新湘南電鐵 横濱工廠2 archive

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 30日

ED14 色入れと2輌目&動力ユニット入廠、動力分解

e0354030_2133767.jpg
昨日の横浜は好天に恵まれたので、鉄コレED14(T車)の色入れを行ないました。
前面窓の平滑性はちょっと残念ですが、とりあえずこのままにします。
e0354030_2134319.jpg
デッキ手摺りにぶどう色2号、台車枠やデッキ踏み板、ステップ、端梁にジャーマングレー、標識灯にクリアレッドなどです。
鉄コレはプラスチック地肌部分が多く、それが玩具っぽさを感じさせますので、できるだけ塗装してやると鉄コレ臭さが消えてきます。
e0354030_2134815.jpg
パンタグラフはKATOのPS14に置き換えました。
これは汎用製品ではなく、EF56-EF10用アッシーパーツですので四隅に取付穴を明けています。
e0354030_2135493.jpg
KATO ED19で牽引。
e0354030_214079.jpg
そうこうしているうちに、本日動力ユニットと正規(?)のED14が入廠しました。
e0354030_214671.jpg
パタパタと組み上げたのがこれです。
室内にウェイトの銀が目立ちますし、車輪はスポーク表現がありません。
台車枠やデッキ手すりは塗装しないとこんな色です。
e0354030_2141514.jpg
こちらが塗装済のT車です。
e0354030_2142031.jpg
さて、いきなり動力ユニットの分解です。
この分解癖、何とかなりませんかね~?(^^;;
e0354030_2143043.jpg
モーターです。
両軸でウォーム直付けでした。
白いのはグリスのようです。
中華製ですが、マイクロのような中華グリスでなくてよかったです。
e0354030_2143740.jpg
動力台車の内側フレームは製品についているものとほぼ同じ形をしています。
但し、こちらは多分、耐摩耗性のある材質だと思います。
e0354030_2144314.jpg
更に分解。
e0354030_2144869.jpg
ノッペラボーの車輪をマイクロ製に交換してみたのですが、軸穴の寸法が合わず、取り付けられませんでした。
ギヤの大きさも違うので全交換もできません。
ここは一旦諦めて元通りにしました。
輪心部分を塗り潰すしかないですかね。
e0354030_2145522.jpg
重連走行。
走らせてしまえばあまり気になりませんね。
e0354030_215193.jpg
ナンバープレートがED141しかないので、M車は未装着です。
金色のインレタがあれば1の上から「4」でも貼るんですけどね。
銀のインレタでは違和感が出そうです。
さて、あとは電飾をしようと思います。
[PR]

by nari_masa | 2015-11-30 21:32 | 旧型電関(N) | Comments(2)
2015年 11月 29日

匍匐前進(2) EF13ライト交換工事 完工

e0354030_1794586.jpg
あれこれの合間に少しずつ進めていた、H鉄道様よりお預かりした機関車の前照灯交換工事、トップバッターのEF13が完工しました。
e0354030_1795141.jpg
動力は新型の6軸駆動で特段異音もありませんでしたので基本的に手を入れていません。
ずれやすい集電バネの接着固定、アセテートテープでライトユニットの振動防止、コクピット色で室内塗装を行なっておきました。
ライトユニットは電球色LEDなのでそのまま使用しました。
e0354030_1795694.jpg
上から。
カマボコライトよりはマシ35ですかね~?
e0354030_1710217.jpg
来年春のKATO製とは比較にならないでしょうが、旧型電機はマイクロ製も味があっていいです。
実機は終戦直後の製作(EF58旧型車体を譲り受け)なので外板なんかヘロヘロですから、このくらいが丁度良い?
今出されても買えないですけどね(^^;;
[PR]

by nari_masa | 2015-11-29 17:22 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2015年 11月 28日

ED14 T車化

e0354030_18403497.jpg
昨日入廠した鉄コレED14のT車走行化工事、続きを行ないました。
e0354030_18404018.jpg
台車ですが、付属のダミーカプラーとポケットは使えないので動力ユニットやTT03などに付属しているカプラーポケットとKATOの車間短縮ナックル(赤丸印)を使いました。
e0354030_18404676.jpg
思い切りボケましたが、こんな風に取り付けます。
e0354030_1840528.jpg
端梁部品を元に戻しますが、しっかり固定しないのでゴム系で止めたほうが良さそうです。
但し、車体に組み込んでしまえば抜けることはありません。
e0354030_18405793.jpg
鉛でウェイトを作りました。
e0354030_1841540.jpg
車輪をマイクロエースの旧型機関車の動輪に交換しました。
古い製品のEF16の動輪が黒染めされていなかったので、EF16を黒染めにして捻出した銀車輪をこちらのED14に取り付けました。
e0354030_18411085.jpg
走行画像はなかなかシャープに決まりません(^^;;
e0354030_1841166.jpg
まあ、何枚か載せておきます。
やっぱりスポーク車輪がいいですね~。
正規動力はスポーク車輪ではないらしいので、どうしたもんでしょう?
e0354030_18412730.jpg
正規の動力は月曜日の到着になります。
それまでは他の機関車で推進させて遊んでおきます。
[PR]

by nari_masa | 2015-11-28 18:52 | 旧型電関(N) | Comments(0)
2015年 11月 27日

フライング・・・入廠 鉄コレ ED14

e0354030_2143716.jpg
昨日発売された鉄コレ ED14です。
早速走行・・・なんですが・・・車輪が変?
動力も入っていません。
e0354030_21431359.jpg
実はこれ、フライング東上ならぬフライング入廠なんです。
というのは、動力ユニットと一緒に正規にJ社さんに予約したものは本日夕方発送、入手は来週月曜日になります。
ところがそこは堪え性の無い爺さん、退勤時に横浜駅でふらふらっと途中下車して、IM〇Nさんでもう1輌買ってきてしまった、というわけです。
しかも、どうせ2輌になるなら近鉄(おうてつ)塗装を買えばいいのに、両方とも茶色にしてしまいました。
e0354030_21431849.jpg
同時購入はこれです。
鉄コレ クモハ52の前照灯を交換します。
でも高い(^^;;
e0354030_214324100.jpg
ED14、箱から取り出した状態はこんな感じです。
デッキはユーザー取り付けで、この辺は東武5060あたりと同じです。
e0354030_21433115.jpg
デッキとナンバープレートを取り付けて、パンタグラフをPS14にしてみました。
こちらはKATOのPS14、黒鉄色で塗装してあったものです。
e0354030_21433810.jpg
こちらは富技さん推奨品のTOMIX PS14です。
その昔、TOMIXが出していたEF58に装着されていたという年代物です。
シューの形状が今一つですかね。
確かライトガンメタルで塗った・・・はず(^^)
e0354030_21434319.jpg
KATOはピンが緩く、うまく固定できないので、とりあえず両方TOMIXにしました。
e0354030_21434947.jpg
鉄コレとしてはなかなかだと思います。
茶色が2輌でもナンバー換えればいいや、と思っていたのですが、付属しているナンバープレートはED141しかついていませんでした。
またワールドSCさんにでも頼んでみましょうか。
e0354030_21435484.jpg
台車です。
プラスチックでできていますが、動力化を考慮したような構成です。
通電用の銅板が通るスリットや車軸ギアの逃がしもあります。
床板の方にもモーターを載せるモールドがありました。
e0354030_214402.jpg
車輪がプラですので、片側だけマイクロエースの旧型機関車から発生した金属車輪に換えてみました。
例のダイカストブロックが崩壊したヤツです。
カプラーもとりあえずKATOナックルを無理やり取り付けました。
これは後できちんと直します。
e0354030_214463.jpg
左が金属車輪、右がオリジナルのプラ車輪です。
この状態で走れますので、同じ鉄コレの東武ED5060で推進してみました。
e0354030_2144144.jpg
ウェイトも積んでいませんが、とりあえず走ります。
本日はこれで終わってしまいました(^^)
[PR]

by nari_masa | 2015-11-27 22:15 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2015年 11月 26日

匍匐前進(1) EF13ライト交換工事

e0354030_22124239.jpg
H鉄道様からお預かりした機関車の前照灯交換工事を始めました。
まずはEF13から。
奥は当廠のEF13です。
e0354030_22124897.jpg
元のカマボコライトを切り取ってKATOの前照灯を組み込む穴を拡げていきます。
こちらはもう少しです。
e0354030_22125412.jpg
反対側もここまできました。
今ちょっと取り付けるライトの塗装ができないので組み込みはもう少し先になります。
しばらく匍匐前進が続きます。

鉄コレED14は多分週明けに入手できそうです。
[PR]

by nari_masa | 2015-11-26 22:22 | 旧型電関(N) | Comments(4)
2015年 11月 24日

TOMIX ED61入廠

e0354030_20591439.jpg
本日の入廠車輌です。
いえいえ、H鉄道様からの整備車輌ではありません。
当廠所属機なんです。
e0354030_20592050.jpg
先日、H鉄道様のED61のスプリングウォームを調整しましたが、その時にこの塗色にヤラれてしまいました。
それ以来、中古を探していたのですが、手頃なものが見つかりまして、めでたく入廠となりました。
車輪に走行痕無しのほぼ新品2kです。
e0354030_20592789.jpg
早速走行。
やはりライトが暗いですね。
走行音は高速だとさすがにノイジーですが、低速は比較的静かに走ります。
e0354030_20593353.jpg
ED62も引っ張り出しました。
こちらはフラホ付き動力、誘導員手すり・解放テコ別体のリニューアル品です。
でも茶色のED61はリニューアルされそうもないので、スプリングウォームとお付き合いすることにします。
e0354030_20593910.jpg
まずはカプラーをKATOのかもめナックルに交換しました。
ED62はフライホイール搭載のため走行特性が多少違いますが、何とか協調して走れます。
このED61はあちこち手を入れていきますが、大改造にはならないのでのんびりと進めましょう。
[PR]

by nari_masa | 2015-11-24 21:18 | 新型電機(N) | Comments(4)
2015年 11月 23日

マイクロエースEF62走行音静粛化

e0354030_1095841.jpg
H鉄道様からお預かりしているマイクロエースのEF62です。
誘導員手すり、カプラー解放テコ、ジャンパーホース類はH鉄道様のカスタマイズです。
e0354030_9571790.jpg
走行音が大きくてDF62になっているとのことで、静粛化工事を実施しました。
e0354030_9572970.jpg
ライトユニットが白色チップLEDにカスタマイズされています。
e0354030_9573416.jpg
電飾を破損しないようにモーターを取り外し、軸ラップ、給油後に再組み付けしました。
やったのはそれだけです。
当廠のEF70と同じタイプの動力ユニットなのですが、概ねそれと同等の走行音になりました。
結果は動画で。
例によってぐるぐる動画ですが(^^;;

[PR]

by nari_masa | 2015-11-23 10:12 | 新型電機(N) | Comments(8)
2015年 11月 21日

Bトレ(9) 上信デキを弄ぶ 電飾・完工

e0354030_18202441.jpg
あちこち迷走したためだいぶかかりましたが、Bトレ上信デキ2、完工しました。
電飾はいつものきらめきライトで片側だけですが、工法は少し変えました。
e0354030_18203026.jpg
前面運転窓透明パーツに前照灯の透明モールドがついていますが、その裏側に細い穴が途中まで明いています。
この穴をガイドにドリルでφ1mmまで拡げました。
ここにφ1の光ファイバーを挿し込んで電飾しようという魂胆です。
e0354030_18203518.jpg
結局、前面窓はポリカ板ではなく製品の透明パーツを使いましたが、その分鉛キャラメルが小さくなり、わずかに軽くなってしまいました。
こちらが電飾する側。
そのままでは光が前面窓に回ってしまうので切り離し、遮光のために断面を黒く塗り潰しました。
e0354030_1820401.jpg
こちらは電飾をしない側です。
補重スペース確保のために屋根板と結合するダボの部分を切り取り、ペーパーとコンパウンドで透明度を回復させています。
e0354030_18204514.jpg
電飾する側の前照灯の穴にいつものきらめきライトのホイル包み焼きを押し込みます。
e0354030_18205199.jpg
更に遮光と固定を兼ねてアセテートテープで屋根板に止めます。
e0354030_18205654.jpg
動力ユニットには銅板製の通電板を左右に取り付けました。
きらめきライトの導線をこれに絡ませて通電させます。
e0354030_1821164.jpg
あちこち調整したため、最終的な重量は51gとなりました。
e0354030_1821610.jpg
ツヤ有り塗装も重厚感があってなかなかいいですね。
e0354030_18211139.jpg
やはり粘着シールはアップではつらいです。
インレタかデカールが欲しいですね。
社名は上信電鉄でなく、保存車輌の「上信電氣鐵道」を使いましたが、あちこち保存機とは異なります。
e0354030_18211725.jpg
パンタグラフはTOMIXのPS13、無線アンテナはGMの手持ちパーツを取り付けました。
e0354030_18212956.jpg
碍子はGSIのシャイニングホワイトで塗りました。
この辺は前回品に合わせています。
e0354030_18213526.jpg
ブレーキホース取り付けと誘導員手摺りの塗装。
この手摺りは金属製の別パーツにしたほうが良さそうです。
まあBトレなのでこれはこのままで(^^;;
e0354030_18214125.jpg
3輌目の上信デキ、完工です。
e0354030_1821489.jpg
実車のデキ2は静態保存になってしまいましたので、今はもう実車ではできない夢の三重連。
せめて模型では実現してしまいましょう。
右からデキ2、デキ1、デキ3です。
デキ3は電飾してありますから、これでどちらに走らせても前照灯が点灯できます(^^)
e0354030_18215494.jpg
おまけの静止画像。
[PR]

by nari_masa | 2015-11-21 18:51 | 凸形電機(N) | Comments(2)
2015年 11月 20日

Bトレ(8) 上信デキを弄ぶ 運転室の組み上げ 補重50g突破

e0354030_22341253.jpg
そろそろ飽きてきましたが、運転台を組み上げて一応形になりました。
屋根と運転台前面妻板は取り外し可能です。
e0354030_22341795.jpg
屋根と前面妻板を接着しました。
使ったのはABS用接着剤です。
これは乾きが遅いので、ゆっくり位置決めができます。
e0354030_22342341.jpg
そして鉛キャラメル。
あまりおいしそうではありません。
って、食べたら毒ですよ!
e0354030_22342940.jpg
鉛キャラメルはこんなふうにはめ込みます。
e0354030_22343472.jpg
屋根を載せて測定すると52gでした。
デキ3と同じ重さです。
重戦車2号(^^)
だいたいこの辺がこの凸電の補重の上限のようです。
e0354030_22344230.jpg
屋根と前面、けっこうしっかり嵌め込めるんですよ。
でも鉛キャラメルを入れるために運転窓は分厚いプラ部品が入らなくなってしまいました。
ここは後でポリカ板を嵌め込みましょう。
e0354030_223447100.jpg
パンタグラフは結局、屋根に穴を明けてTOMIXのPS13を取り付けました。
e0354030_22345396.jpg
トータンさん、ちゃんと走りますよ~。
結局、動力はDD51から強奪したものを使いました。
e0354030_2235881.jpg
さて本日届いた大きなつづら。
何が入っているのでしょう?
妖怪?おばけ?
小さなつづらを選んだ方が良かったでしょうか?
e0354030_22351456.jpg
中身はこれでした。
茶色いヤツらです。
H鉄道様からの預かり品で、かまぼこライトの交換をします。
さすがに5輌10個の交換なので、一気には難しそうです。
おいおいやりますね~(^^;;
e0354030_22352128.jpg
ちょっと引っ張り出してみました。
ありゃりゃ、EF軍団のあまりの迫力に凸電たちが蹴散らされてしまいました~(^^)
[PR]

by nari_masa | 2015-11-20 22:50 | 凸形電機(N) | Comments(4)
2015年 11月 19日

Bトレ(7) 上信デキを弄ぶ 補重 誰だ?35gなんて言ったのは?

e0354030_22222163.jpg
既に46gあります。
このあと運転室内にも鉛を積みますので、ほぼ50g超えるでしょう。
35gくらい?プラ部品使う?嘘ばっかり(^^;;;
e0354030_22222780.jpg
いえいえ、最初はそのつもりだったのです。
まずは昨日失敗したプラパイプを撤去します。
いきなり真ん中で切ると車体を押し拡げて接着が外れる恐れがありますから、ニッパーで慎重に斜めにカットしていきます。
e0354030_22223318.jpg
2つに分かれたところで車体側板から抜きます。
e0354030_22224077.jpg
透明プラ部品を切り分けて・・・
e0354030_22224577.jpg
動力のストッパーになる部分だけ嵌め込みました。
ええ、ここまではやったんです、ここまでは。
がおう☆さん、プラスチックは透明が一番硬く、割れやすいんですよ~。
うちではかなり余裕を残してニッパーで切断し、そこからニッパーとナイフとヤスリで所定の寸法まで仕上げております。
e0354030_2222514.jpg
でも、この広大な補重空間を目の当たりにして、これをわざわざプラで狭めるなんて、ねぇ(^^)
e0354030_2222574.jpg
はい、結局こうなりました。
重戦車その2、一丁上がり~。

明日は運転室の細工をします。
補重用の鉛キャラメルとか、電飾など。
そのあと屋根上のパーツ(碍子やアンテナ)を塗装してシールを貼れば完成が見えてきます。

追伸
明日から何やら怒濤の入廠車輌があるようで・・・
いえいえ、鉄コレED14はまだですよ。
でも主に茶色いヤツらみたいです。
[PR]

by nari_masa | 2015-11-19 22:35 | 凸形電機(N) | Comments(6)