新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 15日

KATO京急800形の再電飾(前編)

e0354030_1640206.jpg
先日、KATOの165系旧製品を再整備した際に前照灯まわりが電球の熱で溶けかかっておりましたので、同じ電球式前照灯仕様のKATO京急800形もLED化することにしました。
当廠にはKATOの800形が12輌ありますが、まずは改造が簡単な中間車6輌が完工しました。
左が高輝度LED化した中間車M2、右がKATOの純正LED室内灯を取り付けたままの先頭車M3Cです。
室内灯だけは以前からLED化してあったのですが、今となっては暗いので、これも高輝度に交換してしまいます。
e0354030_16402426.jpg
同じく、左が今回高輝度LED化した車輌、右がKATO室内灯です。
かなり明るさが変わります。
e0354030_16402954.jpg
この車輌はKATO製品の中でも初期の室内灯取付仕様で、通電板の形や室内灯ユニットの保持方法が現在とはかなり異なります。
これがKATO室内灯を取り付けた状態です。
e0354030_16403564.jpg
その室内灯ユニットを外して、手前のように通電板を折り曲げます。
e0354030_16404456.jpg
これに室内灯保持用の黒いプラ製ホルダーはめ込みます。
e0354030_16404971.jpg
ブリッジダイオードの電源側の足を伸ばし、少し切り詰めました。
e0354030_16405575.jpg
そのブリッジダイオードをホルダーに挿し込みます。
e0354030_16405932.jpg
LEDの方はいつものように定電流ダイオードを巻き付けてφ3mmプラ棒を取り付けます。
これはいつもの方式(いわゆる夕庵式のハンダを使わない組み方)です。
e0354030_1641416.jpg
真鍮パイプでブリッジダイオードにつなぎました。
遮光と保持はアセテートテープで。
これは車輌の天井に貼った銀テープとのショート防止を兼ねています。
e0354030_1641919.jpg
点灯テスト。
LEDは高輝度白色にトータンさん式オレンジワンポイントです。
e0354030_16411654.jpg
12輌中6輌は座席を塗装していなかったので、この機会にエナメルのフラットブルーで塗りました。
e0354030_16412294.jpg
次は先頭車6輌です。
これは電球式で、これの交換が今回の主目的です。
ちょっと1輌、電球色LEDでテストしてみたのですが、明る過ぎて盛大に光漏れするようです。
現在対策工事中ですが、この対策は少し時間がかかりそうです。
e0354030_16412960.jpg
標識灯(テールライト)もLEDに交換しますが、これは高輝度白色LEDでは明る過ぎるのでちょっと考え中。
あまり明るくないLEDをヨドバシで買ってきましょうか。

さて明日、ある車輌が入廠してくる予定です。
そちらの整備を先にすることになりそうです。
[PR]

by nari_masa | 2016-05-15 17:03 | 京急電車(N) | Comments(2)
Commented by がおう☆ at 2016-05-16 12:24 x
こんにちわです。

京急800形のLED化お疲れさまです。
やはり純正より、夕庵式のほうが明るく均一ですね。
純正が負けるってのも如何なものかとは思いますが(笑)
黒いホルダーだけは、切り替える時にブリッジダイオードの脚を差し込むだけなので役に立ちますね。

電球式からLEDのすると、灯りがきつくなって遮光に気を使わないといけないんですね。
電球暗いですから(^-^;
Commented by nari_masa at 2016-05-16 12:37
がおう☆さん こんにちは。いつもありがとうございます。

KATO純正でも最近のクリアなら光量は遜色ないと思いますが、値段が(^^)
夕庵式は1輌100円かかりません。

光漏れ、LEDにすると劇的に悪化します(^^;
実は完工宣言した中間車6輌も窓の縁から光漏れするのが判明、再度ばらして遮光塗装中です。

それより、次の車輛が入ってきてしまいました。
どちらを先にするか思案中です。
車輛をばらしたままにしておくとパーツを紛失しますから(^^)


<< 小田急3000形「ロマンスカー...      本日の購入品と京急1000形8... >>