472094.jpg
ナンバープレートの地色が少し違いますね。
e0354030_18472591.jpg
デッキの手摺りはやはり太さが違います。
e0354030_18473081.jpg
あとデッキの前後長さも少し違います。
この辺は茶色の機関車と同じです。
e0354030_18473544.jpg
右はマイクロのEF10-24(茶)、豊橋区です。
これでEF10-24が3輌(^^)
e0354030_18474163.jpg
屋根上です。
HC KATOはライトグレー、マイクロは銀。
避雷器と信号炎管の有無も。
HC KATOもタイプモデルですから、どちらが正しいのか、あるいは年代の差で両方ありなのか?
良く分かりませんし、あまり気にしません。
e0354030_18474650.jpg
右、KATOのEF10三次形(茶)も入れてEF10が4輌です。
e0354030_18475096.jpg
マイクロのEF56-3も見参。
e0354030_1848574.jpg
更に右からKATO EF56一次形。
もう入りきれません(^^)
e0354030_18482168.jpg
改めてEF10-24が3輌。
e0354030_18482712.jpg
後継機EF30とツーショット。
e0354030_18483398.jpg
ステンレスの塗装は同じような感じです。

次回は入廠初期整備を。
[PR]

# by nari_masa | 2017-06-26 19:56 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2017年 06月 25日

EF10入廠前夜祭 歓迎会と入廠整備の準備

e0354030_16582059.jpg
※右の銀色の機関車はKATOのEF10ではありません。マイクロ製です(^^)。
ホビーセンターKATO製のEF10ステンレス、巷の各Blog様では既にレビューがUPされておりますが、当廠への入廠は明日になります。
そこで本日は歓迎会の準備&前夜祭です。
まずは在籍のEF10を3輌、左からKATO EF10三次形、マイクロエースのEF10-24豊橋区(茶)、同じくマイクロエースのEF10-24ステンレスです。
KATOとマイクロのEF10はデッキの前後寸法が異なります。
KATO機は22号機にしましたが、マイクロ製の2輌はともにEF10-24号機で、ここにHCカトーのEF10-24が入ると24号機が3輌ということに(^^)
当廠在籍機で2輌の機番が被る車輌はEF65-501(KATO TOMIX)がありますが3輌が被るのは初めてです。
e0354030_16582678.jpg
丸形電機つながりでKATOのEF56一次形(右奥)とマイクロのEF56-3(右手前)も出してみました。
e0354030_16583145.jpg
旧型電機の勢揃いも久し振りです。
右奥に塗装中の紫電の翼が見えております。
e0354030_16583778.jpg
さて、ちょっと入廠準備です。
画像を見ると、HCカトーのEF10-24、先輪のスポークが抜けていないように見えますが気のせいでしょうか?
そこで、とりあえずスポーク先輪の準備をしておきます。
左からワールド工芸製スポーク先輪(内台枠用)、KATO製スポーク先輪(外台枠用ピボット軸受)、KATO製スポーク先輪(内台枠用)です。
ご覧のようにフランジ高さがそれぞれ異なります。
EF10は1軸先台車なので内台枠ですが、そうするとローフランジ車輪を使うことになり、ただでさえ不安定な1軸先輪の脱線の危険が高くなります。
e0354030_16584247.jpg
そこでKATOの内台枠用と外台枠用の車輪と車軸を相互に交換して、内台枠用ハイフランジ・スポーク先輪をでっち上げました。
一番右はマイクロエースの抜けてない先輪ですが、フランジ高さはほぼ同じになります。
e0354030_16584823.jpg
ついでに先輪未交換のマイクロEF10-24(茶)もスポーク先輪に交換しました。
交換前です。
e0354030_16585215.jpg
こちらが交換後です。
ハイフランジ先輪は4軸作りましたので、残り2軸はHCカトー機に取り付けます。
e0354030_16585859.jpg
マイクロのEF10-24ステンレス機。
今までこの機種はかなりのプレミア価格でしたが、この機関車は動力不動ということでかなり安く入手しました。
でも実際には動力には何の問題もなく、そのまま使用しております。
e0354030_1659417.jpg
これもなかなか良好な塗装ですが、明日HCカトー機と並べるのが楽しみです。
e0354030_165984.jpg
ナンバープレートはもちろん24号機。
e0354030_16591693.jpg
一方の豊橋区時代の茶色塗装機ですが、こちらも24号機です。
ヘッドライトはどちらも交換済です。
e0354030_17523758.jpg
パンタグラフはKATOのPS14を黒鉄色で塗装したものを準備済。
e0354030_17525058.jpg

関門つながりでEF30も出しました。

さて明日、EF10-24の他に同時着荷であと3輌ほど茶色い奴が来ます。
同時発注したわけではないのですが、たまたま同時に到着となりました。
でもEF10-24と全く無縁な車輌というわけでもありません。
こちらもいろいろ整備していきます。
[PR]

# by nari_masa | 2017-06-25 17:36 | 旧型電関(N) | Comments(6)