新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 01日 ( 1 )


2017年 05月 01日

マイクロエース キハ72系 高速化トライ さわり

e0354030_20213717.jpg
嫁様の里帰りに付き合っておりまして、少し間が空きました。
前回のラウンド185系に続き、今度はマイクロエースのゆふ森、キハ72系の高速化です。
今日は作業をしていないので、出発前に撮った分だけです。
e0354030_20241933.jpg
左キハ72、右モハ185です。
キハは6Vくらいかけないと動き出さないので、勝負にも何もなりません(^^)
e0354030_20202848.jpg
そのキハ72の動力ユニットです。
ここでまず大きくアテが外れました。
マイクロの一般的な動力車は画像上のTOMIX M-5モーターと互換性のある中国製モーターが多いと思っていたのですが、このキハ72のモーターは全く形が違います。
e0354030_20203495.jpg
M-5モーターはダイカストブロックに納まりません。
モーターをM-5に交換してお茶を濁そうと思っていたのですが、その手は使えなくなりました。
ところが・・・・
e0354030_20204643.jpg
画像下がキハ72の動力ユニットから取り出したモーター、中央がKATOのGM5、上がTOMIX M-5です。
キハ72のモーターは何となくGM5と似ています。
e0354030_20205130.jpg
で、同じKATOのFM5をダイカストブロックに組み込んでみたら、あらびっくり、スッポリ入ってしまいました。
固定用のグレーのプラパーツもピッタリです。
FM5が入るということは、GM5も入るということで、GM5と言えば、あの超高速車のモーターがあるじゃありませんか(^^)/
これで対策方法は決まりですね。
ラウンドモハ185から取り外した超高速(?)GM5モーターをキハ72に移植しましょう。
フライホィールの移植が一番の大仕事になりそうです。
で、場合によってはマイクロのモーターをモハ185に移植すれば185系の低速化もできるのでは?
明日からまた工事再開です。
[PR]

by nari_masa | 2017-05-01 21:52 | Comments(2)