新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 02日

DF200走行不良対策(2)

e0354030_2183745.jpg
DF200走行不良対策の続きです。
昨日の急停止はヘッドライトユニットが矢印部のフックにしっかり嵌っておらず、モーター端子が接触不良を起こしたのが原因だったようです。
e0354030_2184337.jpg
ライトユニットをきちんとフックに嵌め込みました。
ただ、動力ユニット全体の嵌め合いがあちこち多少緩いようです。
e0354030_218508.jpg
これでもう一度1時間耐久試験をしました。
今度は1時間走り切りました。
しかし走行開始時に比べると終了間際は後ろ側LEDのちらつきが激しくなったようです。
後ろ側LEDのちらつきは集電不良の証拠ですから、車輪踏面の汚れが気になります。
e0354030_2185547.jpg
車輪の汚れはご覧の通り、かなり酷いです。
e0354030_219165.jpg
こちらからの方がはっきり分かりますね。
この汚れ、こすってもなかなか落ちません。
と言うことで、当廠の線路条件でも車輪が汚れることが確認できましたので、対策に入ります。

今回は考えられる対策を全て行なって、差が出るかどうかを見ます。
複数の対策を一度にしますので、例え効果があってもどの対策項目が効いたのかはすぐには分かりません。
でもまずは対策可能かどうかを確認するのが先決ですので、こういう方法を取ります。
e0354030_219613.jpg
動力ユニットを分解します。
e0354030_2191177.jpg
あちこちの油を除去しましたが、特にこのピボット受けが汚れていたのでラッカーシンナーを含ませた綿棒で清掃しました。
e0354030_2191679.jpg
車輪の汚れもシンナーで拭き取りました。
清掃は対策と言うより整備ですが、まあ基本ですので対策1としましょう。
e0354030_2192297.jpg
トラクションタイヤを1軸に集中させました。
これが対策その2です。
トラクションタイヤはどうしても他の車輪より高めになるため(そうでないとトラクションが効きません)、他の集電用車輪が浮き気味になる恐れがあります。
トラクションタイヤを1軸に集中させることでその可能性を潰しておきます。
e0354030_2192786.jpg
動力ユニットを組み上げました。
e0354030_2193454.jpg
片側の台車は4輪ともトラクションタイヤがありません。
これで必ず3輪は集電できるはずです。
ダイカストブロックが歪んでいたら話は別ですが。
e0354030_2194121.jpg
反対側は1軸がトラクション、もう1軸は集電可能です。
e0354030_2194811.jpg
この車輌は長い集電板とモーター端子をヘッドライトユニット経由で接触させています。
このため、ヘッドライトユニットが浮くと通電不良を起こす恐れがあります。
それを防ぐためにヘッドライトユニットをアセテートテープで抑えつけました。
これが対策その3です。

そしてセラミックコンデンサを1個取り付けました。
これはどの程度効果があるかどうか分からないのですが、思いついたのでやっておきました。
これが対策その4になります。
e0354030_2195526.jpg
さて、もう1度1時間耐久トライです。
e0354030_2110186.jpg
走行は好調です。
セラミックコンデンサを取り付けているので後ろ側LEDはちらつきませんから、通電の良否は判断できません。
e0354030_2110826.jpg
30分間走行させたところで本日は時間切れになりました。
その時の車輪の状態です。
ほぼ、汚れはありません。
e0354030_21101496.jpg
トラクションタイヤのある側は1輪にスジが見えます。
これは汚れという程ではなく、綿棒でちょっと拭うと簡単に取れてしまいます。
e0354030_21102383.jpg
横から見たところです。
e0354030_2110309.jpg
同じくトラクションタイヤ側を横から見たところです。
光の加減でフランジの根元が黒く見えますが、実際にはほとんど汚れていません。

だいぶ良い傾向になったようです。
明日は残りの30分間の走行を行ないます。
[PR]

by nari_masa | 2016-06-02 21:44 | 内燃機関車(N) | Comments(4)
Commented by トータン at 2016-06-03 06:41 x
おはようございます。 そして御面倒をお掛けしております。
ピボット受けはちゃんときれいにしてあったのですが 集電が悪かったため中にスイッチンググリスを塗りこんでテスト中だったものです 自分で出来る可能性のあることはやってみた結果がこの様なグリスの多用でした(^^;
セラミックコンデンサー、常点灯できなくなりますよね~ nari-masaさん方式のトラクション1軸化 気づきませんでした 確かにバランスが良くなる気がします トラクション軸と言えどもフランジ集電がありますからね~(^^ それでは引き続き宜しくお願い致します。
Commented by nari_masa at 2016-06-03 07:38
トータンさん お早うございます。いつもありがとうございます。

あと30分走行させて異常がなければ効果ありということで、順次元に戻して原因を特定して行きます。

コンデンサを外し、トラクションタイヤも元に戻してその都度テストをします。

私の予測ではモーター端子の接触不良だと思います。

KATOが何でこんな通電方法を取っているのかよくわからないです。

ピボット受けは汚れでなく導電性グリスでしたね(^^;;
これも一度リセットさせて戴きました。
Commented by がおう☆ at 2016-06-03 11:43 x
こんにちわです。

通電の影響って大きいんですね。
複合の手を打たれる辺りは、抜かりが無いです(^-^;

十分に効果が出ている様ですね。
原因の特定がうまく行きますように・・・
Commented by nari_masa at 2016-06-03 12:17
がおう☆さん こんにちは。いつもありがとうございます。

こういうのはトラブルシューティングの手法の一つでして、検証が簡単なら一つずつ潰しますが、今回のように検証に時間がかかる場合は一遍に全部やってしまって効果を見ます。

一つずつやっていって結局全部ダメだったら立ち直れませんから(^^)

全部やって効果ありなら逆に対策を元に戻していって原因にたどり着きます。

今回はどうやら効果があったようですので、一安心です。


<< DF200走行不良対策(3)      DF200走行不良対策(1) >>