2016年 09月 18日

鉄コレ電飾車輌の通電変更(銅箔テープ)

e0354030_17242657.jpg
昨日の松電10形に引き続き、鉄コレ電飾車輌の通電接片をアルミテープから銅箔テープに交換しました。
まずは富山地方鉄道14760形。
e0354030_17243441.jpg
改造前、真下から見たところです。
アルミテープの厚さの影響で車体中央部が膨れてしまいます。
e0354030_17243928.jpg
銅箔テープに交換後です。
メタボ車体がスリムになってスッキリしました(^^)
e0354030_17244387.jpg
ライトへの給電はばっちりです。
e0354030_17245039.jpg
この作業は簡単なので、鉄コレ電飾車輌全車実施してしまいました。
国鉄クモハ52の改造前です。
e0354030_17245591.jpg
車体側も動力側もアルミテープなので、かなりの厚みになります。
e0354030_17245923.jpg
これは東武6000系の銅箔テープ化後です。
クモハ52と同じ20m級車体ですが、すっきりと納まります。
e0354030_1725480.jpg
通電も問題なし。
導電性粘着テープ付き銅箔テープ、なかなかスグレモノです。
粘着力が弱いのですが、今回の使用例のように車体と動力ユニットで挟み付けて使う分には問題ありません。
しかし部分的に薄い両面テープを併用すると使いやすくなる場面もありそうです。
銅箔テープも何種類かあるようですので、他のテープも試してみたいところです。

鉄コレでもED14などの機関車は通電方法が異なりますので、この銅箔テープ化工事はこれにて一件落着となります。

さて次は・・・天候が悪くて塗装ができません。天気は明日もあまり良くなさそうです。
京急2100形増結車輌の台車・床下とか165系や115系の車内とか塗りたいのですが・・・
電飾準備作業でもしましょうか。
[PR]

by nari_masa | 2016-09-18 17:41 | 鉄道コレクション | Comments(0)


<< 室内灯電飾開始      導電性粘着剤付き銅箔テープ >>