新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:フリーランス(Bトレ含む)( 11 )


2016年 07月 16日

Bトレ 小田急3000形 走行動画

e0354030_2242941.jpg
まだ電飾していませんが、Bトレ小田急3000形のぐるぐる走行動画です。
やっぱり5輌ではサマになりませんかね(^^)

[PR]

by nari_masa | 2016-07-16 22:05 | フリーランス(Bトレ含む) | Comments(6)
2016年 07月 15日

Bトレ 小田急3000形SE車 動力化その3

e0354030_19542891.jpg
Bトレ小田急3000形の動力化が終わりました。
e0354030_1953588.jpg
バンダイBトレ動力タイプ3が安く入手できましたので、早速取り付けました。
e0354030_1954286.jpg
連接側は床板を切断します。
カプラーは外しましたがポケットはそのままです。
e0354030_1954776.jpg
先頭車に組み込みました。
e0354030_19542276.jpg
動力車以外は床下機器を取り付けてあります。
動力車にも小さなものが取り付けられそうです。
e0354030_19543427.jpg
あとは電飾なんですが、Bトレは前面パーツ全体が透明部品なので遮光がなかなか難しそうです。
多少漏れてもよしとして、やってみましょうか。
[PR]

by nari_masa | 2016-07-15 20:03 | フリーランス(Bトレ含む) | Comments(6)
2016年 07月 13日

Bトレ 小田急3000形SE車 動力化その2

e0354030_2022047.jpg
ヘビのオモチャです(^^)
e0354030_2022447.jpg
竹で出来たこういう玩具、ありましたね。
縁日の屋台なんかで売ってました(^^)
e0354030_2023059.jpg
動力ユニットはもう少し後になりますが、T台車が入手できたのでレリーフを取り付けて交換しました。
e0354030_2023526.jpg
輪芯を黒く塗り潰した方がよさそうです。
[PR]

by nari_masa | 2016-07-13 20:08 | フリーランス(Bトレ含む) | Comments(4)
2016年 07月 12日

Bトレ 小田急3000形SE車 動力化その1

e0354030_20204264.jpg
さて、Bトレ小田急3000形SE車の動力化その1です。
その1というのは、その2があるからです。
まずは組み込みが一番簡単なKATOの小型車両用動力ユニットを使ってみます。
元々の床板(真ん中)を外してKATO動力ユニット(下)を組み込みます。
これは京急Bトレから拝借したものです。
e0354030_20204896.jpg
基本的にはポン付けに近いのですが、連接部分の床板が隣の車輌に干渉しないように切り取っておきます。
連接車なのでカプラーは必要ないのですが、外さなくても問題ないのでそのままにします。
e0354030_20205225.jpg
この動力ユニットは片台車駆動ですが、説明書では動力台車を先頭側に取り付けるように指示されています。
でも連接側にした方が隣の車輌の重量もかかって踏ん張りが利くようなので、この向きに取り付けました。
e0354030_2020577.jpg
その他の車輌の中間台車はKATOの小型車両用台車を取り付けましたが、この台車はセンターピンが台車と一体で外れやすいのと、ピンが中央にないので少し前後にずれます。
e0354030_20213100.jpg
連結してみました。
これが動力台車で、台車のレリーフはDT32風味です。
e0354030_2021836.jpg
中間台車は左にずれています。
e0354030_20211727.jpg
走れるようになったら走らせてしまいましょう。
ウェイトは積んでいませんが、走行はスムーズです。
e0354030_2113162.jpg
こちらが非動力側先頭車。
先頭台車が後ろに寄っているのでLRTみたいですね(^^)
動力化その1は思ったより簡単にできました。
e0354030_20213915.jpg
さて動力化その2の準備(確認)作業です。
KATO動力(上)を外してバンダイの動力ユニットタイプ3(中央)を取り付けてみます。
この重厚な板台枠台車は上信デキ1のものです。
e0354030_20214539.jpg
こんな感じになります。
KATO動力よりホイールベースが長いので前後の台車が近接して見えますね。
次車がきちんと連結していないのは動力ユニットの床板を切断していないためです。
e0354030_20215654.jpg
走行は特段問題ありませんでした。
オリジナルの台車枠を使う場合はこの方式になります。
e0354030_2022213.jpg
左がBトレ、右が小田急電鉄(マイクロエース)の3000形です。
やはり正規Nゲージ車輌と較べては可哀想ですかね。
でもBトレも印象把握は悪くないと思います。
ただ旧塗装(登場時)の先頭車窓枠は銀色でなく車体色でした。
e0354030_2022815.jpg
3000形は連接車で1輌が短い印象があるのですが、Bトレと比較するとやはり長いです(^^)
概ねBトレ2輌が正規車輌1輌分ですね。
e0354030_20221426.jpg
このBトレは連接車なのでカーブ通過が自然です。
R317ですが、かなり大きなカーブを走行している感じがしますね。
やっぱり8輌編成化を考えたいです(^^)
でもまずは動力化その2をやりましょう。
動力ユニットは手配中です。
[PR]

by nari_masa | 2016-07-12 20:59 | フリーランス(Bトレ含む) | Comments(2)
2016年 07月 11日

Bトレ 小田急3000形SE車 入廠

e0354030_20403051.jpg
本日の入廠品です。
Bトレ 小田急3000形SE車。
2006年ごろの製品のようです。
先日購入した小田急電鉄(製造はマイクロエース)の3000形がR177を通過できなかったので、これなら走らせられるかと(^^)
e0354030_20403543.jpg
内容物です。
5輌分入っているので結構なボリュームがあります。
e0354030_20404085.jpg
説明書ですが、あまり分かりやすくないので、初めてBトレを組まれる方には少し理解しにくいかも知れません。
動力化の絵に付属の台車枠が描いてありますが、実際にはKATOの小型車両用(Bトレ用)動力が指定されています。
e0354030_20404797.jpg
台車とシャシーの組み立て。
e0354030_20405273.jpg
車体の組み立て。
e0354030_20405740.jpg
中間車は一部透明部品と屋根板の切断が必要です。
e0354030_2041388.jpg
パンタグラフはKATOのPS16-Bタイプを装着しました。
e0354030_2041774.jpg
台車はそのままBトレ用を使って車輪だけKATO中空軸にしてみました。
e0354030_20411187.jpg
台車枠も装着。
車輪は回転が悪いので手を入れないと走行できないようです。
e0354030_20411611.jpg
とりあえず5輌分、6個を組み上げました。
e0354030_20412399.jpg
先頭車を組み立てました。
Bトレなので塗装はちょっと微妙でしょうか(^^)
e0354030_20412986.jpg
全車組み上げて連結します。
e0354030_20413538.jpg
白線の高さがずれています。
ネット上で見かける画像はこうなっているものが多いですが、これは切断した屋根板の下辺高さが合っていない為です。
e0354030_20414723.jpg
まずは白線が一直線になるように屋根板を加工しましょう。
e0354030_21115350.jpg
こちらがパーツ本来の屋根板の形です。
e0354030_2112139.jpg
こちらが連結部を切断した側です。
屋根板の下辺に注目してください。
少し加工したのですが、これではまだ足りないようです。
e0354030_2112965.jpg
このくらいまで屋根板下辺を切削します。
e0354030_21122791.jpg
これでほぼ一直線になります。
e0354030_21123794.jpg
大丈夫そうです。
さて、動力化の方策を考えましょう。
KATOの小型動力が一番簡単なんですが、できればこの特徴的な台車枠を使いたいです。
[PR]

by nari_masa | 2016-07-11 21:23 | フリーランス(Bトレ含む) | Comments(6)
2015年 11月 01日

EB10走行動画と携帯カメラ

e0354030_1144166.jpg
11月に入ったとたんに、いい歳をしてちょっと中耳炎にかかってしまい、痛みはないのですが浸出液が出て気持ちが悪いです。
昨日は医者に行って安静にしていました。
e0354030_1141479.jpg
前回、流し撮り画像を掲載したところ、がおう☆さんから「ちゃんとしたカメラじゃないと、こういうカッコいいの撮れませんね~」というコメントを戴きました。
画像がカッコいいかどうかはともかく、この流し撮りを撮影したカメラをご紹介しましょう。
最近では使っていないのですが、前回の画像の半分くらい(画像がやや青みがかっているので判断できます)は、この第2世代携帯電話のカメラで撮影したものです。
e0354030_1142957.jpg
「Vodafone」のロゴが懐かしいですね~。
このケータイカメラ、珍しく接写機能がついていたのです。
e0354030_1143579.jpg
もう電池もないのですが、充電アダプターにつないでEB10を撮影してみました。
まずはEB1015。
今のコンデジに較べるとやや青みが強いです。
e0354030_1144166.jpg
EB101も撮ってみました。
このケータイカメラのいいところは2段シャッターではなくフォーカス固定なので、あらかじめピントの合う距離(接写だと10cm)で撮影すると比較的ピンボケが出にくいのです。
e0354030_1144758.jpg
動いている機関車と同じ速度でカメラを動かしますので、なかなかピシャっとした画像は撮れません。
この3枚を取るのに10枚くらい捨ててます(^^;;
e0354030_1145285.jpg
今使っているコンデジをケータイカメラで撮影しました。
この距離でないとボケます。
このコンデジは1cmの接写機能があるので静止画はいいのですが、流し撮りはやりにくいです。
e0354030_22501948.jpg
前回画像の上信デキ1はこちらのコンデジで撮影しています。

そろそろマンネリ化してますが、EB10 7輌で旧客12輌を牽いた走行動画を。
ハコ電は凸電ほどのインパクトはないですね~。
重連するとただの田舎電車が走っているみたいです(^^;;

[PR]

by nari_masa | 2015-11-01 11:33 | フリーランス(Bトレ含む) | Comments(2)
2015年 10月 29日

ハコ電の登坂性能と鉄コレ東武6050系カプラー交換

e0354030_2135357.jpg
ちょっと唐突なんですが、当廠に所属するBトレEB10、7輌を引っぱり出しました。
しばらく凸電が続いたので、こんどはハコ電というわけです。
やはりR177くらいになると小型車の方が似合います。
e0354030_214027.jpg
また塗料ビンで勾配を作って牽引力テストです。
前回と同じ50‰(5%)では単機で旧客4輌が限界でした。
この機関車は2軸のバンダイ製Bトレ動力でトラクションタイヤもありませんが、箱形車体は空きスペースがあるので鉛をかなり積み込んであります。
e0354030_214575.jpg
先日の50‰テストのときにぼち吉鉄道さんから3%も、と依頼されていたのを思い出しました。
700mmの3%は21mmですが、このエナメル塗料は約25mmですので、約3.5%(35‰)になります。
e0354030_2141159.jpg
これをファンシーケースの蓋に挟み込んでテストしてみましょう。
e0354030_2142925.jpg
35‰では単機で旧客5輌が牽けます。
直線が350mmしかないので、5輌以上牽いても最急勾配区間からはみ出してしまいます。
青濃淡塗装の機関車はEB101です。
もちろんこんな機関車はありませんから、機番は勝手に決めてます。
e0354030_2144079.jpg
赤灰塗装はEB103。
e0354030_2144552.jpg
緑濃淡塗装はEB104。
e0354030_214511.jpg
いずれも旧客5輌牽引しました。
e0354030_215514.jpg
茶色の高速試験機、EB1015です。
ナンバーが読み取れたら流し撮り成功(^^)
e0354030_2151187.jpg
暗色の車輌の方がピントが合いやすいようですが、どうしてでしょうね?
この機関車はKATOチビ凸動力で、やはり旧客5輌を楽に牽き上げます。
性能的にはバンダイ動力とほぼ同じで、協調もできます。
KATOの設計は約35年前と古いのですが、バンダイ製も意外と頑張ってますね。
どちらも十分な補重をしてやらないと通電不良が起きやすいです。
e0354030_2141632.jpg
ついでにマイクロエースのEH101もやってみました。
1モーターの非力な機関車ですが、旧客5輌は問題なく35‰を牽き上げました。
e0354030_2142427.jpg
この機関車は乗務員を乗せてあります。
ジャンクで動力が調達できたら2モーター化しようと考えていたのですが、なかなかジャンク品が出ないのでほぼ諦めています。

e0354030_2152810.jpg
話変わって、鉄コレ東武6050系のカプラー交換(KATOカプラーN JP-B)、完了しました。
e0354030_2153350.jpg
両端はダミーカプラーに戻しました。
中間先頭車はボディマウントTN化してあり、台車のカプラーアームを切断してあったのでそのままにしました。
e0354030_2154436.jpg
カプラーの干渉による台車の浮き上がりがなくなり、走行は格段に安定しました。
これで東武は完了です。
次は国鉄70系と52系ですが、密連Bが使えるか少し試してみます。
[PR]

by nari_masa | 2015-10-29 21:48 | フリーランス(Bトレ含む) | Comments(6)
2015年 10月 04日

マイクロC形機関車 おまけ工作(電飾)

e0354030_1902033.jpg
トップ画像追加しました。
e0354030_14461990.jpg
マイクロC形機関車、窓入れは完工しましたが、次ネタの入廠が明日(5日)になったため、少し時間ができましたのでこの機関車も電飾してしまうことにしました。
使うのはいつものように美軌模型店さんのきらめきライト水平型、φ1mm光ファイバー、アルミテープ(右端)です。
今回は当廠でのきらめきライト水平型の取り扱いも少し詳しく書いてみます。
e0354030_14463646.jpg
LEDは高輝度白色なので、電球色にするところから始めます。
最初にLEDの発光面にオレンジのマーカーを濃いめに塗ります。
e0354030_14465263.jpg
次に黄色のマーカーを塗りますが、先ほどのオレンジを置き換える感じで押し付けるように塗っていきます。
この辺は調色したクリア塗料でもOKなんですが、マーカーだと何度でもやり直しがきくので当廠では重宝しています。
e0354030_1447898.jpg
ときどき点灯させて色味を確認します。
赤すぎず、黄色すぎないところを狙います。
e0354030_14472490.jpg
アルミテープを切り出します。
横幅はライト基板の3倍強、長さはあとで切り詰めますので適当に。
e0354030_14473999.jpg
アルミテープをきらめきライトの裏側(素子の無い側)に貼り付けます。
ショート防止のため、銅線側は基板からはみ出さないようにします。
銅線側の両サイドを斜めに切ってあるのもショート防止のためです。
e0354030_14475996.jpg
LED発光側は1~2mm残してアルミテープを切り、光ファイバーを発光面の真ん中に置きます。
光ファイバーもあとで長さ調整しますので適当な長さでOKです。
e0354030_14501155.jpg
絶縁用のテープです。
当廠ではこのポリプロピレンテープ(PPテープ)を愛用していますが、マスキングテープでもアセテートテープでもOKと思います。
e0354030_14502266.jpg
基板の表面に小さく切ったPPテープを貼ります。
e0354030_14504170.jpg
基板をくるむようにアルミテープの片側を折り畳みます。
e0354030_14505325.jpg
反対側も折り畳み。
e0354030_14521066.jpg
この段階で発光面側から見るとこういう状態です。
もちろんこれでは全面発光してしまいます。
e0354030_14522799.jpg
発光面側のアルミテープをピンセットかニッパーで圧着して隙間を塞ぎます。
この時光ファイバーがちょうど真ん中に来るように調整します。
e0354030_14523639.jpg
点灯させてみました。
これで遮光もほぼOKです。
e0354030_14524442.jpg
車体の裏側です。
この機関車は元々ライトレンズはついていないのですが、電飾準備工事として以前に穴明けと短い光ファイバーを取り付けてありました(すっかり忘れていました。ははは)。
e0354030_14525313.jpg
赤い車体は電飾すると透けてしまうので、黒塗装やアルミテープで遮光してライトユニットを取り付けます。
今回はあまり美しくありませんね(^^;;
e0354030_1453192.jpg
完成~。
きらめきライトの導線はモーターの通電板にアセテートテープで貼り付けて給電しています。
実は車内のウェイトとライト基板が干渉したのでウェイトを少し削りました。
e0354030_1453822.jpg
おまけ画像。
以前に電飾したEF10タイプC形機関車です。

これでC形機関車は終わり、明日入廠予定の機関車は銚子電鉄デキ3です。
最小の二軸機関車、ワールド工芸製ですが、さてどんなものでしょう?
[PR]

by nari_masa | 2015-10-04 15:13 | フリーランス(Bトレ含む) | Comments(4)
2015年 10月 02日

マイクロC形機関車 ED91タイプ 窓入れ完工

e0354030_22101237.jpg
マイクロエースED91(ED45)タイプC形機関車の窓ハメコミが完工しました。
本日は運転席の小窓を6枚でした。
電飾するかどうか迷っていますが、この機関車でそこまでしなくてもいいかな?
e0354030_22102121.jpg
早速本日入廠した銚子電鉄ハフを牽かせてみました。
e0354030_22102776.jpg
肩の高さはぴったり合っていますね。
大柄な機関車だと側板から屋根にかけての肩Rの位置が高くなってしまうのです。
この客車にしては機関車が近代的過ぎますね(^^)
e0354030_2210338.jpg
ハフのカプラーはKATOの車間短縮ナックルに交換しました。
軽便風客車の車間が開いているのは興醒めですから。
e0354030_22103780.jpg
このハフ1は津川洋行製の完成品ですが、塗装と印刷は拡大すると今一つですかね。
ま、雰囲気を楽しみましょう。
e0354030_22104258.jpg
こちらは赤電色のハフ2。
同じような感じです。
e0354030_22104997.jpg
連結面です。
2軸客車なので車間短縮ナックルでもR140は問題なく通過します。
R103はちょっと厳しいかも知れません。
e0354030_22105555.jpg
これを牽く正規の2軸電機、デキ3も一番安いYodobashiで手配中ですが、取り寄せなのでいつ来るか分かりません。
しばらく凸形機とかBトレ機関車で牽いて遊びましょう。
[PR]

by nari_masa | 2015-10-02 22:26 | フリーランス(Bトレ含む) | Comments(4)
2015年 10月 01日

マイクロC形機関車 ED91タイプ 窓入れ2

e0354030_21451744.jpg
本日から10月ですね。
今年も残すところ3ヶ月。
本日もマイクロC形機関車窓入れの続きです。
本日は8枚入れて、残6枚になりました。
やはり発売元の美軌模型店さんのBlogに載っていた通り、ヤスリを使わずにナイフで加工した方が早いです。
接着剤はサラサラタイプを流していますが。
あとは運転席側窓の小さいものばかりなのでやりにくそうですが、ごまかしが利くとも言えます。
明日で終わると良いのですが。
e0354030_21452452.jpg
やはりナイフだと、ここまで拡大すると隙間が見えます。
肉眼ではまず見えない隙間なので今回は作業性の良さを取りましょう。

さて、明日はあるものが入廠してきます。
あ、機関車ではありません。
それに牽かれるモノです。
暴風がひどくなければ、なんですが。
何かマニアックな方向に突き進みつつある気がします。
どこかで一度EF級に戻らないと迷走しそうです(^^)
[PR]

by nari_masa | 2015-10-01 21:59 | フリーランス(Bトレ含む) | Comments(6)