新湘南電鐵 横濱工廠2 archive

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 30日

コッペル君の初仕事

e0354030_18115351.jpg
一応、コッペルの動力整備が終わって自力で走れるようになりました。
まだまだ低速運転では立ち往生もありますが、何とか貨車を牽いて45‰を上り下りできます。

今日はその動画ですが、ジェットコースターみたいで目が回るかも(^^;;

[PR]

by nari_masa | 2016-01-30 18:15 | 蒸気機関車(N) | Comments(8)
Commented by nobuemondouhonpo at 2016-01-30 21:19
nari–masa様
こんばんはo(^▽^)o

有田さんちのコッペル君♪
動力整備お疲れ様ですm(_ _)m

下の「ビックサン○ーマウンテン」は思わず吹き出してしまいました ♪
それにしても可愛い!!
可愛すぎます!!
速度の問題は難問かと思いますが、一生懸命にロッドを動かして走る姿に、心奪われますo(^▽^)o
Commented by Locomotora at 2016-01-30 21:47 x
お久しぶりです。
常設線(時々常磐線に空目します)の高架化はよい感じですね。
コッペル君、シンプルな構造でこれだけ元気に走るのは素晴らしい。
小さな体にも生命力があふれています。
スローも効くようになるといいのですがシンプルゆえの難しさですね。
Commented by higeoyajituruturu at 2016-01-30 22:09
ご無沙汰しております。
小さな動力車は安定した走行はなかなか難しいものですね。特に集電は色々な影響を受け易いのは経験からも・・・。

ご苦労、お察しします。

色々なサイトを見ていてちょっと面白いのを見つけましたので、良かったら一度見てみて下さい。
http://www.craft-s.com/locomotive/narrow_gauge/damper.html
Commented by トータン at 2016-01-31 07:27 x
こんな小さな機関車ですので この位のスピードでもなんかねずみみたいで余り違和感のない走行(模型ですから)(^^; とっても可愛いですよ~ 速度を落とすとなるとギヤー比を換えるしか有りませんよね~ かといってそんなスペースは無いようですし なんとか低速が効く様になったら今度は臨場感とやらが増しますけれどね(^^
Commented by nari_masa at 2016-01-31 08:50
ノブえもんさん おはようございます。いつもありがとうございます。
ビッグサンダー〇ウンテン、昔乗った記憶が(^^)
もう少しのんびり走れると癒し系になるのですが、平坦線でないと無理なようです。
ネックは集電(低速だと止まってしまう)なので、後部車輌から給電をする手もありでしょうか。
(通電カプラー?)
Commented by nari_masa at 2016-01-31 08:55
Locomotoraさん おはようございます。お久しぶりです。
高架・勾配線化で運転は格段に面白くなりました。
いままではEF級を無理やりR177に通していましたが、高架化の結果R140になってしまいましたので小型車両が中心になりそうです。
でも旧型EF級は出たら買いますが(^^)

コッペル、ギヤ比が大きくできるといいのですが、そのためには足回りをいろいろ精密化する必要がありそうです。
Commented by nari_masa at 2016-01-31 09:05
たこちゃんさん お早うございます。ご無沙汰しております。
カニ38、製品が出てしまいましたが、手作り品にも味がありますからお時間がとれたら続きを是非(^^)

お教えいただいたサイト、見てきましたが面白いアイディアですね~。
メルクリンHOの第3軌条がヒントなのでしょうか?
それともTOMIXのレールクリーナー?
小型車両には相当な工作精度と微調整を求められそうですね。
Commented by nari_masa at 2016-01-31 09:21
トータンさん お早うございます。いつもありがとうございます。
連日深夜までのお仕事お疲れ様でした。
そうですね~、こまねずみみたいです。
ギヤ比ですが、ギヤモジュールを小さくすればギヤの歯数を増やせるのでギヤ比を大きくできます。
ただ、その為にはギヤ歯形やギヤ中心間距離など高い部品精度が要求されますが、津川にはそこまでの技術がないのかな、と思います。
これを個人で改造するのはかなり面倒でして、ちょっと諦めムードです。
やっぱり後部車輌から給電しましょうか~(^^)


<< コッペルとデキ3、どこが違うの?      じゃじゃ馬コッペル調教中 & ... >>