新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 31日

KATO京急2100形 M車の室内灯電飾改良 二次試作と本日の入廠品

e0354030_20144773.jpg
先日の京急2100形動力車室内灯 一次試作に続き、二次試作を行ないました。
これで量産仕様になるかと思いましたが、まだ少し改良の余地がありそうです。




e0354030_2014115.jpg
真鍮パイプを10mmくらいにカットしておきます。
e0354030_20141757.jpg
燐青銅線とダイオードの足を一緒に真鍮パイプに入れて古いニッパーでかしめます。
これで導線を巻き付けなくても給電可能にするという目論見です。
但し、上の画像の接続は誤りです。
実はダイオード4個(スイッチングダイオード2個、定電流ダイオード2個)でブリッジを組んでみたのですが、定電流ダイオードは電流が逆方向にも漏れる(但し電圧上げすぎると壊れる)という特性のためにブリッジになりませんでした。
以前に実験したのをすっかり忘れていました。わはは(^^;;;
e0354030_20142474.jpg
端面遮光とプラ棒を取り付けたLEDは足をこんな風に曲げて・・・
e0354030_20143125.jpg
パイプでダイオードと接続しました。
結局、回路は一次試作と同じです。
e0354030_20143620.jpg
銅線を巻き付けていないので配線自体は割にすっきりとまとまりました。
パイプが下今市ですね。
この辺をもう少しスマートにしたいところです。
e0354030_20144283.jpg
電飾の具合は一次試作と変わりませんでした。

話変わって・・・
e0354030_218883.jpg
本日はトータンさんのお宅を急襲してきました(決して奇襲ではありませんよ~)。
お忙しいところを申し訳ございませんでした。
これは その戦利品 戴いてきたものです(^^)
まずはチップLED。
当廠がハンダ付けをしないので、わざわざポリウレタン銅線をハンダ付けしておいて下さいました。
3mm厚のアクリル板も。
これは切断が大変そうです。
レザーソーで切ってみましょうか。
e0354030_2015349.jpg
そしてこれが1mm厚アクリル板。
電飾時に導光材が窓から見えてしまうことが多いのですが、1mm厚ならほとんど見えることはありません。
2階建て電車の電飾用に購入されたそうですが、当廠にお譲り戴きました。
トータンさん、本当にありがとうございます。
アクリルについては当廠初使用ですので、いろいろ特性をつかまないと使えそうもありません。

e0354030_20154437.jpg
まずはPカッターでアクリルにスジを入れて折り取ろうと目論みましたが・・・
e0354030_2016166.jpg
途中で折れてしまいました。
もう少し深く筋を入れないといけなかったようです。
で、この端材を使っていろいろテストしてみることにしました。
まずは黄色のLEDを小端から当ててみると、予想通りフチが光りますが平面部は光りません。
これはアクリルの光透過性(透明度)が高過ぎるので起きる現象ですね。
この特性のために当廠では使っていなかったのです。
e0354030_20412511.jpg
当廠で常用しているタミヤのソフトプラ棒です。やや透明度が低いので適度に光を拡散してくれますから、何も表面処理をせずに導光材として使えます。
これの1mm板があればいいのに(^^)
e0354030_20162671.jpg
で、いろいろやってみます。実験、実験。
最初にマスキングテープを貼ってみました。
お、光りますね。
e0354030_20521937.jpg
裏に反射用銀テープを貼ってみましたが、これは単独ではダメでした。
e0354030_20164975.jpg
銀テープ+マスキングテープ。
なかなか良くなってきましたが、光が一様になりません。
この辺はテープの貼り方を工夫すれば何とかなりそうです。
e0354030_20165550.jpg
表面を紙ヤスリで傷つけてみましたが、これはあまり効果なし。
e0354030_201774.jpg
その上からPPテープを貼ってみました。
なるほど。
e0354030_20171320.jpg
LEDを白色に変えてみました。
e0354030_20171939.jpg
銀テープ+PPテープ。
ここで時間切れですが、もう少し遊んでみます。
あとはメンディングテープとかやってみたいですね(^^)
トータンさん、ありがとうございました。

e0354030_21463378.jpg
追記
両面にPPテープを貼ってフチを遮光したらこのくらいには光りました。
あとは溝を入れてみましょうか。
でもあまり加工をしたくないので、テープでできると嬉しいですね。
[PR]

by nari_masa | 2017-01-31 21:10 | 電飾 | Comments(6)
Commented by 上海在住の横浜人 at 2017-01-31 23:53 x
はじめまして。毎日のように上海からブログを拝見させていただいております。
さて、アクリル板を導光材に使用する場合には、光を均一に拡散させるにはメンディングテープが使えます。メンディングテープを、アクリル板の入光側付近を頂点とした細長い二等辺三角形の形に切り出して、アクリル板に貼り付けます。メンディングテープの表面によって、入光側と反対側ほど、光を多く拡散させます。これでほぼ全体が均一になります(勝手に光量の面積変調と命名)。光量の均一性調節にはメンディングテープを剥がして形を整えれば何度でもやり直せます。アクリル板の厚みは2mmがいいようです(ちょっと厚いですね)。以上、ご参考まで。
Commented by nari_masa at 2017-02-01 07:51
上海在住の横浜人様
初めまして。
いつもお読み戴き有難うございます。
また今回はご教示有難うございます。

なるほど、やはりメンディングテープが正解でしたか。
貼り方はご教示を参考にさせて戴き、いろいろ試してみたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。
Commented by がおう☆ at 2017-02-01 11:41 x
こんにちわです。

チップLEDのコード付き良いなぁー(^-^;
この前、試験的にエルパラさんから1608サイズを買って、開けて小ささを見て、蓋を閉じました(爆)(゚д゚)!

アクリル板の光り方は、丸棒とは違うんですね。
丸棒だと傷をつけると光ってましたよね?
板の時は、種類の違うテープを貼ると、また違った光の伝え方をするのですねー(^^)
うーん、良く分かりません(笑)
Commented by nari_masa at 2017-02-01 12:29
がおう☆さん こんにちは。
チップLED、小さいですね~(^^)
作るのはもちろん、使いこなすのも大変そうです。
やはりトータンさんは凄い!

アクリル板、新材料はいろいろやって試してみるのが楽しい趣味の時間なのであえてNETで調べないのですが、結論が先に分かってしまうと興味がなくなります(笑)
ひねくれ者ですね、ははは。
Commented by トータン at 2017-02-01 17:57 x
そうですか~透明度がだめだったんですね 以前アクリルの丸棒にするかプラの丸棒にするか迷ったのですが アクリル丸棒の方がその当時在庫があったし安かったので買ったのですが プラ丸棒の方が良かったんですね~ いや~知らないとはいえとんでもないものでしたね~ でも、nari-masaさん メンディングテープの実験よろしくお願いします 当方以前製作したペーパー車両の電飾を その1mmのアクリル板で実行しようと考えています ワンパターンですが傷をつけて使うつもりですが nari-masaさんの工法で傷が要らなくなったら即採用させて頂こうかと・・・(^^;
半田付け お褒めいただいてありがとうございます 調子に乗って1608も足を付けて送りましょうか? 豚もおだてりゃ木に登るって言いますからね~(^^V
Commented by nari_masa at 2017-02-01 20:53
トータンさん こんばんは。
それがですね~、ちょっと嫌気が差してしまって、アクリルはしばらく塩漬けにしておこうかと思っているのです。
今やっても他人に教えてもらった答えの確認にしかならず、何も感動がないので(^^)
1608はがおう☆さんが欲しいようですよ(^^)


<< 鉄コレ70系の運行番号窓電照そ...      10系軽量客車 >>