新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 01日

ナハ11電飾

e0354030_2020528.jpg
今年も7月、早くも半年が経ってしまいました。
先日、EF10-24と同時に入廠したナハ11(茶)の電飾作業をダラダラと行なっております。
e0354030_20205891.jpg
今回は角形LEDを使いました。
2mm×3mm×4mmなので削らなくてもφ2mmのプラ棒2本にフィットします。
光度1500mcd(ミリカンデラ)、照射角は120°広角です。
普段使っているφ3mm砲弾形は光度22000mcdくらいありますが、照射角度は30°くらいです。
同じ光源なら照射角度が狭いほど光度(mcd)は高くなりますので、この2種のLEDがどのくらい違うのか2輌のナハ11で使い分けてみます。
まず1輌目は角形から。
e0354030_2021422.jpg
客車には外から見えにくいトイレスペースがありますので、ブリッジダイオードと定電流ダイオードは床板に設置しました。
LEDへの通電は裸銅線と導電性銅箔テープです。
e0354030_20211210.jpg
透明プラ棒を取り付けたLEDは端子に裸銅線を巻き付けて車体側板に銅箔テープで貼り付けました。
e0354030_20212149.jpg
結構明るいです。
これなら特に問題無さそうですが、次の1輌をφ3mm砲弾型にして比較しましょう。
e0354030_20212658.jpg
座席を塗っていないので車内が白っぽいです。
エナメルのブルーでモケットを塗装することにします。
[PR]

by nari_masa | 2017-07-01 20:42 | 旧型客車(N) | Comments(0)


<< ナハ11電飾2      HC KATO EF10-24... >>