2017年 01月 22日

KATOリニューアル165系 サロ・サハシ電飾(新工法)

e0354030_8111792.jpg
鉄コレ70系の電飾記事が絶賛連載中ですが、昨日は塗装日和でしたので先日Ass'yで2輌だけ購入したKATOのサロ165とサハシ165の座席パーツを塗って電飾をしました。



e0354030_8112286.jpg
まずは座席パーツにGSIのガルグレーを吹き付け、座席に色挿しをします。
サロはあずき色(赤2号)、サハシの座席はエナメルのつや消し青を筆塗り、サロのヘッドカバーはガイアノーツのエナメルマーカー、ペベオ白で塗りました。
e0354030_8112741.jpg
今回、鉄コレ電飾の経験を活かして通電方法を大きく変えました。
まあ新工法と言ってもどちら様かで既に行われているかも知れませんね。
あくまで当社比です(^^)
ブリッジダイオードは足に銅線を取り付けて車端部に床置き、電源側は集電板に巻き付け、LED側は両側面の溝部(床板と座席パーツを組んだ時にできる凹部)に銅箔テープで貼り付けました。
e0354030_8114066.jpg
18mACRDを取り付けた白色LEDとφ2mmプラ棒2本の導光材は天井裏にPPテープで貼り付けます。
こうすることで導光材が車内に垂れ下がるのを防止できます。
LEDのおしり(電極が出る側)の光漏れ防止のためにアセテートテープを1枚貼ります。
e0354030_8114559.jpg
LEDとCRDには銅線を巻き付け、車体側板裏に銅箔テープで止めます。
結果、真鍮パイプが不要になり、全て粘着テープ(導電性銅箔テープ、アルミテープ、PPテープ、アセテートテープ)で施工できるようになり、車体と床下の分解も容易になりました(^^)
e0354030_1641416.jpg
ちなみに従来は、KATO車輌の電飾はこんな風にブリッジダイオードとLEDを真鍮パイプでつないで床板側に取り付けていました(これは京急800形)が、導光材が屋根裏に密着しないので、窓から見えることがありました。
e0354030_8115027.jpg
点灯!
サンバイザーがいい味出してます。
ここもリニューアル・サロの特筆すべき改良点ですね。
e0354030_8115448.jpg
グリーン車を主張する薄緑の帯と赤いシート、サンバイザー。
これぞサロ165ですね。
良く見ると一段下降窓を下げるためのつまみが表現されています。
e0354030_8115990.jpg
今回はシートの背中も赤2号で塗りました。
これでもそれほど暗くならないようですので、旧製品にも施工しようと思います。
あと、ちょっと驚いたのですがリニューアル・サロ165はシートの向きが松本方向、旧製品は新宿方向なんです。
暇ができたら旧製品の座席を反転しましょうか(^^)
e0354030_812412.jpg
下から見上げても導光材が目立ちません。
やはり導光材は天井裏に貼りつけた方が見栄えがいいですね。
これが今後の当廠標準工法になりそうです。
ちなみに銅箔テープ、購入してから半年ほど経ちますが、特に表面の酸化などはありません。
あとはどのくらいの耐久性があるかですね。緑青噴いたら嫌ですし。
e0354030_8121023.jpg
サハシ165の方も同様の工法で電飾しました。
e0354030_8121662.jpg
車端に乗降扉のない普通座席は斬新な感じがします。
いままで当廠になかっただけですが(^^)
e0354030_8122265.jpg
ビュフェ部。元の成型色は青でしたが、ガルグレーに塗装したので明るくなっています。

最近鉄コレの電飾作業を続けて行なっていますが、鉄コレに慣れた目でKATOの車輌を見ると、「やはりKATOのは本物の鉄道模型だな~」と感心してしまいます。
25000mcdの高輝度LEDで電飾しても光漏れや車体が透けることもなく、車体と窓ガラスパーツの隙間から光が見えることもほとんどありません。
この面では前作の115系800番台より進歩しているようです。
塗装も安っぽさがありません。
これでセット購入すれば集電板もついていてT車1輌約2000円ですから、あの程度の品質で今やオープンパッケージや事業者限定で1輌1500円を超えた鉄コレもそろそろ潮時ですかね。
加工派にはおいしい素材なんですが、ねぇ。

これでKATO165系新旧混成12輌、全て電飾が完工しました。
早くお座敷本線を開通させたいですが、さ~て、いつになりますか(^^;;;
[PR]

by nari_masa | 2017-01-22 09:07 | 電飾 | Comments(4)
Commented by がおう☆ at 2017-01-23 11:53 x
こんにちわです。

シン・施工法。
部品点数が減るのと同時に、外から見えない・ボディー取り外しが容易と良い事ばかりですね。
これは真似をさせていただきたいです~(^-^;
電飾の事も、銅箔テープを使って取り外し容易な方法が無いものかと、少し考えてましておりました。
銅箔テープは薄さと導通がポイントですが、どこの物が良いのでしょうね。
それも探してみないと・・・
Commented by nari_masa at 2017-01-23 12:20
がおう☆さん こんにちは。
これは便利な方法ですよ~。
今まで導光材が垂れ下がって困っていたのですが、その恐れがなくなったのが一番大きいです。

銅箔テープのメーカー、私もヤフオクで切り売りを買ったのでよく分かりません。
「君の名は」ですね(^^)
ですが今でもヤフオクで切り売りをしていますよ。
幅20~25mm、長さ1mで送料入れて400円くらいです。
Commented by トータン at 2017-01-23 19:34 x
え、え、え~ お座敷本線の予定があるんですか? 以前一度長い線やっていましたよね~ やはり運転が済んだら撤収ってことはないのですか?
Commented by nari_masa at 2017-01-23 21:35
トータンさん こんばんは。
お座敷本線は例のあれですよ。
運転が済んだら撤収です(^^)
固定式レイアウトはもう諦めております。
工作室の試験線のスペースで固定レイアウトにしたら小型車両しか走行できませんから、今のように試験線のままにしておきます。


<< 鉄コレの集電化・電飾 その4....      鉄コレの集電化・電飾 その4 ... >>