新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 23日

鉄コレの集電化・電飾 その4.5 クハ76の電飾準備とLED背面の遮光(追記あり)

e0354030_19301110.jpg
鉄コレ70系先頭車の電飾に取りかかりたいところなんですが、施工中にいろいろと気が付いたことにこまごまと対応しており、なかなか本体の電飾作業にかかれません(^^)
まあ、中休みということで。
まずは鉄コレ70系の座席パーツの塗装です。
このパーツの元々の色は青なんですが、電飾時に何か色合いがおかしい。
考えてみたら床板が青では車内が青っぽくなりますが、そこを電球色で照らすと変な色になります。
で、旧客と同じクレオスのNo.43、ウッドブラウンで塗りました。
先頭車の運転室はタミヤのスカイを筆塗りで。



e0354030_19301651.jpg
美軌模型店さんの集電金具ですが、クハ76のTR台車は隙間が多いのでタイヤブラックを塗って目立たなくします。
e0354030_19302273.jpg
ヘッドライト部分も遮光塗装して電飾準備です。
ヘッドライトパーツは軸部を0.5mmくらい残して切断しましたが、画像を撮り忘れました。
そこに後ろからグラスファイバーで照らすという算段です。
e0354030_19302782.jpg
床板にはウェイトとしてマッハ模型さんの鉛板を両面テープで取り付けました。
電飾する場合、鉄コレT走行セットのウェイトでは少し軽すぎる気がします。

e0354030_19303233.jpg
ここから別の話です。
当廠では室内の電飾にφ3mm砲弾型LEDを使用しておりますが、画像のように背面(電極が出る面)も光ります。
これが車端の貫通扉などの窓から見えてしまうため、今まではアセテートテープで窓を塞いで遮光していました。
これを何とかしたいな、と。
e0354030_19303757.jpg
まずはタイヤブラックを塗ってみました。
これはこれで遮光はできます。
e0354030_19304118.jpg
もしかしたら黒より銀の方が前方への光量が増えるかな、とタミヤのエナメルマーカー、クロームシルバーを塗ってみました。
このマーカー、銀の粒子がものすごく細かいので、筆ですくってヘッドライトの中などに使っています。
ドライブラシにも最適で、飛行機の計器の枠もこれです。
e0354030_19304610.jpg
電圧をかけて光らせながら、背面に光が見えなくなるまで塗り込みました。
光量はほとんど変わりませんね。気持ち明るいかな、と感じますがLEDの個体差もあります。
メタリックなのでショートしないかと心配したのですが、それも大丈夫なようです。
考えてみれば絶縁体の樹脂の中に金属粒子が浮遊しているわけで、ショートするはずがありませんね(^^)
マーカーで塗れるのは手軽でいいので、この方法を採用とします。
このLEDはまずKATO165系に使ってみます。
鉄コレはその後の施工になります。

165系施工しました。
記事を分けるほどでないので追記にします。
e0354030_21161042.jpg
サロ165
e0354030_21161753.jpg
サハシ165
e0354030_21162570.jpg
サハシ165のLED側妻板。
今までアセテートテープでふさがれていた貫通扉の窓が開きました。
以前はこの状態では貫通扉窓からLED背面がサーチライトのように点灯して見えていました。
e0354030_21163179.jpg
サロ165も同様です。
e0354030_2116395.jpg
アセテートテープのために少し不自然さがあったのですが、自然になりました。
これでようやく新工法が定まったようです。
[PR]

by nari_masa | 2017-01-23 19:50 | 電飾 | Comments(2)
Commented by がおう☆ at 2017-01-24 15:10 x
こんにちわです。

LEDの背面の遮光、これなら手軽ですね。
ちょうど色差しで筆を使わないようにと同じで、道具ひとつの片付けも楽ですね(^^)/
LEDの光は、よく直進性が強いと言いますが、後ろ側へも漏れるんですか。
これは覚えておいて、砲弾型LEDを使う際で、後ろに光を漏らしたくない場合は利用させていただきたいです。
試行錯誤をすると、より良いものが出来ますね。
これは何事においてもでしょうが・・・(^-^;
Commented by nari_masa at 2017-01-24 16:29
がおう☆さん こんにちは。
やはり何事もやってみないと分からないことってありますね。
いま、当方では室内灯電飾技術の変革が音をたてて進行しておりまして、毎日新しいアイディアが生まれます。このあと、うまくいったら室内に電飾用ダイオード類が一切なくなります。
ただし失敗する可能性もゼロではありませんけど、それが楽しいですね(^^)


<< 室内灯を極めたい。電飾給電方法...      KATOリニューアル165系 ... >>