新湘南電鐵 横濱工廠2 archive

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 29日

KATO 京急2100形にTNカプラー取付

e0354030_15401380.jpg
昨日入廠したKATO 京急2100形、インプレがてらGM製・マイクロ製と3社比較をやろうかと思ったのですが、当廠らしくこちらを先にUPすることにしました。
この車輌、先頭車の前部カプラーがダミーカプラーのため、GMやマイクロの京急電車と連結が出来ません。
これでは異車種併結・解結運転という京急の面白味が再現できませんので、先頭部カプラーをTOMIXのボディマウントTNカプラーに交換しました。
使用したのはJC6324、密連形TNカプラー(SP・グレー・電連1段付)ですが、JC25でも多分できます。
e0354030_15401794.jpg
まずはカプラーの取り付け部を右のように切断します。
左はオリジナルです。
e0354030_15402228.jpg
先頭車の床板をばらすとこんな台座がモールドされています。
ダミーカプラーのマウントであり、ここにはKATOのボディマウントカプラーが取り付けられるらしいですが、在籍している京急電車をすべてKATOのカプラーに交換するわけにもいきません。
GM製もマイクロ製もTOMIXのTNカプラー使用を前提に設計されているためです。
e0354030_15402777.jpg
この台座をニッパーやデザインナイフで切断します。
おっと、実施時は自己責任においてお願い致します。
アッシーパーツがこれから発売されますので、やっちゃっても何とかなりますが、当方では責任を負えませんので。
e0354030_1540324.jpg
切除跡をヤスリ等で平らにならし、スカートを取り付けてTNカプラーを一番奥まで押し込み、そこでカプラーの穴をガイドにφ0.8の穴を2ヶ所明けます。
4ヶ所明けてもいいんですが、とりあえず2ヶ所で。
e0354030_15403863.jpg
M1小ネジでカプラーを取り付けました。
結構「もともとこのようになっていた」かのように取り付けられます。
e0354030_15404353.jpg
台車の腕がスプリングのフックに干渉してしまいますので・・・
e0354030_15404974.jpg
その部分を切断しました。
e0354030_15405559.jpg
組み上げるとこんな感じで。
もう少し高くしたければ床板をヤスリで擦ればいいのですが、この床板、かなり軟らかいので変形が心配です。
e0354030_15405967.jpg
室内部品とボディを取り付けて完成~。
本来のカプラー位置はもう少し上なんですが、あまり上げるとボディーの切り欠きに引っ掛かってカプラーの首振りが悪くなります。
e0354030_1541478.jpg
早速GMの1000(Ⅱ)形6次車、いわゆるお銀ちゃんと連結。
e0354030_15411144.jpg
突き出し量もぴったり。スカート無加工ですから、KATOもユーザーがTN化するのを想定していたのでしょうか?
e0354030_15411721.jpg
R177上で。とりあえず問題なくR177を通過走行できます。
e0354030_16412453.jpg
改造前を載せ忘れましたね。
オリジナルのダミーカプラーです。
e0354030_20242258.jpg

更に追記:結局ネジは4本で止めました。

では次回は3社比較をしましょう。
KATOの2100形はマイクロ製を超えたのか?
[PR]

by nari_masa | 2015-12-29 16:18 | 京急電車(N) | Comments(10)
2015年 12月 28日

KATO 京急2100形 入廠

記事の編集中に二回もフリーズしてしまったので、今日は報告のみです。
e0354030_2261820.jpg
KATO 京急2100形到着。以上。
長く書くともう少しというところで固まってしまいます(^^)
[PR]

by nari_masa | 2015-12-28 22:08 | 京急電車(N) | Comments(4)
2015年 12月 26日

蒸機祭り最終日 KATO D51旧製品の電飾

e0354030_19251260.jpg
明晩か明後日にはKATO京急2100形が到着する模様ですので、C59入廠に始まった蒸機祭りも本日が最終日となります。
本日は当廠の大御所、45年前に購入したKATO D51旧製品の電飾を行ないました。
e0354030_1925196.jpg
これがオリジナルの姿で、紙製のナンバープレートも懐かしいところです。
ライトの銀色は約半世紀経った現在でも綺麗なままです。
↑ そうそう、ぼち吉鉄道さんにご指摘戴き、思い出しました。
30年程前の大戦中に怪獣の攻撃を受けて煙突が欠けているため、ソフトメタル製集煙装置を後から載せてあります。
e0354030_19252594.jpg
例によってKATO クモハ53用前照灯に交換しました。
前照灯の台座がないので少し低くなってしまいました(^^;;
C59の前照灯だけ売ってくれるといいのですけどね。
どうしてクモハ53やクモハ52だけ前照灯がAssy別売りなのでしょう?
e0354030_19253310.jpg
裏は、これもいつものきらめきライト水平型で。
蒸機は窓がないので遮光が楽です。
ライトの取付部から光が漏れなければOK。
e0354030_19254335.jpg
ウェイトのきらめきライトと干渉する部分をヤスリ、絶縁用のPPテープを貼りました。
e0354030_19255148.jpg
内部でのショートに注意しながら組み上げて完成。
e0354030_19255911.jpg
点灯試験です。
e0354030_1926596.jpg
もう一枚。
e0354030_19261261.jpg
キャブからはみ出す巨大なモーターは旧製品のしるし
いかなる困難危険も越えて
D51は今日も逝く(^^)
[PR]

by nari_masa | 2015-12-26 19:40 | 蒸気機関車(N) | Comments(10)
2015年 12月 25日

KATO C59入廠整備完了

e0354030_21511534.jpg
KATO C59入廠整備が完了しました。
と言う程の整備はないのですが(^^)
何せ完成度の高い蒸機です。
e0354030_21512128.jpg
昨報の通り、前側カプラーをGMのショートナックルに交換。
前側標識灯に銀を塗った後クリアレッドで色挿し。
赤が目立たないように油性アクリルの深い赤にしました。
e0354030_21512874.jpg
クロスヘッドとコンビネーションリンクをスーパーチタンで塗装。
軟質プラの質感を消しました。
肉眼では画像で見るほど黄色い感じはないです。
e0354030_21513423.jpg
当廠試験線のR177通過を可能にするため、先輪をハイフランジ車輪に交換しました。
プレート車輪はないので、仮にスポーク車輪を取り付け。
e0354030_21514061.jpg
ちなみにこれがC59オリジナルのプレート車輪です。
すごい表現だと思います。
e0354030_2151453.jpg
乗務員を乗せました。
機番はC59162。
呉線で最後まで働いていたうちの1機だそうです。
ちなみに保存機は164号機ですが、そのナンバープレートは入っていませんでした。
e0354030_21515332.jpg
機関助手も。
かなり大柄な人で、頭が天井にぶつかってます(^^;;
キャブ下廻りの表現も相変わらず超絶です。
e0354030_2151593.jpg
テンダー後部の標識灯もクリアレッドで色挿し。
実はこの色挿し、C56、C57など全機同時に実施してしまいました。
がおう☆さん、グッドアイディアありがとうございます。
後部カプラーはなんちゃってマグネチックナックル。
実はCSタイプのマグネチックナックルって無いのですよ。
でっち上げです。
e0354030_2152583.jpg
C59、入廠整備完了です。
機炭間も程良く詰まっていますが、これでR177を通過できます。
但し連続運転時は念のために1段拡げます。
R177通過時は先輪が浮き気味になりますから、あまりやらない方がよさそうです。
e0354030_21522551.jpg
なかなか流し撮りはうまくいきません。
e0354030_21521085.jpg
客車の方がきれいに撮れたりします(^^)
さて、蒸機祭りもほぼ終わりですが、D51旧製品の電飾、京急2100が来る前にやってしまおうかと思います。
[PR]

by nari_masa | 2015-12-25 22:14 | 蒸気機関車(N) | Comments(4)
2015年 12月 24日

本日は新湘南"蒸"鐵の日 C59入廠

e0354030_21162477.jpg
あちこちのBlog 様にKATO C59入線の報告が掲載されておりますが、当廠でもC59が入廠しました。
本日は年に1回あるかないかの新湘南"蒸"鐵の日です。
10系寝台急行「安芸」はパスしましたので、機関車のみの入廠です。
e0354030_21163073.jpg
早速取り出してみました。
さすが日本最大のパシフィック、大柄です。
炭水車を含めた全長がC62より100mm長いとか。
e0354030_21163944.jpg
ライトパシフィックC57四次形と比較。
右がC57、左がC59です。
サンドドームの高さが違う分だけボイラーの太さが違います。
e0354030_21164555.jpg
クロスヘッドは相変わらず残念な軟質プラ製。
e0354030_21165120.jpg
こちらC57のクロスヘッド、チタン色のメタリックで塗装してあります。
C59も塗装することにします。
e0354030_21165744.jpg
前側カプラーはGMのショートナックルに交換しました。
さすがにR177は通れませんが、緩いカーブなら重連運転ができます。
e0354030_2117968.jpg
いずれR317で重連運転させてみましょう。
いつになるか分かりませんが(^^;;
e0354030_21171582.jpg
プレート先輪の表現は見事ですが、ローフランジ車輪なんですよね。
e0354030_21172125.jpg
当廠の機関車は走行性重視でハイフランジに交換しています。
これはC57。
でも戦後型でスポーク先輪を付けた画像はほとんど見当たらず、プレート車輪のハイフランジはないので、ちょっと困りました。
そのうち発売されるかも知れませんね、忘れた頃に。

e0354030_21173336.jpg
長老D51も久し振りに走行させました。
齢45歳くらいですが、以前にロッド類とモーターに手を入れたので、スムーズに走ります。
この辺、やはりKATOは凄いです。
ダイカストブロック自己崩壊なんかまず有り得ないですね。
e0354030_2117397.jpg
このD51は近いうちに前照灯の点灯化をやりたいと思います。

さて、C59は明日以降にゆっくりと整備します。
と言っても、あと残工事は
ナンバープレート取付
乗務員搭乗
クロスヘッド塗装
くらいしかありませんが(^^)
[PR]

by nari_masa | 2015-12-24 22:01 | 蒸気機関車(N) | Comments(10)
2015年 12月 22日

ハジメちゃんとあそぼう2

e0354030_21252568.jpg
H鉄道様のEF57ハジメちゃん、なかなか動力の代替は見つかりません。
そこで、当廠でできる限りの整備をかけて一旦完工とすることにしました。
e0354030_21253064.jpg
ダイカストブロックを改めて見たところ、上面は曲がっていますが全体的にはまだ大丈夫のようです。
数年後にはどうなるか分かりませんが・・・。
モーターがうまく回らなかったのはダイカストの塗装の剥がしが足りず、モーターの端子がダイカストに接触していなかった為のようです。
磨き直したらうまく回るようになりました。
モーターの静粛化はしておきましたが、良くなかったら先日のモーターに交換してください。
e0354030_21253654.jpg
ダイカストブロック側面は機内色で塗ってあります。
前面に貼ってあるのはアセテートテープで、ライトユニットの遮光用です。
e0354030_21254272.jpg
銅色が目立つ集電板を黒で塗り潰しておきました。
エアタンクを付けるとR177を通過できなくなるので、調整後に取り付けます。
e0354030_21254814.jpg
ライトユニットは当廠にあるマイクロ製LEDの中から一番電球色に近いものを選んで取り付けました。
e0354030_21255422.jpg
カプラーはKATOのナックルに交換しました。
e0354030_21255974.jpg
見にくいですが、ブレーキホースも余り物を取り付けてあります。
とりあえず静かに走れるようになりましたので、一旦これでH鉄道様にお戻ししようと思います。
万一ダイカストが崩壊したら、その時はまた(^^)

e0354030_21261056.jpg
本日の購入品です。
まもなくC59が来ますので、乗務員を準備しました。
e0354030_2126425.jpg
電気機関車の乗務員も少なくなってきたので、通販の送料削減のために一緒に購入しました。
こういったパーツは高いですね(^^)
C59の到着は週末、京急2100は来週初めのようです。
[PR]

by nari_masa | 2015-12-22 21:46 | 旧型電関(N) | Comments(6)
2015年 12月 19日

ハジメちゃんとあそぼう

e0354030_1858021.jpg
表題のハジメちゃん、誰?
天才バ〇ボンの弟ではありません。
五七一(ごしち はじめ)君、そう、1輌だけ当廠に取り残されてしまったH鉄道様五七家の長男坊です。
なかなか足回りのドナーがみつからず、つまらなそうでしたのでしばらく一緒に遊びました。
やっぱりH鉄道が恋しいと泣いて困らされましたが・・・わたしゃドジョウか(^^)
当廠の同姓同名、KATOのハジメ君から下回りを借りてあてがってみました。
e0354030_1858730.jpg
側面ガラスは外してありますが、KATO動力が運転台ごとぴったり入ります。
前回EF5612を改造した時と同じですが、今回は全く同姓同名のハジメちゃん同士なので、全然違和感がありませんね。
ただ、横梁の位置が少しずれてます。
e0354030_18582042.jpg
昔の電機の機関士はネクタイしていたのでしょうか?
多分ブルトレ乗務員が代行で乗務しているんでしょう(^^)
e0354030_18582676.jpg
ホイッスルや避雷器を交換したりパンタグラフを黒鉄色で塗装したり、段々当廠所属機との区別が難しくなってきています。
e0354030_18583859.jpg
前面窓だけはKATOのハジメちゃんより高い位置なんですけどね。
標識灯(テールライト)もクリアレッドを色挿ししています。
e0354030_18584657.jpg
電暖表示灯も識別色で色挿ししておきました。
肝腎の足回りですが、現行品もすぐに崩壊、と言う状況ではないので、少し手を入れてみます。
何年持つかは不明ですが。

e0354030_19164582.jpg
別件、スカ色と新潟色の鉄コレ70系も全車カプラーを羽子板工法でKATO Bタイプに交換しました。
これはまだ施工前です。
これで鉄コレ国鉄車両のカプラー交換は完了ですが、京急のクルマがまだ少し残っているかも知れません。

来週はいよいよC59が来ます。
再来週には京急2100形、基本だけ。
そしてKATOからC11リニューアルが発表されましたね。
EF13、スハ32系、155系、C11、115系800番台・・・来年も財布の中身とのせめぎ合いが続きそうです。
155系、増結4輌だけ買ってアッシーで動力化すれば10kほどでできると思ったら、増結はT-M'-M-Tcなんですね。
編成になりません。
でも基本8輌20kは厳しいです。
[PR]

by nari_masa | 2015-12-19 22:08 | 旧型電関(N) | Comments(8)
2015年 12月 15日

鉄コレ流電の中間カプラー交換

e0354030_22104552.jpg
いよいよネタも尽きてきましたが、鉄コレ・クモハ52系、流電編成の中間カプラーをカトカプN JP-Bに交換しました。
これは以前にカプラー交換した東武6000系のFS台車を仮に付けてみたものです。
e0354030_22105191.jpg
元は密連型Aを使っていたのですが、片方にスペーサーを入れてカプラーの位置を少しずらさないと車間距離がうまく合いませんでした。
e0354030_2211243.jpg
そこで、以前にがおう☆さんに教えて戴いた「羽子板方式」(そんな名前ではなかったような気がしますが・・・)でカトカプBタイプを取り付けました。
e0354030_22105625.jpg
この方式のいいところは車間距離が自由に調整できることです。
カプラーはハメコミで止まっているだけですので。
国電にナックル?と思われるでしょうが、どのみちKATOのは密連型と言っても「旧国に電連?」ですからね。
ナックル形でもジャンパーホースが目立つので、カプラー自体はあまり見えないからいいのです。
e0354030_2211755.jpg
場所によってはもう少し高さ調整をしたいところもありますが、とりあえず流電8輌、12ヶ所の中間カプラー交換が完了しました。
明日は残った鉄コレの70系でも(^^)
[PR]

by nari_masa | 2015-12-15 22:23 | 旧型国電(N) | Comments(5)
2015年 12月 14日

鉄コレ流電の前照灯交換

e0354030_2144455.jpg
鉄コレ流電クモハ52の前照灯をKATOのクモハ52用に交換しました。
e0354030_21441028.jpg
一番右の少し大きいものが鉄コレオリジナル、灰色がクモハ53用、青がクモハ52用です。
e0354030_21441536.jpg
これが交換前です。
e0354030_21442172.jpg
鉄コレとしては別パーツで頑張ったとは思うのですが、少しごつくてかなり下向きなんです。
e0354030_21442738.jpg
以前に1輌だけ電飾した張り上げ屋根クモハ52003です。
この時はクモハ53用しかなかったので、灰色を付けましたが・・・
e0354030_21443372.jpg
今回青色に交換しました。
e0354030_21443952.jpg
その他の車輌も交換しましたが、実車の画像を見ると前照灯の塗装が青色なのはクモハ52003だけのようです。
ま、もうやってしまいましたので、あとで気になったら灰色で塗ります。
実は微妙に大きさが違い、この取付穴にクモハ53用を入れると緩すぎます。
e0354030_21444447.jpg
とりあえず全車こんな感じで。クモハ52003以外は電飾していませんが、この前照灯なのでいつでもできます。
e0354030_21444860.jpg
走行画像はなかなかピントが合いませんでした。
e0354030_21445342.jpg
4輌とも流電の全電動車編成(^^)
これのカプラーポケットも暇をみてがおう☆さん方式に交換しようかと思います。
[PR]

by nari_masa | 2015-12-14 22:01 | 旧型国電(N) | Comments(6)
2015年 12月 12日

TOMIX ED61(茶) 整備完工

e0354030_18502415.jpg
当廠の時の狭間に埋もれた電機、TOMIX ED61の整備が完工しました。
e0354030_1858714.jpg
当廠標準整備ですから、あまり目立たないように施工したのですが・・・
誘導員手すり、解放テコの別体化とぶどう色2号で塗装、スカート裏の厚みの削り込みとニュートラルグレー塗装、ホース類の取り付けと色挿し、パンタグラフのライトガンメタル塗装と色挿し、動力ユニット側面を機内色塗装、前照灯のきらめきライト化、コンデンサー組み込み、トラクションタイヤを両端に移設、などです。
e0354030_18503033.jpg
茶色い新型電機が歓迎会。
右は直系の弟分、EF60(TOMIX)です。
e0354030_18503571.jpg
右手前はマイクロEF61、右奥はED61の軸重軽減のために遊輪取り付け改造したED62(TOMIXの最新ロット)です。
e0354030_18504133.jpg
TOMIXの艶のあるぶどう色2号、いい色合いですね~。
H鉄道さんのED61を整備した時に魅せられてしまいました。
e0354030_18504739.jpg
マイクロEF61と。
このEF61もスカート端面のプラの厚みを削ってあります。
e0354030_18505357.jpg
さっそく旧客牽引。
車内はダイカストブロックみっしりですから牽引力は十分すぎます。
さて、このあとKATO C59入廠まで何しましょう?
また鉄コレのカプラー交換作業に戻りましょうか。
その前に、明日は障子の張り替え作業だそうです(^^)
[PR]

by nari_masa | 2015-12-12 19:19 | 新型電機(N) | Comments(8)