2016年 04月 09日

ユーレイワムハチの牽引力強化

e0354030_2047972.jpg
さて、本日もユーレイワムハチのお話しです。
大村様のHPを拝見して、KATOワム80000を入手、チビ客車の動力を移植、簡単にできました。でも牽引力はイマイチ・・・・
これで終わりでは少し残念ですね。
で、ワムハチの牽引力強化をやりました。
e0354030_20471541.jpg
まずは30年物の動力ユニットを再び取り出します。
e0354030_20472153.jpg
ウェイト兼用のモーターカバーを外します。
チビ凸(電気機関車)と共通部品を使用した動力ユニットなので、車輪径が大きいです。
e0354030_20472789.jpg
車輪径を測ってみるとφ6.5mm。
実物換算でφ975mm、貨車の車輪径ではありませんね(^^;;;
二軸貨車はよく知りませんが、国鉄標準ならφ860mmでしょう。
e0354030_20473326.jpg
で、車輪をKATOの中空軸車輪に交換します。
直径φ5.5mm。実車換算でφ825mmくらいですが、踏面にテーパーがついているので測る場所で多少ばらつきます。
メーカー公称値はφ5.6mm、実車換算でφ840mmです。
e0354030_20474955.jpg
φ5.6の車輪を組み込みました。
ご覧の通り1輪だけトラクションタイヤ付きで、これが今回の牽引力強化対策です。
e0354030_20473827.jpg
ここでちょっと小細工をします。
普通の中空軸車輪のバックゲージは7.3~7.4mmくらいなのですが・・・
e0354030_204743100.jpg
片方の車輪だけ車軸の長さを詰めて7.0mmくらいにしました。
バックゲージを詰めたのはトラクションタイヤがついていない集電用車輪の方で、トラクションタイヤ付きの車軸は詰めていません。
e0354030_21101569.jpg
このバックゲージを詰めた場合の効果に関する根拠を説明するのはなかなか難しいのですが、一応試みてみます。
上図のようにバックゲージが広いと車輪がレールに対してあまり左右動できないので、両方の車輪踏面のテーパーの一番太いところでレールと接します。
このため、4輪単車ではレールのちょっとした歪みでも4輪のうち1輪がレールから離れやすくなり、1輪をトラクションタイヤ付きにすると集電性能がかなり落ちるのです。
e0354030_21103393.jpg
そこでバックゲージを狭くすると上図のように車輪がレールに対し左右動が許容されますから、レールのゆがみに対し車輪踏面のテーパーが有効に働いて追従しやすくなると考えられます。
その結果、普通ではサスペンションが必要な4点接触がサス無しでも維持しやすいのではないかと思われます。
これはまだ検証もなにもしていない素の推論なのですが、実はワールド工芸の銚子デキ3も津川洋行のコッペル君もこの処置をしてから集電性能が格段に向上したのです。
もちろん線路条件とか、ポイントのタイプによってもバックゲージを狭くできる限界は異なりますから、やみくもに詰めるのはちょっと危険です。
でも詰め過ぎたらスペーサーをかます等のリカバリー手段はあります。
e0354030_20475328.jpg
車体内部は更に鉛板を増やし・・・
e0354030_20475945.jpg
最終の整備重量は88g。
ちょっとしたED級電機なみです(^^)
e0354030_2048656.jpg
車輪径を小さくしたので、モーターカバーを取り付けると線路に腹をこすります。
マイク〇ヱ-スじゃあるまいし(^^;;;
なのでモーターカバーは無しです。
車体内部は鉛が上の方にあるのでトップヘビーになってしまい、高速ではカーブで転覆しますが、一応貨車なので高速運転はしない方向で。
e0354030_2132764.jpg
ちなみに加工前です。

まあ、結果の程は動画でどうぞ。

[PR]

by nari_masa | 2016-04-09 21:38 | その他の車輌(N) | Comments(8)
Commented by トータン at 2016-04-10 10:12 x
確かに4輪の車両の駆動ってこんな問題が出ますね~ これはウェイトを追加して解決できるものでは無いですね。
そういえばこの図のような車輪大量に所持しています 大昔のキハ82の動力ユニットに使われていたもので 図の様にピボット軸ではなく車輪面一のものでギヤー付きのもの、さらには動力台車ユニットに組み込まれたものが我家にゴロゴロあります もし御入用でしたら送りますよってゴミを送るなってことになりますかね?(^^;
Commented by nari_masa at 2016-04-10 11:47
トータンさん お早うございます。いつもありがとうございます。
そうですね~、でも意外とウェイトは効きますよ(^^)
車輪の件、ありがとうございます。
うちにもこの手の車輪は大量にごろごろしてます。
GMの古い動力ユニットの車輪はみんなこれだったので(^^)
Commented by がおう☆ at 2016-04-10 20:59 x
こんばんわです。

ユーレイWham!(ワォー)
鍛えられましたね。
それも集電力を(^^)/
車輪の働きをそこまで考えたことは無かったです。
面白さと共に興味深いです。
貨車だけで走り回ると、どいつが動かしてるんだーって叫びたくなりますよ(笑)

EXCIA指令5241 EF52は阪和線の活躍もさることながら、EF53がいない当区にとって最大ボディーのスター機関車です(^^)/
Commented by nari_masa at 2016-04-10 22:10
がおう☆さん こんばんは。いつもありがとうございます。
トラクションタイヤのある側の集電は1輪だけになりますので、さすがに線路が汚れているとうまく走りませんね(^^)
そこそこ清掃してあれば大丈夫です。
最初、KATO標準の車軸を付けた時はまともに走りませんでしたので、バックゲージ短縮はかなり効果があるようです。

EF52はEF53に較べるとかなり車長が長いですね。
実を言うとEF51~54はあまり興味がなかったので良く知らなかったのですが、昨年Tさんのマイクロ機のライト交換をした時に初めて知りました(^^;;
Commented by 大村 浩一(紙の電車) at 2016-04-10 23:44 x
nari_masa様

 ユーレイワムハチの牽引力強化、ありがとうございました。それにしてもまだ牽引力強化の余地があったとは…。ゴムタイヤ装備、バックゲージ短縮。
 特に後者は集電対策として可能性アリ、との事。小職も試してみます。有田コッペルさんがバラされたのも、これが狙いだったのですね。
 しかも加工用の車輪が各社にゴロゴロあるとは…。どこまで奥が深いのか日本の摸鉄人。皆さんに敬服です。
 紙製ワム8もゼヒお試し下さい、だまされたと思って。紙製のコンテナは実際に走らせてる人が居ましたし。車両でも意外と見劣りしません、少なくも走ってる間は。(悶)余った下回りも活用できますのでゼヒ。
Commented by nari_masa at 2016-04-11 07:35
大村様、お早うございます。コメントありがとうございます。

四輪単車と言えども奥が深いです(^^)

長年鉄道模型工作をやっているとこの手の部品はたくさん溜まってきます。
整理すればいいのですが、「いつか使えるかも」と言って捨てないのです。
ペーパーワムハチ、製作させて戴きましたよ。
まだ大村様のご指示通りに作った第1ショットですが、今夜にでもUPいたします。
ペーパーモデルを作ったのは45年ぶりです(^^)
Commented by ぼち吉鉄道 at 2016-04-11 12:19 x
こんにちわ。
モワフ?ワフモ?モフ?
名前変えないとダメですね(^^)

どうにもならない機関車には、この方法いいですね。
お腹は確かにやばそうですが(^^;)
Commented by nari_masa at 2016-04-11 12:33
ぼち吉鉄道さん こんにちは。いつもありがとうございます。

昔、国鉄で自走貨車というのが試作されたことがありまして、キワ90と言いましたかね(^^)

ですからディーゼルならキワ、電動貨車ならモワでしょうか。
でも運転台がないのはどうなるんでしょうね?

そうですね~。うちには四輪のEB級電機もたくさんいるのですが、徹底補重してあるので走行性は悪くないのです。

でも一輌試しにトラクションタイヤつけてみましょうか?
今月は入廠車輛がなくて当廠暇なのです(^O^)/


<< ペーパーワムハチ ファーストショット      KATOワム80000入廠、ユ... >>