新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 09日

KATO 165系新旧の高さ

Manic様から質問がありまして、KATO165系の旧製品とリニューアル品の高さを比較してみました。
e0354030_20475389.jpg
左がリニューアル品、右が旧製品です。
やや旧製品の高さが高いように見えます。
e0354030_20475780.jpg
車体(車体の裾から屋根の頂点まで)を測定すると、リニューアル品が17.1mm、旧製品が17.3mmほどでした。
あとは足回りの高さの差ですね。

e0354030_2048527.jpg
キロハ25を名鉄キハ8500系で推進して走行させました。
中間にKATOのキハ20も挟んだむちゃくちゃな編成ですね。
当廠の気動車総出演です(^^)
e0354030_2048975.jpg
ライトは電球色です。
TOMIXでも気動車はきれいな電球色なのに、なんで機関車だけオレンジなんですかね?
e0354030_20481959.jpg
キロハ25とキハ8500の連結部。
エンジン性能が大きく違うので、実際にはこんなことはできないと思いますが(^^)
[PR]

by nari_masa | 2017-08-09 21:04 | 新性能電車(N) | Comments(2)
Commented by Manic at 2017-08-10 17:21 x
失礼致します。

わざわざ調べていただいただけではなく記事にして結果報告大変恐縮しております、本当にありがとうございました。実はKATOの新型165系はTOMIXより3mm、KATO旧製品より2mm高いと書いているコメントを見まして本当なのか知りたかったのですが自分は予算の都合上新型入手断念したので確かめる術が無くお聞きした次第でした。改めて本当にありがとうございました。
Commented by nari_masa at 2017-08-10 19:58
Manic様、コメント有難うございます。
どういたしまして。
Nゲージで2mmと言ったら実車で30cmですから、さすがにそこまでは違わないのではないかと思いましたが、私も確認できてよかったです。
何かのご参考になりましたら幸いです。


<< 久しぶりの一人お座敷運転会      TOMIX キロハ25 その他入廠 >>