新湘南電鐵 横濱工廠2 archive

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 16日

マイクロEH10-1とEH10-4の1.5M化改造

e0354030_19194084.jpg
マイクロエースのEH10-1です。
製品デフォルトは1モーター仕様で、片側がモーター車、もう一方はT車でした。
でもこれはモーターは2個、両方に入っています。但し単純に2M仕様にしたわけでもありません。
いわば1.5M仕様?
KATO C11の入廠が明日なので、今日中に大急ぎで施工しました。



e0354030_19195012.jpg
まずは先日入廠したマイクロEH10-4の車体側の整備を行ないます。
パンタグラフはライトガンメタルで塗装し、摺り板はペベオのカッパーで色挿ししました。
e0354030_19195630.jpg
標識灯(尾灯)がただの赤(左側)でしたので、右側のようにクリアレッドで色挿ししました。
先日購入した面相筆、やはり新品は穂先が揃っていて使いやすいです。
e0354030_1920175.jpg
EH10-1のモーター車を除く3車体を分解しました。
手前からEH10-4の動力ユニット、中央がEH10-4のモーターを取り外した状態、奥がEH10-1のT車です。
T車はモーターとギアが無いだけで、その他の構造はM車と同じです。
今回これらをシャッフルしようと思います。
e0354030_1920528.jpg
EH10-4のカプラー交換。
KATO EF66ナックルのシャンク部をヤスリで幅詰めして使います。
アーノルトカプラーを撤去して、カプラーホルダーにそのまま組み込めます。
e0354030_19201178.jpg
ブレーキホースを取り付け、コックに白を挿してスカートは完了。
e0354030_19201615.jpg
運転席をブルーで塗りました。
運転士はEH10-1の両側に乗せていたのですが、片側だけでいいのでT車に乗っていたものをEH10-4に移します。
この機関車の運転台部分は別パーツではないので、ダイカストブロックを入れ換えます。
この先、EH10-1の台車・スカートはライトグレー、EH10-4は黒ですので、色で識別します。
e0354030_19202047.jpg
EH10-4の通常のモーター車を組み上げました。
ダイカストブロックおよびライトユニットをEH10-1のT車のものと交換しただけです。
e0354030_19202638.jpg
車体を組み付けました。
前照灯はライトブラウンのマッキ―を塗ったメンディングテープをきらめきライトに貼ったものです。
e0354030_19203024.jpg
さて、ここから本格的に動力シャッフル開始です。
EH10-1 T車の運転台側台車とEH10-4 動力車の連結面側台車を分解します。
ライトグレーがEH10-1、黒がEH10-4で、EH10-1はT車ですからインサイドギヤがありません。
このギヤなしをEH10-4の黒台車枠に組み込み、ギヤ付きをEH10-1のグレー台車枠に組み込みます。
e0354030_19203615.jpg
そうするとこんな風に、右側(運転台側)の台車がギヤ付き、左側(連結面側)の台車がギヤなしになります。
これはライトグレーなのでEH10-1用。
e0354030_19204339.jpg
EH10-4も同様の構成になります。
e0354030_19204890.jpg
EH10-4のモーターから片側のウォームギヤをピニオンプーラーで抜きます。
e0354030_19205367.jpg
そのモーターをダイカストブロックに組み込みました。
ウォームは左側だけで、右側の台車はT台車になります。
これが噂の0.5M仕様(^^)
e0354030_1921044.jpg
走行テストも問題ありませんでした。
e0354030_19211139.jpg
これでウォーム2個の1M車体とウォーム1個の0.5M車体を連結させると1.5M動力車の完成です。
e0354030_1921518.jpg
パンタグラフ回り。
やっぱりパンタグラフは寄っている試作車の方が好みです。
e0354030_19211621.jpg
さて一方のEH10-1、在庫品の片軸モーターに先ほどのウォームギヤを圧入しました。
モーターホルダーは以前にダイカスト崩壊したED71からの発生品です。
ほんのわずかな改造で流用できましたが、これが使えなかったらプラ板から新製しなければならないところでした。
e0354030_19212214.jpg
こちらも走行自体は支障ありません。
e0354030_19212890.jpg
これでEH10-1も1.5M仕様となりました。
ただ、EH10-1は2車体の速度差がかなりあるためギヤ音が出ます。
新しく取り付けたモーターが国産のマブチ製(TOMIX M-5)のため、中国製モーターと性能が合わない?
折を見て特性の合うモーターを捜して取り付けようと思います。

さて明日はKATO C11入廠予定です。
あちこちのBlog様でインプレが上がっておりますが、楽しみです(^^)
[PR]

by nari_masa | 2017-04-16 20:15 | 旧型電関(N) | Comments(4)
Commented by がおう☆ at 2017-04-17 12:31 x
こんにちわです。

EH10の1.5M化とはこういう仕掛けだったのですかぁー(^-^;
T車の台車ギアが無いのを、上手く配分した手法ですね。
2Mの牽引力は、若干落ちるでしょうが、元々パワフルでしょうから問題ない範囲だと推測します。
内寄りのパンタも良いですが、色が良いなあーと思います。
EH10以外の機関車に見えます(^^)
Commented by トータン at 2017-04-17 18:08 x
頭が悪いから 何度読み返しても理解できませんでした
結果はモーター2個を使ったってことでしょうか? モーター2個なら8軸駆動のままでいいしって思ったのですが ギヤなし台車???? なるほど~ ほんの少し判ったような? 頭悪いでしょう(^^;
Commented by nari_masa at 2017-04-17 18:38
がおう☆さん こんばんは。
1.5Mでもかなりの力があると思います。
それより、2モーター式の大きな利点は、集電不良で立ち往生することが少なくなります。
どちらかの車体が動けばもう一方も動き出しますから。
でもモーターの同期をとるのはけっこう大変で、それがうまくいかないと走行がギクシャクしてしまいます。
マイクロとTOMIXのぶどう色は良い色なんですよ。
部分だけ見たらEH10には見えないでしょう(^^)
Commented by nari_masa at 2017-04-17 18:41
トータンさん こんばんは。
EH10-1が1M、EH10-4が2Mだったのですが、EH10-1も2Mにしたかったわけです。
で、EH10-4を2M8軸駆動から2M6軸駆動にして、EH10-1を1M4軸駆動から2M6軸駆動にしたというわけです。


<< KATO C11入廠      大量の機関車前照灯色変え その... >>