2016年 09月 04日

川崎20t凸形電機の動力車輪交換

e0354030_11471459.jpg
ワールド工芸製プラキット、川崎20t凸電です。
2015年8月~10月頃に製作したものです。
先日のED371(東芝40t凸電)に引き続き、この車輌も動力車輪をマイクロエース製段付き軸車輪に交換しました。
e0354030_11472047.jpg
これがオリジナルの動力ユニットです。
トラクションタイヤはありません。
e0354030_11472565.jpg
1輪だけKATOトラクションタイヤ付き中空軸車輪に交換しました。
KATO車輪は段付きではないのでM2のナットをスペーサーとしてかましてあります。
e0354030_11473163.jpg
川崎20tは小型軽量で牽引力も弱いので、トラクションタイヤを1軸の両輪にしました
ここまでが昨年の工事です。
e0354030_11473651.jpg
トラクションタイヤ付き車輪をマイクロエース製動力車のものに交換しました。
マイクロ製は段付き軸なのでスペーサーを入れなくてもバックゲージと軸長が決まります(軸長は13.2mmでワールド工芸と同じ)。
e0354030_11474144.jpg
KATO製でも大きな問題はなかったのですが、一応東芝45tに合わせました。
e0354030_11474649.jpg
走行は問題ありませんでした。
で、パーツ分売のないマイクロ製動力の車輪をどこから持ってきたか、は次回のお楽しみにします(^^)
[PR]

by nari_masa | 2016-09-04 11:56 | 凸形電機(N) | Comments(0)


<< マイクロ動力にKATO車輪取り...      KATO 京急2100形 増結... >>