新湘南電鐵 横濱工廠2 archive

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 20日

KATO 115系800番台 Hゴム隙間の改善2

e0354030_16322928.jpg
KATO 115系800番台のHゴム光漏れ、対策完工しました。
前回室内灯工事の時に同時に施工すれば良かったです(^^)
こちらは最後に施工したクハ115です。



e0354030_16323756.jpg
サハ115は透明窓パーツに塗った黒の上に再度グレーを塗りました。
e0354030_16324222.jpg
でも黒っぽいですね。
e0354030_16324743.jpg
で、それ以降の3輌は黒を塗らず、グレーを厚塗りすることにしました。
これで3回塗っていますが、特に戸袋窓や扉のHゴムの側面が透けないように塗り重ねました。
e0354030_16325299.jpg
こちらはクモハ115です。
グレーだけでも結構黒っぽくなります。
e0354030_16325718.jpg
クハ115の施工前
e0354030_1633125.jpg
同じくクハ115の施工後です。
動力車のモハ114も同様に施工しました。
戸当たりゴムの色挿しも全車行なっておきました。

これで115系の手戻り工事は完工です。

次はマイクロ製京急2100形です。
Blog的には同じような話の繰り返しであまり面白くないとは思いますが、しばらく気持ち的に中途半端に引っ掛かっている工事を片付けていこうと思います。
で、明日はとある車輌が入廠します。すぐに工事に着手するわけではないのですが。
[PR]

by nari_masa | 2017-03-20 16:46 | 新性能電車(N) | Comments(2)
Commented by がおう☆ at 2017-03-21 10:54 x
おはようございます。

電飾しなければ目立たない事も、明るくなることで浮かび上がってくる問題ですね。
グレーの重ね塗りでも黒っぽく見えますが、ベストではないでしょうか。
でも数が多いと、躊躇する作業っぽいです(笑)
まぁ私はまず電飾するのが先ですが・・・(^-^;
Commented by nari_masa at 2017-03-21 16:49
がおう☆さん こんにちは。
そうなんです。数が多いと面倒なんですよ。
最新製品はほとんど隙間がないからいいのですが、ちょっと古いとこんなのが多いです。
まあ、それも含めての電飾作業ですので、車輌専科にはそれもありかな、と思います。
レイアウト作業との両立はなかなか時間的に難しいかもですね。
お気に入りの1編成だけとかがいいかも知れません。


<< 鉄コレ東武8000系 入廠      KATO 115系800番台 ... >>