2016年 02月 01日

コッペルとデキ3、どこが違うの?

e0354030_20234348.jpg
先週の土曜日くらいから工作室が寒くて長時間作業ができません。
冬の期間はどうしようもありませんね。
さて先日の動画で、同じくらいのサイズの有田コッペルと銚子デキ3、何であんなに走りが違うんだろう?
ということで、動力の比較をしてみました。
e0354030_20235524.jpg
こちらコッペルです。
モーターとウォームが端にあり、ウォームホイールは前輪へのスパーギアを兼ねています。
かなり大きなギアモジュールのためウォームホイールのギア歯数がかなり少なく、高速ギアになっています。
e0354030_2024066.jpg
これもコッペル。蒸気機関車のキャブにモーターを納めるため、モーターが端にありますが、このせいでモータートルクによりお尻を振りやすいのです。
そうすると車輪踏面がレール面から離れてしまい、通電不良の原因になるようです。
e0354030_2024662.jpg
こちらがデキ3です。ウォームホイールの歯が細かいですね。
同じ直径でもその分歯数が多くできますので、低速ギアになります。
前輪への伝達は別のスパーギアで、こちらはコッペルと同じくらいのギアモジュールです。
このウォームホイールをコッペルへ移植できたらいいのですが、中間スパーギアも必要ですし、そう簡単にはいかないようです(^^;;
はやく暖かくなりませんかね~

ちょっと追記します。もうどなたも読まないかも知れませんが、新しくトピ立てるほどでもないので(^^)
e0354030_195886.jpg
津川洋行製コッペルのモーターです。
e0354030_19581679.jpg
こちらもコッペルのモーター。
e0354030_19582331.jpg
ワールド工芸製東芝45t電機のモーターです。
台車マウントになっていますが、同じ大きさのようです。
e0354030_19583093.jpg
その川崎45tのギア付き車輪です。
e0354030_19583760.jpg
こちらワールド工芸製川崎20t電機のモーター。
これも同じですね。
e0354030_19584532.jpg
やはりギアモジュールが小さいです。
e0354030_19585223.jpg
これが銚子デキ3です。ウェイトにくるまれていますが、やはりモーターは同じです。
e0354030_19585964.jpg
銚子の車軸を外したところです。
このギアが一番歯数が多いようです。
これも最初は結構調整が必要でした。
要するにワールドさんのウォームとギア付き車軸をコッペルに移植すれば1軸駆動なら低速化できるわけですね。
でも牽引力ガタ落ちなので、何とか今のギアでスムーズに動くようにもう少しがんばってみます(^^)
[PR]

by nari_masa | 2016-02-01 20:35 | 蒸気機関車(N) | Comments(6)
Commented by nobuemondouhonpo at 2016-02-01 22:41
nari–masa様
こんばんはo(^▽^)o

なるほど〜♪
コッペル君の構造が、画像とnari–masa様の解説で「ポルシェのRRの様な配置」が故に車体がウイリーする様な姿勢になり易く、よって集電も後ろ1軸2輪がメインとなるので不安定になる…
ギアも「デキスギ君」とはピッチも減速比も違ったのですね(;へ;)

後進でのバック牽引だと安定するのでしょうか?
また、コッペル君は背面にコールバンカー無しタイプの機関車なので、客車などの集電台車を使った簡易的なテンダー車をドローパーで連結するとウイリー防止と、集電が上げられそうですが…
やっぱりギア比の方が問題になりますよね(T . T)
Commented by nari_masa at 2016-02-02 07:39
ノブえもんさん お早うございます。いつもありがとうございます。

コッペルの走りを見ていると、テールヘビー自体はボイラーをソフトメタル製にすれば解消されるようで、前輪が上がるウィリー走行はそれほど酷くありません。
トラクションタイヤもありませんからチョロQみたいではないです(^^)

むしろギアモジュールが大きくてギア比が小さいウォームギアを非力なモーターで回すため起動がラビットスタートになり、その時のモータートルクでケツを振る、という感じです。

そしてなぜか逆走はあまりスムーズではありません。
前進方向に微調整した結果でしょうか?
Commented by がおう☆ at 2016-02-02 12:24 x
こんにちわです。

ギアの歯数をみると、良く分かりますね(^-^;
ワールド工芸さんの方は、この辺りは奢っている感じです。
小さいが故に走りは・・・というイメージを持たれない為にこの辺は工夫されているのかな~

ギアを変えるとなると大工事になりそうじゃないですか(^-^;
出来のいいコッペル君への道は厳しいですね。

EXCIA指令:7913 EF13はいよいよ今月ですが待ち遠しいです。 ED79も再販するみたいですね。これは青函用には要るのでしょうが未配置です。
Commented by nari_masa at 2016-02-02 12:42
がおう☆さん こんにちは。いつもありがとうございます。

ウォームギアの違い、ワールドさんは「鉄道模型メーカーの製品」、津川さんは「玩具」という感じです。
ちょうどKATOとGMの動力ユニットの差くらいですね。

移植は困難そうです。
1軸だけなら可能かもですが、今度は牽引力がダメダメに(^^)

いま通電改善を構想中ですが寒くて作業が捗りません(^^;

7913、ED79はトレーラーがいます(^^)
EF13は今月出るのでしょうか?
今はこれしか予約がないので楽しみです。
でもKATOのEF級はR140を通れないんですよ~
強引に改造してしまいましょうか?(^^)
Commented by nobuemondouhonpo at 2016-02-03 11:09
nari-masa様
再び御邪魔します♪
バック運転の逆走は、あまり得意ではなかったのですね(T▽T)

追記はいけんしました♪
ワールド工芸さんや津川洋行さんやアルナインの動力など、小さなモーターはそれこそかなりの種類がありますよね(汗)
またギアもモジュールピッチも様々で、選べる代わりに入手方法が難しそう・・・
私の手元にも携帯のバイブモーターや家電から外した小さなモーターを集めていますが、それぞれの軸径がマチマチなのでチョロQや目覚まし時計などのギアをバラして保管しています
しかし、ピッチの合うウォームとリングギアが少ないのでジャンクばかりとなっています(^^ヾ


Commented by nari_masa at 2016-02-03 12:15
ノブえもんさん こんにちは。いつもありがとうございます。

こういう前後非対称の小型車輛は両方向安定に調整するのが難しいです(^^;;
で、どっち付かずになるくらいなら思い切ってバック運転は捨てます。

電気機関車でさえそうする場合がありますが、電機はやはり忸怩たるものがあります。

ギアとか小型モーターはいつ何時必要になるか分かりませんから、折りをみて入手しておくと良いのでしょうね。
ただギアはモジュールが千差万別ですからジャンクボックスのようになってしまいます(^^)


<< 本日は西へ      コッペル君の初仕事 >>