新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 04日

KATO京急2100形 室内塗装

e0354030_1951458.jpg
日替わり定食でいろいろやっておりまして、多少混乱しております(^^;;;
本日の作業はKATO京急2100形の室内灯電飾改良ついでに室内塗装を行ないました。
左が塗装後、右が塗装前です。



e0354030_19511917.jpg
今回は成型色が青でしたのでシート部分をマスキングしてガルグレーを吹きました。
これは動力ユニット。
e0354030_19512958.jpg
こちらがトレーラーです。
本日の施工は8輌中2輌のみです。
実はヘッドレストカバーの塗装を忘れてしまいました。
明日にでもあずき色を挿します。
e0354030_19514028.jpg
電飾すると内壁の色も気になってきます。
特に妻板。
実車の車内壁面はいろいろな色のモザイクで全体として明るいクリームに見えます。
今回は手持ちのライトブラウンを塗りましたが、クリーム1号あたりの方が合いそうです。
ちなみに実車のドア裏は白色です。
昨日乗ったので間違いありません(^^)
e0354030_19514814.jpg
窓ガラスがスモークなのであまり良く見えないのですが、こちらが塗装前。
真っ青です。
e0354030_19515768.jpg
塗装後です。
クロスシートの面積が広いので全体としては青っぽいですが、真っ青感は薄らぎます。
e0354030_1952748.jpg
塗装前。
妻板が車体基本塗装色のバーミリオンになってしまっています。
e0354030_1952162.jpg
塗装後です。
e0354030_1952249.jpg
こちら動力車の走行中です。
ヘッドレストの色挿しと、あと6輌施工しますが、一度にやると飽きるので、少しずつ匍匐前進しようと思います。
[PR]

by nari_masa | 2017-02-04 20:05 | 電飾 | Comments(3)
Commented by がおう☆ at 2017-02-05 18:24 x
こんにちわです。

京急愛を感じるほどのこだわりです。
妻面は確かにボディー色ではおかしいですね。
室内灯を装備すると、色々と気になる部分も増えてきます。
これから挑む者としては、ビビるところですよ(笑)

nari-masaさん、前にダブルスリップを京急で間近に撮られてましたが、上の架線はどんな感じで張られてましたか?
もし写ってましたら、どんな風に架線が交わっているか?前後の架線柱にどんな風に架線が延びているか?非常に知りたいです。
関西ではなかなかダブルスリップが近くに無いもので・・・(^-^;
Commented by nari_masa at 2017-02-05 20:20
がおう☆さん こんばんは。
京急シングルスリップ、ダブルスリップ部分の架線の張り方ですね。
承知しました。明日の帰宅時に神奈川新町と金沢文庫で撮影してきます。
ちょうど快特通過待避で停車時間が長いので都合が良いです。
明るいうちがいいので仕事が遅くまでかからなければいいのですが(^^)

一応、前回の記事にも少し写ってますが、線路メインなので架線は良く分かる写真がありませんね。
http://sinshonan2.exblog.jp/24642876/

追伸:
ブログでは画像のサイズに制約があります。
メール添付でお送りいたしますので、非公開コメントでメールアドレスをお教えください。
宜しくお願い致します。
Commented at 2017-02-06 11:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 鉄コレ70系の運行番号窓電照そ...      緊急検証、トータンさん式上下通... >>