2016年 12月 26日

東武6000系動力台車レリーフ交換・・・失敗事例(^^;;; 6000系施工経歴あり

e0354030_1933899.jpg
東武1700系を整備しながら東武6000系にも手を入れております。

ここまでの東武6000系の施工経歴を掲載しておきます。
前半は新湘南電鐵ARCHIVEのものです。
また、カプラーや電飾など一度施工してもあとからやりなおしたものも多数あります。
ついにミッシングリング入廠!鉄コレ東武6000系
ようやくこの画像が・・・東武6000系
鉄コレ東武6000系(1)弄り初め
鉄コレ東武6000系(2)カプラー交換とベンチレータ塗装準備
鉄コレ東武6000系(3)ベンチレータ塗装とか、あれこれ
本日の調達品とロッド電機の通電ジャンパー線当廠素案
細かい作業が続きますⅡ スハ44系電飾の遮光改善と鉄コレ東武6000系弄り
細かい作業が(ry Ⅲ 接点グリス&SF356台車ゴムべローズ塗装
細かい(ry Ⅳ 東武6000系6輌がやっとカタチに
鉄コレ 東武6000系”冷房改造車”(USO800形電車)
鉄コレ 東武6000系 カプラー交換&走行
鉄コレ電飾通電改良の横展開 東武6000、国鉄52系
鉄コレ 東武6000系 電飾、ジャンパーホース、シール(一応完工)
東武6000シール貼り、EF56-12前照灯施工中&通電カプラー・プロトタイプ(?)
ここから新湘南2です。
鉄コレ台車のカプラーをKATO Bタイプに交換(4)東武6000
鉄コレ台車のカプラーをKATO Bタイプに交換(5)東武6000完工
鉄コレ電飾車輌の通電変更(銅箔テープ)
鉄コレ東武6000系にGMコアレスモーター新動力ユニット取り付け

e0354030_21405798.jpg
一番最後の工事、6000系にGMコアレスモーター動力ユニットを取り付けた際、GMの動力ユニット台車軸距が鉄コレFS357台車と異なっていたため、仮に鉄コレのFS345台車枠レリーフ(右)を取り付けておりました。
これを正式な空気バネ台車枠に交換しようというわけです。
結果的には失敗作なんですが、GMのT台車枠を動力ユニットに取り付けられることが分かったのが収穫でしょうか。
e0354030_1974469.jpg
上がGM動力に取り付けていた鉄コレFS345台車枠レリーフ。
空気バネではありません。
下はモハ6100正規の動力台車、鉄コレFS357台車です。
軸距(ホイールベース)が異なるのが分かりますね。
e0354030_1974963.jpg
で、真ん中のものがGMのFS356台車です。
GMは動力台車を共通化するためFS356のロングホイールベースを表現しなかったので、軸距が一般的な新型台車と同じ14mmになっています。
軸距が上の鉄コレFS345台車と同じなのが分かりますね。
e0354030_1975481.jpg
上はクハ6200の鉄コレFS057台車、下がGMのFS356台車。
軸距が違いますがブレーキが両抱きタイプなのでGMのFS356と似ています。
e0354030_1975922.jpg
GMの台車枠を切り離し、取り付け面を平滑にします。
e0354030_198428.jpg
鉄コレFS345台車枠レリーフを取り外し、GMの台車枠レリーフをゴム系接着剤で動力台車に貼り付けます。
集電板の凸部が台車枠の凹部にはまり込むので位置決めは比較的簡単にできます。
e0354030_198976.jpg
こんな感じになりました。
単体なら一見良さそうに見えるのですが・・・
e0354030_19814100.jpg
クハと連結するとご覧の通り、寸足らずと言うか、腰高と言うか・・・
GM製はホイールベースを短くしたことで全体の造形が破綻しないように、台車枠の高さも低くしてあるようです。
編成として見ると違いが目立ちすぎます。
残念ながら、この試みは失敗に終わりました(^^;;;
まあ、そんなこともあります。
何事もやってみないと分かりませんからね~(負け惜しみ)。
[PR]

by nari_masa | 2016-12-26 19:30 | 鉄道コレクション | Comments(4)
Commented by がおう☆ at 2016-12-27 12:17 x
こんにちわです。

軸間を共用するのは、種類(コスト)を増やさないために、メーカーとして止むを得ないですね。
でも台車のイメージ全体が縮んでいるようなものなんですね。

言われているように単体では変には見えにくいですが、隣に正規が来るとテキメンに変に見えます。
台車枠は上手く転用できるのは良いですが、これでは残念でしたね。
でも、トライされる所が、nari_masaさんですね(^^)/
Commented by nari_masa at 2016-12-27 12:31
がおう☆さん こんにちは。
メーカーとしてもこういう特殊な台車は苦しいところですね。
でもこれをTOMYTECは作り分けたのがすごいです。
鉄コレってなぜか台車まわりは力がこもってます。
床下機器は流用が多くていい加減なのに(^^)

今回は失敗でしたが、トレーラー台車枠を簡単にGM新動力に取り付けられることが分かったのが収穫です。
いずれ何かの機会に活かそうと思います。
Commented by ぼち吉鉄道 at 2016-12-27 12:44 x
こんにちわ。
ようやく落ち着きました。
(って明日で終わりですが…)
台車枠の高さも微妙に違うのですか。
腰高感は、確かにかっこ悪いですね。
nari-masaさんでも解決出来ないなんて(^^;)
まぁ私がそんな事する日は来ないでしょうが…。
Commented by nari_masa at 2016-12-27 15:21
ぼち吉鉄道さん こんにちは。
お久しぶりです。
激務お疲れ様でした。

腰高感は1輌なら車体を下げれば緩和できるのですが、編成物でそれをやると動力車だけシャコタン半島になってしまうのです(^^)
今回は諦めですね。


<< 年末駆け込み入廠 鉄コレ京急1...      東武1700系 カプラー交換 ... >>