新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 29日

EF552 前照灯光源交換 きらめきライト・ピコ到着

e0354030_202777.jpg
本日、いつもお世話になっている美軌模型店さんにお願いしていたパーツ類が着荷しましたので、早速EF552の前照灯光源交換作業を行ないました。
e0354030_2021225.jpg
本日の到着品はきらめきライト・ピコときらめきライト水平型、当廠常備品です。
e0354030_2021742.jpg
今回初めて送って戴いたシールウェイト。粘着剤付きの板鉛です。
これで更なる補重を狙おうという魂胆です。
そして遮光と通電に威力を発揮するアルミテープ。
百均のものより延びと粘着力が良く、車体隅の遮光にはぴったりです。
e0354030_2022290.jpg
瞬間パテの粉とポリウレタン被覆銅線。
今回初めて購入してみました。
瞬間接着剤にふりかけると瞬時に固まるのだそうで、美軌模型店さんのHPに出ていますが、さて、どんな使い途があるでしょうか?
こういう未知数というか、いろいろな可能性を秘めた素材は大好きです。
あれこれ考えるのも楽しい時間ですね。
ポリウレタン銅線は、いままできらめきライトの銅線の切れ端を使っていた給電部分などに使おうと思います。
e0354030_2022845.jpg
これらの部品は美軌模型店謹製部品専用収納箱に収めます(元はワールド工芸のプラキットの箱)。
富山の配置薬箱ならぬ新潟の配置部品箱(^^)

e0354030_2023329.jpg
さて、それではEF552の前照灯光源交換工事です。
これはきらめきライト・ピコ。
右側の先端部が高輝度白色LED、左側が抵抗をセットした基板です。
基板とLEDの間はポリウレタン銅線、基板より左は裸銅線です。
これにより、基板とLEDの間の導線は組み付け時に接触してもショートしません。
e0354030_2023985.jpg
ケーブルをつないで6Vほどで光らせてみました。
発光色は白色ですので、これに色をつけて電球色にします。
e0354030_2024432.jpg
まずは黄色のマーカーを濃いめに塗ります。
光ってしまうとカメラでは良く分かりませんが、肉眼ではかなり黄色いです。
e0354030_202499.jpg
これにオレンジをチョンチョンと押し付けて赤味を加えます。
気に入った色になるまで何度でもやり直せます。
e0354030_2025561.jpg
EF552です。
EF55の戦前仕様を目指してマイクロ製品を改造したものですが、今ではもう少し手を加えたいところもあります。
塗色がぶどう色2号なのは諦めますが。
機関士はみっちゃん。
e0354030_203289.jpg
屋上のモニターを外します。
今はきらめきライト水平型が付いているので、銅線をPPテープでダイカストブロックに貼り付けてLEDに給電しています。
最初にこれを剥がしてから車体と動力を分離します。
e0354030_20392.jpg
ちょっとボケましたが、動力ユニット全景。
粒鉛(初音ミク ロウェイト)を瞬着で固めた雷おこしの上にみっちゃんが乗ってます。
e0354030_2031887.jpg
では特別公開、ガラス越しでない中山美智機関士。
いつも何か食べてるんですよね~(^^;;
e0354030_2032653.jpg
車体の天井裏に貼りつけてあるきらめきライト水平型です。
車体内で発光するので、光漏れを防ぐためにこれくらい厳重な遮光が必要です。
e0354030_2033373.jpg
アルミテープを剥がしてきらめきライトを取り出しました。
これはまた次の車輌に使います。
e0354030_2034028.jpg
撤去跡にきらめきライト・ピコを仮にセットします。
先端は前照灯の導光材が通っていた角穴から外に出します。
e0354030_2034623.jpg
外側から見るとこんな感じに。
e0354030_2035325.jpg
通電テストです。
e0354030_2035936.jpg
通電状態で下からみたところ。
これを遮光するのは至って簡単。
e0354030_2041171.jpg
角穴をアルミテープで塞げば完了。
光源が車体内にあるきらめきライト水平型に比較しても大変楽です。
e0354030_204525.jpg
EF551と同時に加工しておいた前照灯部品を取り付けます。
LEDはφ1.2mmの穴があれば入ります。
e0354030_2041832.jpg
基板はショートを避けるためにアセテートテープで固定します。
e0354030_2042474.jpg
車体を動力ユニットに被せました。
e0354030_2043180.jpg
銅線をアセテートテープでダイカストブロックに貼り付けます。
これで通電もOK。
e0354030_2043871.jpg
線路からの給電も大丈夫です。
e0354030_2044558.jpg
パンタグラフとモニターを取り付けて完成~。
作業時間はほぼ1時間ほどでした。
e0354030_2045567.jpg
これでみっちゃんも信越線の夜間運転が楽になるでしょう(^^)
e0354030_2123070.jpg
これはEF551ですが、光源交換前(きらめきライト水平型)です。
導光材の透明度が低いためにきらめきライトを使っても前を照らしませんでした。
[PR]

by nari_masa | 2016-03-29 21:04 | 旧型電関(N) | Comments(2)
Commented by がおう☆ at 2016-03-30 12:38 x
こんにちわです。
部品調達で、みっちゃんのEF55も照明アップし、グレードアップが完了しましたね(^^♪
両輪のえっちゃん、みっちゃんもさることながら、これだけ前従輪がちゃんと稼働する形のEF55をたくさんお持ちなのはホントに凄いですね(トータンさんのとこにもありましたね)(^-^;
nari_masaさんのEF55愛が感じられます(笑)

今回調達された中で瞬間パテの粉は気になりますね。
何やらソッコーで固まり強度もあるとか???
私もそろそろポリウレタン銅線など、この辺りの部品調達資金も捻出していかねばなりません(^-^;
Commented by nari_masa at 2016-03-30 14:42
がおう☆さん こんにちは。いつもありがとうございます。

やはりEF55はうちを代表する機関車ですので、その時その時の一番良いものをあてがっております(^^)

瞬間パテ、気になりますよね~。
何に使おうかと思案中です。
盛れるそうなのでエポキシパテの代わりになるかも知れませんね。
硬化時間が短縮できれば作業が捗ります。


<< トータンさんに業務連絡      コッペル君の低速運転 >>