カテゴリ:ヨンパチ航空機( 18 )


2017年 01月 10日

九六式四号艦戦、完成

e0354030_189442.jpg
夏ごろから鉄道模型の合間に弄ってきたファインモールドの1/48航空機、九六式四号艦戦、デカールを貼って一応カタチになりました。
素組みそのもので何の芸もなく、合わせ目消しも墨入れもデカールのトリミングも行なっていない駄作もいい所ですが、放っておくといつまでも完成しないので(^^;;;
e0354030_1894927.jpg
やっぱりちゃんと墨入れしないとメリハリがないですね。
そのうち気が向いたらやるかも知れませんが、失敗を恐れてやらない確率の方が高いです。
e0354030_1895533.jpg
コクピットの中はフラッシュ焚かないと見えません。
風防の枠はガイアノーツのマーカー、ペベオの銀で塗りました。
エナメル系なので、はみ出したらエナメル溶剤を含ませた爪楊枝でつついて溶かし、綿棒でこすると落とせます。
e0354030_1810021.jpg
フラップは開状態にしました。
実機ではこういうものはデリケートなので開きっぱなしにすることはないと思いますが、開閉選べるモデルでしたので。
e0354030_181058.jpg
左が今回のモデル、右は同じ九六式四号艦戦ですが、かなり以前にクラシックエアフレーム製の簡易インジェクションキットを組んだものです。
デカールだけ無駄に凄い(^^)
e0354030_1810111.jpg
この飛行機の試作機である九試単戦と。
いわばA5Mシリーズの最初と最後です。
やっぱりヒコーキモデルは門外漢ですね(^^;;;
おそまつ

良く見ると九試単戦はプロペラの捻りが逆なんですね。
[PR]

by nari_masa | 2017-01-10 18:28 | ヨンパチ航空機 | Comments(2)
2016年 12月 14日

九六式四号艦戦その4 機体塗装中

ここまで
飛行機作ってます。九六式四号艦戦その1
九六式四号艦戦その2 機体の組み上げ
九六式四号艦戦その3 エンジンの組み立てと塗装
e0354030_21484016.jpg
暫く更新をサボっておりましたが、飛行機の機体塗装を行なっておりました。
水性塗料を薄めたものを塗っては乾かし塗っては乾かしで、記事にしても何の進展も感じられませんでしたので(^^)
これで5回くらい塗り重ねましたが、あと1~2回というところまで来ました。
e0354030_21484062.jpg
このあとは尾翼を赤で塗ると塗装は完了になります。
それからデカール貼りです。
e0354030_21484147.jpg

ところで、明日は東武の事業者限定鉄コレ、1700系の一般販売開始日です。
東武商事の通販でも買えますが、鉄コレですので一応現物を確認して買うために浅草まで出撃してきます(^^)
そちらの整備作業が先になりそうです。

で、今年末の京急の事業者限定鉄コレは前面貫通形の1000形800番台だそうです。
鉄コレが登場間もない新型車を模型化するとは驚きですが、もう売れるネタがなくなってしまったのかも知れません。
[PR]

by nari_masa | 2016-12-14 21:48 | ヨンパチ航空機 | Comments(2)
2016年 12月 05日

九六式四号艦戦その3 エンジンの組み立てと塗装

ここまで
飛行機作ってます。九六式四号艦戦その1
九六式四号艦戦その2 機体の組み上げ
e0354030_17541486.jpg
KATO 80系の入廠整備をしながら、一方で九六艦戦も作っております。
キューロク蒸機と九六艦戦なら語呂がいいんですけどね(^^)
機体に続いてエンジンとカウリングを組み立てました。
ここまでくると飛行機の形になります。
e0354030_17541953.jpg
エンジンの組み立てです。
プロペラ軸はφ2でしたのでφ2ドリルを挿し込んで持ち手にしています。
こちらが前面側。
バルブのプッシュロッドと吸気口が見えます。
e0354030_17544045.jpg
こちらが背面側です。
吸気管と排気管が見えます。
塗装色はいつものパンタグラフ色トリオ、黒鉄色、ライトガンメタル、焼鉄色です(^^)
カウリングは裏側を黒で塗り潰してからエンジンに接着しました。
e0354030_1754884.jpg
カウリングの塗装中です。
九六艦戦のカウリングは黒らしいのですが、当方の好みでカウリングブルーを塗っています。
これで2回目の塗装が終わったところ。
あと1~2回塗ります。
[PR]

by nari_masa | 2016-12-05 18:07 | ヨンパチ航空機 | Comments(2)
2016年 12月 01日

九六式四号艦戦その2 機体の組み上げ

前回
飛行機作ってます。九六式四号艦戦その1

e0354030_18533053.jpg
早くも今日で12月、今年も残すところあとわずか1ヶ月になってしまいました。
「今年も残すところあとわずか11ヶ月と30日」などと冗談を言っていたのがつい先日のことのようです。
さて、ファインモールドの1/48九六式四号艦戦、機体を組み上げました。
e0354030_18533525.jpg
固定式の主脚も取り付けた状態で塗装に入ります。
e0354030_18534053.jpg
ファインモールド最新のキットだけあってパーツの合いは抜群でした。
ほとんど摺り合わせをしていませんが、隙間は全くと言っていいほどありません。
e0354030_18534522.jpg
エンジンとプロペラも別体で塗装中です。
e0354030_18535085.jpg
これから機体の塗装ですが、水性塗料を手塗りで薄塗りを繰り返しますのでかなり時間がかかります。
KATO 80系の整備と並行して毎日少しずつ塗っていきます。

そのKATO 80系リニューアル品ですが、J社さんからの連絡では明日到着する模様です。
当廠では4輌編成のみの導入ですが、旧製品の中間車4輌と連結してサロ85を含む8輌編成を組成できるようにします。
整備メニューとしては、まずはカプラーを交換してR177通過可能化、車内電飾、運行番号の点灯化と言ったところでしょうか。
先日のガイアノーツ・ペベオのカッパーをPS13パンタグラフのシュースライダーに塗るのも忘れてはなりませんね。
[PR]

by nari_masa | 2016-12-01 19:12 | ヨンパチ航空機 | Comments(2)
2016年 11月 30日

飛行機作ってます。九六式四号艦戦その1

e0354030_1922798.jpg
間もなくKATO80系が到着しようか、というタイミングですが、ちょっと作りかけの飛行機を作っております。
夏に入手したファインモールドの九六式四号艦上戦闘機です。
前作の九試単戦が完成したところで鉄道模型に戻っていたのですが、80系到着前に行けるところまで作ることにしました。
相変わらずの素組みですが、操縦席ができました。
e0354030_19221773.jpg
計器盤はこんな感じで。
1/150の鉄道模型に較べれば飛行機は1/48なので大きくて楽そうですが、なかなかそう簡単にはいかないです(^^;;
計器の枠はドライブラシですが、タミヤのエナメル系ペイントマーカー、クロームシルバーを使いました。
e0354030_19222299.jpg
主翼上面に床板が表現された珍しい構成ですね。
e0354030_19222833.jpg
胴体左右を接着して乾燥待ちです。
今日はここまでです。
[PR]

by nari_masa | 2016-11-30 19:32 | ヨンパチ航空機 | Comments(0)
2016年 08月 08日

九試単戦 完工

e0354030_1747185.jpg
1/48航空機、九試単座戦闘機が完工しました。
ここまでの工程は
ヒコーキ作り、着手
ヒコーキ作り コクピット組立
ヒコーキ作り レシプロエンジン
ヒコーキ作り 九試単戦 機体の組み立て
ヒコーキ制作 九試単戦のパテ埋め
ヒコーキ製作 九試単戦 塗装前
ヒコーキ塗装中
ヒコーキ塗装中その2
ヒコーキのデカール貼り
九試単戦スミ入れ、完成直前
いずれも真面目に工程を撮っていませんので、あまり参考になりませんし、それでなくてもキットをただ素組みして色を塗りたくっただけですので(^^)
e0354030_17473287.jpg
キャノピーは下地に機内色を塗った方が透けなくて良かったですね~。
あらら、翼の付け根のエナメル拭き取りが足りませんね(^^;;
e0354030_17474249.jpg
離陸~
e0354030_17473770.jpg
尻尾を上げてあります。
e0354030_1747478.jpg
尾翼周り。
e0354030_17475254.jpg
胴体。中央翼下面。
ここももう少し綺麗に拭った方がいいかも。
e0354030_17475751.jpg
外翼下面。
e0354030_1748291.jpg
尾翼下面と尾輪です。
基本は全部筆による手塗りで、エンジン回りの黒鉄色と最後のトップコートだけスプレーを使いました。

さて、このまま九六艦戦に行くか、鉄道模型をひとつ挟むか、ちょっと考え中です。
そう言えばもう1機、紫電も仕掛かり中でした(^^)
[PR]

by nari_masa | 2016-08-08 18:01 | ヨンパチ航空機 | Comments(2)
2016年 08月 07日

九試単戦スミ入れ、完成直前

e0354030_19164175.jpg
九試単戦、仕上げ工程です。
機体に半ツヤのトップコートを吹いてからエナメルで墨入れしました。
色は黒では極端なのでタミヤエナメルのスカイグレイに少し黒を足したグレーです。
これで全てのパーツを取り付けましたが、完成直前というのはキャノピー(風防)の枠が未塗装なんです。
これを機体色で塗って接着すれば完成となります。
でも、また何回か色を重ねるので、完成は明日か明後日でしょうか。
e0354030_19164623.jpg
逆ガル翼もうまく表現されています。
でもこの形は試作1号機だけだったそうです。
プロペラの赤い2本線もデカール表現にしました。
e0354030_1916526.jpg
離陸直前、ですかね?
マイクロモーターを仕込めばプロペラ回せますね。
e0354030_1916571.jpg
何も足さない、何も引かない、ほんとにキットの素組みです。
でも飛行機は素人なので、それでいいんです。
メーカーの考証能力を超える知識などあるはずもありません(^^;;;

飛行機ばかりだとそろそろ鉄分が不足して貧血になってきましたね~。
このままでは8月は鉄道車輌の入廠はありません(GMの新動力は来るかもですが)。
現在予約中はTOMIXの167系、マイクロのE10だけです。
やはりここは一発衝動買いあるのみでしょうか(^o^)
[PR]

by nari_masa | 2016-08-07 19:35 | ヨンパチ航空機 | Comments(2)
2016年 08月 06日

ヒコーキのデカール貼り

e0354030_20534067.jpg
九試単戦、機体の塗装が概ね完了したのでデカールを貼りました。
この飛行機は試作機のため機体番号等がないので簡単に終わります。
e0354030_20534578.jpg
デカールはキットに付属のものをマークセッターとマークソフターを使って貼りました。
e0354030_20535177.jpg
尾翼周りはデカールがないので一足先にトップコートを吹き、尾輪に銀とタイヤブラックで色挿しをしました。
明日は天気が良ければ機体全体にトップコートを吹きます。
[PR]

by nari_masa | 2016-08-06 20:58 | ヨンパチ航空機 | Comments(0)
2016年 08月 04日

ヒコーキ塗装中その2

e0354030_18594862.jpg
九試単戦、機体の塗装を続けています。
尾翼と主翼端にマスキングして、尾翼は赤で、主翼端は黒で塗っています。
e0354030_18595357.jpg
塗り方は機体と同じ、薄めた水性塗料を筆で何度も繰り返し塗ります。
この頃の海軍機の尾翼が赤塗装なのは、海に不時着水した時に重いエンジンが水に沈み、上に上がった尾翼が赤いと発見しやすかったから、だそうです。
どこかの雑誌にそう書いてあったのですが、もちろん事実は知りません(^^;;;
e0354030_18595834.jpg
翼端は塗り始めたところですが、黒なので比較的早く塗り終わるでしょう。
これが終わると主な塗装は完了、デカール貼りに移ります。
翼端灯などの色挿しはそのあと、トップコートを吹いてからです。

話変わって、グリーンマックスのコアレスモーター付き新型動力ユニットがお盆休み中に発売になるようです。
入手は盆明けでしょうか。
[PR]

by nari_masa | 2016-08-04 19:10 | ヨンパチ航空機 | Comments(2)
2016年 08月 02日

ヒコーキ塗装中

e0354030_18111839.jpg
今年もはや8月に入ってしまいました。
関東は梅雨明けと言いながらスッキリしない天気が続いておりますが、明後日くらいからは夏空に戻るという予報ですね。
昨日は地震警報の誤報で帰宅時の電車が遅れました。
ちょうど駅に停車中だったので発車できないだけでしたが、走行中に本当に大地震が来たら怖いです。
さて、165系の整備も一段落したところで飛行機の方の進捗報告ですが、九試単戦の機体塗装を継続中です。
筆で手塗りなので塗っては乾かし、を繰り返すため、かなり時間がかかっています。
e0354030_18112426.jpg
タミヤのアクリル明灰緑色をシンナーで3倍以上、しゃぶしゃぶに薄めたものを筆で塗っていきます。
e0354030_1811299.jpg
1回目はこんな状態。
マダラになりますが、気にせず乾燥させて2回目を塗ります。
翼のような広い面積の塗装は筆の運びを前回と直角方向にします。
e0354030_18113551.jpg
5~6回塗り重ねた状態です。
胴体は概ねこれくらいでいいかな、と思いますが、翼面は少し斑が残っています。
翼くんだけもう1~2回塗りましょうか。
e0354030_18114199.jpg
エンジンは両面テープで貼り付けてあるだけです(^^;;;
カウリングはGSIのカウリング色で、これは暗色なので筆で3回くらいの重ね塗りで良さそうです。
エンジンのシリンダーブロックは黒鉄色、バルブロッドはライトガンメタルでスプレーしました。
名前を知らないのですが、エンジンの中心部分のキャップは明灰緑色を塗ってからトップコート半ツヤを吹いてあります。
e0354030_18114683.jpg
排気管は焼鉄色、車輪はシルバーとタイヤブラックです。
e0354030_18115117.jpg
このあとマスキングしてから尾翼を赤で塗ります。
その後はデカールを貼って、トップコートを吹いて、墨入れをして、透明部品の風防を取り付けて完成となります。
作業室が暑いですし、飛行機は急がない(急ぐと失敗する)ので、のんびりと進めることにします。
[PR]

by nari_masa | 2016-08-02 18:38 | ヨンパチ航空機 | Comments(2)