2016年 11月 06日

115系800番台とクモニ83もR177を通過させようPJ

e0354030_14473361.jpg
昨日のKATO 165系に引き続き、115系800番台やクモニ83もR177を通過できるようにしようプロジェクトです(^^)
話の流れからすると、密連型カプラー長を追加購入して115系800番台のカプラーを交換する、という方向に進むと思われますよね。

ところが、当廠の常として話はあらぬ方向へ展開していきます(^^)
本日は2段構えの記事になりますが、まずはクモニ83からです。
e0354030_1451199.jpg
実はクモニ83のT車、R177を通過できないのです。
ご覧の通り、R177では台車が首を振れずに脱線してしまいます。
e0354030_1453260.jpg
下から見た時、台車はこの程度しか首を振れません。
e0354030_1535047.jpg
原因はどうやらカプラーホルダーの根元の幅が広いため、大柄なDT13台車のブレーキシューと干渉するらしいです。
e0354030_159248.jpg
使用しているカプラーはKATOの指定通り、左側の密連カプラー短、ホルダーのTの字の下側の幅が広いものです。
e0354030_1571798.jpg
この時のカプラー突き出し量はこの位です。
e0354030_15721100.jpg
そこで密連カプラー長に交換してみました。
こちらのホルダーは幅が狭いので台車との干渉が緩和できそうです。
e0354030_1572761.jpg
台車はここまで首を振れるようになりました。
e0354030_1573299.jpg
かくしてクモニ83はR177を通過できるようになりましたとさ。
めでたしめでたし、なんですがぁ・・・
e0354030_1573769.jpg
今度はカプラーの突き出し量がハンパないです。
あれ?カプラー長短の長さの差って0.3mmだったのでは???
e0354030_1574247.jpg
ここでふと気づいて、ホルダーは長にしたままカプラーだけを短に戻したら、あ~ら不思議、突出し量が丁度良いです。
カプラー短+ホルダー短より少し長く突き出します。
なるほど、長と短はカプラー本体だけでなくホルダー側にも長さの差があったんですね。


ここまでがクモニ83のお話しです。
で、以上の結果をまとめると、昨日の165系ではホルダー短にカプラー長を組み合わせて連結面間距離を長くしたのですが、ホルダー長とカプラー短を組み合わせても連結面間距離は長くできる、ということになります。

さてここから115系800番台です。
カプラー長は165系で使い切ってしまいましたが、その分ホルダー長は余っています。
カプラー短は既に115系に取り付けてあるものを使います。
e0354030_15272586.jpg
つまり165系はこうしたのですが・・・
e0354030_15273415.jpg
115系800番台とクモニ83はこの組み合わせで行ってみようということです。
これがうまくいけば165系で余剰になったホルダー長が使えますから追加購入不要で安上がりです。
e0354030_15301647.jpg
どこまで屈曲できるか見てみましょう。
これが115系800番台のカプラー短+ホルダー長の結果です。
e0354030_15302234.jpg
こちらがカプラー交換前、カプラー短+ホルダー短のデフォルトです。
e0354030_15302717.jpg
そして昨日の165系カプラー交換後。
カプラー長+ホルダー短です。
e0354030_15321215.jpg
R177上でも車端が干渉せずに走行できるようになりました。
e0354030_15321912.jpg
カプラー交換前はこの状態でした。
e0354030_15334795.jpg
連結面間距離です。
カプラー交換後の115系800番台。
e0354030_15335377.jpg
カプラー交換前はこの程度でした。
e0354030_15335889.jpg
昨日のカプラー交換後の165系です。
165系と115系800番台がだいたい同じになりました。
e0354030_1642893.jpg
これでKATO新性能電車編成をR177で走らせる目処が立ちました(^^)
大きな曲線のレイアウトをお持ちの皆様には無縁の悩みなんですが、ミニレイアウトでもやはり入手した車輌は走らせたいですから。
e0354030_1652663.jpg


話が思わぬ方向に進んでしまいましたが、結果オーライということで(^^;;;
e0354030_1653928.jpg

[PR]

by nari_masa | 2016-11-06 15:49 | 新性能電車(N) | Comments(2)
Commented by がおう☆ at 2016-11-07 11:10 x
こんにちわです。

R177を165系も115系・クモ二82も通過できるようになり良かったですねー。
車間もホロがあることもあり、わずかに広がっても違和感は無いように見えます。

わずかな短長の違いで面白い結果です(^^♪
カプラー本体部だけなら0.3mmしか差が無いのに、ホルダー側に細工があるようですね。
長/短、短/長の組み合わせは、微調整が必要な場合にカプラー自体を傷つけることなく出来るのがミソです。
KATOのボデマンカプラーは、今まで後付けで使ったことが無いですが、これで設定バリエーションが増えますねー(^^)/

最近は0.5mmなど、必ず150倍して確認する癖が・・・(^-^;
レイアウトを作り始めると気になるところです。
Commented by nari_masa at 2016-11-07 12:19
がおう☆さん こんにちは。
なかなか面白い結果です。
せっかく車輛を買っても走らないんじゃツマラナイですからね。

慌ててカブラー長を買いにいこうと思ったのですが、土日は出掛けるのが面倒だったので却っていい結果になりました(^^)

取り付けは接着かネジ止めになるので、その辺はTNの方が楽ですね。


<< 80系中間車の電飾準備とペーパ...      KATO 165系リニューアル... >>