新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 09日

KATO EF13 入廠整備

e0354030_21145159.jpg
先日KATOから発売されたEF13の入廠整備を行ないました。
KATO機はマイクロ機と違って手を入れるところがほとんどない上、当廠に来た機は駆動音も静かで動力ユニットを分解する必要がありませんでした。
実施したのは
(1)パンタグラフの塗装(以前に塗装してあった手持ち品に交換)、
(2)ナンバープレート装着
(3)カプラーをCSナックルに交換
(4)ブレーキホースの取り付け
といった程度でした。
EF13はもともとプレート先輪なのでスポーク車輪に交換する必要もありません。
KATOはやや背が低めのEF13のフォルムを見事に造形化しましたね~。
e0354030_21145765.jpg
右のマイクロEF10ステンレスはEF13より先行して入廠しましたが、こちらは大手術なので整備はもう少し後です。
このあとはマヌ34とスハ32系を先に整備しようと思います。
e0354030_2115389.jpg
空気溜めの配管表現や台車の造形も決まっていますが、この辺はもうKATOのスタンダードですね。
e0354030_2115831.jpg
凸形時代の面影が残る台車枠先端です。
e0354030_21151593.jpg
さて、ここからはカプラーシャンクの短縮です。
KATOのCSナックルに交換したのですが、概ねKATO旧型機はカプラーが突き出し気味になります。
そこで元の中心ピンをニッパーとデザインナイフで切り飛ばし、約1mm奥にφ0.8で穴明けしてM1ネジをセルフタッピングします。
これでCSナックルを支持しますが、元のコイルスプリングでは長すぎるので鉄コレ用の短いバネに交換します。
またカプラーの根元が下側のカプラー抑えの爪と干渉するのでカプラーを細くヤスってあります。
片方の台車は上からネジを入れて完了しましたが・・・
e0354030_21152085.jpg
もう一方はネジ穴が少し斜めになってしまい、カプラーが傾いたので、下側のカプラー抑えに長穴を明けて下からネジを入れました。
この方がネジの垂直が出しやすいのと、上の工法ではだんだん余ってくる長いネジが無駄になりません。
鉄コレの銀色のコイルスプリングが見えますね。
e0354030_21152552.jpg
上から見るとこんな感じになります。
どちらもデッキの脚に干渉することはありませんでした。
e0354030_21153063.jpg
ナックル突き出し量はこのくらい。これで特にカーブを通過できないことはありませんが、マグネティックナックルを使う場合は解放しにくくなるので元の位置の方が良いかも知れません。
e0354030_21153885.jpg
さて今度はKATO EF10(左)とのコンビです。
もちろんEF10のカプラーも短縮してあります。
片や丸形車体、片や角形車体の対比が面白いですね。
e0354030_2115434.jpg
どちらも魅力的で、優劣つけがたいです。
こんなのが重連で走って来たら狂喜しますね(^^)
これでEF13の整備は完了です。
残念ながらR140は通れないので、そのうち座敷に線路を敷き回せたらロングランをやりましょう。
[PR]

by nari_masa | 2016-03-09 21:46 | 旧型電関(N) | Comments(6)
Commented by nobuemondouhonpo at 2016-03-09 22:05
nari–masa様
EF13入廠整備♪
お疲れ様ですo(^▽^)o

流石のカプラー交換で、突き出しが短くカッコいいですねo(^▽^)o
丸型車体と角型車体…どちらも素敵ですよねo(^▽^)o
と言いながら、まだEF57しか買ってませんが(;^_^A
重連で走ってきたら!?!?
きっと嬉しいのと目に焼き付けたくて、ガチガチに固まっってしまいそうです♪
Commented by みき at 2016-03-10 00:30 x
遅くなりましたが、ブログ再開おめでとうございます(^^)
茶色い電機が整備されているのを見ると、なんだかホッとします。それにしてもEF13、良く出来てますね。何を牽かせるか想像するだけで楽しそうです^^
Commented by nari_masa at 2016-03-10 07:38
ノブえもんさん お早うございます。いつもありがとうございます。

丸形と角形、どちらもいいですが、どちらか選べと言われたら丸形を選びます(^^)/

でも旧型電機で一番好きなのは最もカクカクしているEF50とEF57。

この矛盾は自分でも説明できません(^O^)
Commented by nari_masa at 2016-03-10 07:56
みき さん
いつもお世話になっております。
コメントありがとうございます。

ご心配をおかけしましたが、ようやく再開できました。

この機関車の造形はさすがKATOといったところですが、ちょっとすっきりし過ぎで終戦直後の雰囲気ではないですね(^^)

EF13、本来は貨物機ですから古い客貨車なら何を牽いてもサマになりますが、当方はEF13牽引の中央東線列車(当時、電化は甲府まで)に実際に乗ったことがありますので、やはり今回のKATOスハ32セットがピッタリきます。

次の整備ネタ、マヌ34では例の台車集電板取り付けにトライしてみようかと(^^)/

また、宜しくお願い致します。
Commented by がおう☆ at 2016-03-10 12:32 x
こんにちわです。

EF13整備お疲れさまです。
やっぱりカプラー引っ込めるとバランスが良くなりますね。
デッキが上に乗ってくれるので、穴開けも気負いせずに出来るのも良いところです(^^♪
マグネ・マティックカプラーのトリックピンがあるので、今回はエアホースを自粛しましたが、この画像見ると付けたくなりますね。
Commented by nari_masa at 2016-03-10 12:45
がおう☆さん こんにちは。いつもありがとうございます。

昔はアーノルトでも大して気にならなかったのですが、造形が良くなればなるほど細かいところが気になりますね。

カプラー引っ込めると印象が格段に良くなります。

トリップピンはそれ自体がブレーキホースを模したものだと思いますから、別のものを付けなくても十分な気がしますが、どうでしょうか?
その辺は人それぞれの感性によるのでしょうね(^^)


<< 京急2100形ブルスカが大変な...      京急1000形1800番台 初乗車 >>