新湘南電鐵 横濱工廠2 archive

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 21日

KATO京急800形の再電飾(中編のその1くらい)

e0354030_1842670.jpg
京急800形再電飾、続きです。
細かい作業が多いため、今一つ進捗しません。
いつ終わるか分からないので、中編その1とか訳の分からない表示になってます(^^;;
前照灯はLEDでこんな感じにしました。
e0354030_1843123.jpg
KATO純正電球式前照灯ユニット(下)と高輝度電球色LED(上)です。
e0354030_1843614.jpg
KATO電球式だと、12Vでかなりがんばってもこのくらいです。
e0354030_1844173.jpg
LED化すると明るくはなるのですが、光漏れが起きてしまいます。
e0354030_1844694.jpg
これは前照灯カバーと前面窓が一体透明パーツでできているためで、対策として左のようにレザーソーで切り離して端面を黒く塗り潰しました。
e0354030_1845347.jpg
これで光漏れもほぼ防げます。
念のために最終の組み立て時にアルミテープでも貼っておけばOKでしょう。
この前面窓の切り離し作業をあと3輌分やらなくてはなりません。
e0354030_185070.jpg
テールライトですが、電球の側面の光を導光するタイプなのでLEDにアルミテープを巻き付けました。
e0354030_1851094.jpg
KATO純正電球式の場合、12Vではこのくらいです。
e0354030_185699.jpg
LEDで3Vくらいです。
尾灯なのでこのくらいで良しとしましょう。
e0354030_1851648.jpg
側窓は遮光の黒と室内色の塗装中ですが、まだ12輌中4輌分を施工しているところです。
これはまだかなりかかりそうです。
e0354030_1852747.jpg
先日入廠した小田急3000形、今日は天気が良かったのでパンタグラフをライトガンメタルで塗装しました。
電車のパンタは銀で塗ることが多いのですが、昔の車輌でもありますので、ちょっと重厚感を出してみました。

さて、もう暫く京急800形の塗装作業が続きます。
あまり長時間続けると溶剤中毒になりますので、ほどほどに進めます(^^)
[PR]

by nari_masa | 2016-05-21 18:28 | 京急電車(N) | Comments(4)
Commented by トータン at 2016-05-21 19:32 x
ちっちゃいものですから遮光も大変ですね 電球は所詮電気は食うしプラも溶かしてしまうしね~ 昔購入した北斗星編成は標準で室内灯が付いていたのですが 走りが重かったですよ~ 電機が遅くてフルスロットルにして丁度よい速さより少し遅い感じでしたから・・・・・LEDに交換したらなんと高速電機に変貌しましたよ これからは殆どLEDになるのでしょうけれど中古を漁っているとこれからもこれらの作業が付きまといますね~
Commented by がおう☆ at 2016-05-21 21:33 x
こんばんわです。

前面窓ガラスの切り離しに、色塗りに大変ですね。
照度は上手く行ったように見えます。
電球式を切り替えるのも大変ですね。
手元にある古いモデルは、結構時間を食う作業になるという事ですなぁー(^-^;
フーゥ
Commented by nari_masa at 2016-05-21 21:40
トータンさん こんばんは。いつもありがとうございます。
そうですね~、電球式でもスペースがあってしっかりと遮熱できればいいのですが、プラ部品と接触していると溶けます(^^;;
全車電球式だとかなり電気も喰いますね。
うちの機関車は全てきらめきライト化しているので、残った電球式の車輌はこの800形だけのはずなんですが、もしかするとマイクロの京急1000形あたりが電球かも知れません(^^;;
Commented by nari_masa at 2016-05-21 21:43
がおう☆さん こんばんは。いつもありがとうございます。
古い車輌はあちこち部品の嵌め合い精度が悪いので隙間があります。
高輝度LEDにすると却ってアラが見えてしまいます(^^;;
それを遮光しようとすると、あちこち手を入れませんと。
でも時間があるときにはいいですよ。
結構時間潰しができます(^^)


<< KATO京急800形の再電飾(...      E10来ましたね >>