2017年 04月 18日

KATO C11 クロスヘッド・コンピネーションリンク塗装

e0354030_1920574.jpg
昨日悪天のためやり残した作業、KATO C11のクロスヘッドやコンビネーションリンクの軟質プラ部品の塗装を行ないました。



e0354030_1920132.jpg
塗装前です。
ロッド類が金属なのにクロスヘッドやコンビネーションリンクが軟質プラのため、色と質感の違いが目立ちます。
ディテールがここまで細密になったのに、ここがプラのままなのは残念なところ。
e0354030_19202281.jpg
スーパーチタンで塗装しました。
e0354030_19202780.jpg
塗装後です。
e0354030_19203263.jpg
塗った直後はやや赤っぽい色ですが、時間が経つと赤みが少し抜けて、丁度良い色合いになるようです。
[PR]

by nari_masa | 2017-04-18 19:26 | 蒸気機関車(N) | Comments(4)
Commented by がおう☆ at 2017-04-19 10:16 x
おはようございます。

この一手間が見栄えをグッと引き上げてくれますよね(^^)
最近は私もおなじみの工程の1つとなりました。
プラ感が無くなるだけでも大きいですが、このチタン色が上手く周りと馴染みますね。
私も塗っておきました(笑)
Commented by トータン at 2017-04-19 12:54 x
わわわわ~ いいですね~ クロスヘッドの金属版もあるようですが高いし この方法でが一番安上がりですね で、府で塗り? 下地処理は? って色々と疑問が出てきます 今後の為にも 今一つ詳しい解説をお願いできればと思いますが・・・・やるとしたら大量にありますのでふんどしを締め直さないと出来そうにないですが ふんどししたことないし・・・・・(^^;
Commented by nari_masa at 2017-04-19 17:37
がおう☆さん こんにちは。
今回は先日購入した「高級」面相筆で塗りました(^^)
それなりに細かいところを塗りやすかったです。
以前にチタンを塗ったC56やC12は少し赤みが抜けて、より周囲の金属と馴染みました。
蒸機の標準整備工程ですね。
Commented by nari_masa at 2017-04-19 17:40
トータンさん こんにちは。
面相筆で筆塗りです。
触るところでもありませんので、下地処理はしていません。
特に解説することもないんですよ。
まわりに付かないように注意しながら細い筆で塗るだけなんです(^^)


<< EH10 前照灯交換      KATO C11入廠 >>