新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 05日

115系800番台 床板再塗装&再電飾その6 完工

e0354030_13364475.jpg
115系800番台4輌編成の室内再塗装&再電飾工事、最後のサハ115が完了しました。



e0354030_13365265.jpg
サハ115だけは床下ブリッジダイオード+CRD方式としました。
e0354030_13365777.jpg
サハ115のトイレ側です。
e0354030_1337814.jpg
トイレの明かり窓。
この115系はどうも車体と透明パーツのHゴム部分のはめ合いが悪いですね。
隙間が見えてしまいます。
e0354030_13371363.jpg
トイレ側の室内です。
e0354030_1337237.jpg
こちらはトイレと反対側。
妻板だけは室内色(タミヤの水性アクリルXF-21スカイ)を塗っておきました。
e0354030_13371976.jpg
ちょっと車間距離が狭くてR177が苦しいのでサハ115だけKATO密連カプラー2を長に交換しておきました。
e0354030_13372447.jpg
これで115系800番台の再電飾工事は完工となります。
[PR]

by nari_masa | 2017-03-05 13:47 | 新性能電車(N) | Comments(2)
Commented by がおう☆ at 2017-03-06 12:24 x
こんにちわです。

115系電飾、おつかれさまでした(^^)/
床下方式は、ますます配管っぽく意識されているようにみえますね。
ブリッジダイオードでも、小型であれば機器に見えてくれるだろうと思うと、自分の時の可能性が広がります。
トイレ内の明るさも、ちょうどいいように思いますね。
昼間の方が、窓明かりだけで暗かったように感じます(^-^;
妻面側も塗る楽しさが増えましたか(笑)
でも、これは楽しいだろうな最初は...(爆)
Commented by nari_masa at 2017-03-06 16:40
がおう☆さん こんにちは。
床下はKATOくらいだと気になる方もいらっしゃるかも知れませんが、GMや鉄コレは所詮ハリボテですからブリッジの一つや二つ、気にしても仕方がないですね(^^)
今回、内壁塗装は妻板だけにしましたが、側板とかHゴムの透けとか、電飾を始めると切りがなさそうです。
はい、楽しいですよ、最初だけは(^^)/


<< 幸せの黄色い導光材?      115系800番台 床板再塗装... >>