新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 26日

KATO京急2100形増結車の整備 続き 導電性接着剤を使ってみました

e0354030_18344787.jpg
KATO 2100形増結編成の電飾作業を続けています。
今日は床板と台車を組み上げてブリッジダイオードを取り付け。
普通はここで集電板を折り返してダイオードの足を挟むのですが・・・
e0354030_18351862.jpg
今回は導電性接着剤を使ってみることにしました。
e0354030_18352723.jpg
固まるまで24時間かかりますのでまだ結果は出ていないのですが、明日の今頃にはその効果が分かるでしょう。

e0354030_1835327.jpg
別件ですが、メーカーさんからED22の側板パーツが届きました。
バリエーションパーツの側板だけ分売して戴いたものです。
e0354030_18353836.jpg
本来のED22キットのものは弘南鉄道仕様で明かり取りの小窓が側板中央上部に2個あるのですが、国鉄ED22には小窓がないのでこの側板を使います。
いよいよキットを買ってこないと(^^)
[PR]

by nari_masa | 2016-09-26 18:43 | 京急電車(N) | Comments(4)
Commented by がおう☆ at 2016-09-27 09:14 x
おはようございます。

導電性接着剤、いよいよ登場ですね。
色は黒なんですね(^-^;
でも無色だと、どこに付けたか分からなくなるでしょうね(笑)
24時間は長いですね。続けて作業したいせっかち派は駄目ですね(^^)

接着剤とありますが、硬化後はそこそこの衝撃耐久性はありそうですか?
室内のこのような場所であれば、そんなに力が加わったりはしないと思いますが、場所によってはそれを求められる可能性はあります。
Commented by nari_masa at 2016-09-27 12:12
がおう☆さん こんにちは。

導電性接着剤、試しに使ってみました。
色は黒です。
機能上、車体表面に出ることはないでしょうからOKと思います。
固化は常温で24時間ですが、ヘアドライヤーで加熱すると早く固まるらしいです。
一応、接着剤ということですので、貼り付くとは思うのですが、どうなりますやら(^^)

こういう室内なら問題なさそうですが、摺動部分ではどうでしょうね。
今度はそれも試してみましょう。
Commented by ぼち吉鉄道 at 2016-09-27 13:35 x
こんにちわ。
接着剤黒なんですね!
一瞬ワニスかなんかで絶縁?って思いました(^^;)
ハンダ数秒。接着剤24時間…。
これは買わないですね…(^^;)
導電がどの程度かが興味あります。
結果は如何に(^^)
Commented by nari_masa at 2016-09-27 15:40
ぼち吉鉄道さん こんにちは。
350円ほどでしたので試しに買ってみました。
ハンダ付けができれば必要なものではないですね。
本来は熱をかけたくない基板の修理に使うものらしいです。
まあものは試しです。

EF57は1号機でしたか。
それなら先台車は原因ではないですね。
そんなに難しい構造ではないので原因は単純だと思うのですが。


<< KATO京急2100形増結車の...      久しぶりの晴れ間、KATO京急... >>