2017年 01月 28日

KATO京急2100形 M車の室内灯電飾改良 一次試作 工法

e0354030_15475737.jpg
さて、KATO京急2100形動力車の電飾改良、種明かしです。
以前にKATO京急2100形T車の電飾で床下にブリッジダイオードを取り付けた作例を掲載したところ、「M車の時はどうされます?」というコメントを戴きました。
反射的に「ちゃんと考えてありますよ~」みたいなレスを返してしまいましたが、本当にできるか検証していなかったのでやってみることにしました。

あとは話せば長くなるので(^^)
続きは下からどうぞ。



e0354030_15481356.jpg
施工前の電飾方法。
左の黒いアセテートテープの下にLEDとブリッジダイオードとCRD(定電流ダイオード)があります。
当然、京急の大きな窓からは丸見えです。
導光用の透明プラ棒も床板側に付いているので取り付け高さが低くなり、窓から見えてしまいます。
e0354030_1548995.jpg
まずはブリッジダイオードを取り付けられそうな場所を探すために床下機器モールドのモーターカバーを外してみます。
モーターやらフライホイールやらぎっしりですね。
e0354030_15483330.jpg
ブリッジダイオードに両面粘着テープを貼り付けまして・・・
e0354030_15483822.jpg
こんなところに貼り付けてみました。
e0354030_15484818.jpg
これで行けるかに見えたのですが、残念、プロペラシャフトに干渉してしまいました。
この案は没。
e0354030_154857100.jpg
でもモーターカバーを削り込めばなんとか行けそうですね。
まあ、この方法は配線やメンテナンス時のモーターカバー取り外しが面倒ですから、他の方法が失敗した時の保険に取っておきましょう。
今回は不採用。
e0354030_1549787.jpg
で、以前から考えていた(←ホントかなあ??)方法にトライします。
まずは旧来の電飾部品を取り外します。
e0354030_15491332.jpg
銅箔テープをL字形に切り出しました。
以前、集電板を挿し込んでいた側(LED側)の動力台車を外します。
e0354030_15491923.jpg
通電板の先端に銅箔テープの細い部分を巻き付けて、広い面を動力ユニット側面に貼り付けますが、銅箔テープがダイカストブロックに接触しないように要注意です。
あとから考えたらここはテープを2分割すれば良かったんですよね。導電テープなんですから(^^)
ま、施工中はこんな試行錯誤の繰り返しです。
とりあえずこれで動力ユニットから車体側に給電できるようになりました。
KATOの通電板方式では車体上下分離時にLEDが床板側に残りますのでね。
e0354030_15493122.jpg
元のLEDとCRDを再利用するために分離しました。
e0354030_15495361.jpg
車体長一杯のφ2mm透明プラ棒をアルミテープでLEDと結合します。
点灯はOK。
e0354030_1550291.jpg
LEDとCRDは真鍮パイプでつなぎ直しました。
点灯時、LEDの背中が強く光りますので・・・
e0354030_19304118.jpg
タミヤのエナメル系ペイントマーカー、クロームシルバーを塗りたくって遮光します。
e0354030_15501131.jpg
かなり厚塗りですが、しっかり遮光できます。
e0354030_15501781.jpg
そして取り出しましたスイッチングダイオード。
e0354030_21185723.jpg

以前、下り勾配抑速可変抵抗制御ごっこで使ったやつです。
e0354030_15502314.jpg
LEDとCRD(ハチマキが青のもの)1個とスイッチングダイオード(ハチマキが黒のもの)4個を真鍮パイプで接続しました。
e0354030_15504123.jpg
スイッチングダイオードの両端を燐青銅線でタスキに接続しました。
これはちゃんと点灯するか確認するための一次試作で、燐青銅線同士が接触しないように透明プラ棒の両側に分けて通していますが、量産時にはきちんと配線し直します。
これはダイオード4個でブリッジを作ってブリッジダイオードの役割をさせたものです。
e0354030_15542242.jpg
PPテープで車体の天井裏に貼り付け、中間の真鍮パイプに取り付けた銅線はドア戸袋部から下に降ろして銅箔テープで接片を作りました。
もちろん先ほどの動力ユニットの接片と同じ位置です。
昨日の画像では透明プラ棒の下を通っている燐青銅線が窓から見えていたんですね。
e0354030_15504634.jpg
これで完成~。
CRDやスイッチングダイオードは幕板の裏に仕込んだわけですが、よほど下から覗きこまないと見えないです。

改造費用は
LED 30円、CRD40円、スイッチングダイオード1個10円×4個=40円、導光材40~50円分くらい、真鍮パイプ5~10円分くらい、燐青銅線5~10円分くらい、銅線5円分くらい、あと銅箔テープやアルミテープ類とマーカーです。

このあと、いずれ量産用の配線取り回しをやりますが、基本回路は同じで見栄えや工程の簡易化をするだけです。
さてまた鉄コレに戻ります。
[PR]

by nari_masa | 2017-01-28 17:10 | 電飾 | Comments(2)
Commented by トータン at 2017-01-29 08:07 x
なるほど~ブリッジの代用スイッチングダイオード4個 これ以前私もやりました いえいえ車両ではなく電圧計を取り付けるときに丁度ブリッジダイオードを切らしてしまい代用で使ったことがあります 今でもそのままなのですが やはり小さな部品のスイッチングダイオードだと4個も使えば十分ブリッジダイオードの大きさになってしまいますよね 見たところ従来のものより小型のブリッジダイオードをご使用のようですが 一つであの大きさと 小さな4個を並べて使えば省スペースになりますね 考えましたね~
わたしは既に大量のブリッジダイオードを購入してまして それを消費しないと小型のものに入れ替えるのは難しいのですが近々仕入れてみようかな~
Commented by nari_masa at 2017-01-29 09:29
トータンさん お早うございます。
なるほど~、昔は無いものは別のもので代用でしたからね。
これもトータンさんに先を越されていましたね(^^)
では、次の技を繰り出しましょうか。
20円高くなりますが、ダイオード1個減らしましょう。


<< 鉄コレの集電化・電飾 その7 ...      これでどうでしょう?KATO京... >>