2016年 01月 22日

マイクロ京急2100形の再電飾その3 完工

e0354030_22253118.jpg
マイクロ京急2100形8輌の再電飾が完了しました。
中央の直線上に3輌見える車輌の一番左側がKATO動力に載せ替えたM車ですが、他のT車の電飾の色調がほぼM車(室内部品はKATOのまま)と同じになりました。
e0354030_22253912.jpg
昨日、反射テープの軽量化の話が出ましたが、ちょっと重量を測定してみました。
これは従来のマイクロエース純正室内灯を組み込んだ状態のT車中間車の重量です。
29g。
e0354030_22254550.jpg
室内灯ユニットを取り外すと26gです。
つまりマイクロ純正室内灯ユニットは3gということになります。
e0354030_22255334.jpg
今回の再電飾後は27gになりました。
たまに28gを表示する時もあります。
電飾材料全部合わせて1gか1.5gくらいに納まりました。
e0354030_2226060.jpg
走行中の右がM車、左のパンタ付きがT車です。
これでマイクロ京急弄りは終わりですが、再電飾はあと4輌おこないます。
それはまた後日に。
[PR]

by nari_masa | 2016-01-22 22:35 | 京急電車(N) | Comments(4)
Commented by nobuemondouhonpo at 2016-01-23 07:32
nari–masa様
おはようございますo(^▽^)o

車両の軽量化は車輪ダメージや、動力車への負担軽減、集電が安定しなかった昔と違い、最近のものは随分良くなったと何処かでも拝見しました♪
かと言って、むやみに軽量化も出来ずnari–masa様の記事のように、車重を測る事で適度な補重と軽量化のバランスが取れそうですね♪

先日の「通電金具」
私は「時を買うことが出来ない」と気付いた時には、かなり時間を浪費してました 汗

今日明日は、数十年に一度の強烈な寒波だそうですm(_ _)m
お風呂へ入るときのヒートショックや、湯船での居眠りは失神だそうですので、お気をつけくださいm(_ _)m
などと言う私は、先日お風呂で居眠りしてしまい、カミさんに怒られました(;^_^A
Commented by nari_masa at 2016-01-23 09:00
ノブえもんさん お早うございます。
確かに軽ければいい、というものでもありませんで、牽引力と集電性能とのバランスが大事ですね。
重くするのは鉛でいくらでもできますので、とりあえず電飾は軽量化しておこう、ということでしょうか。
反射板は天井裏に貼りますので、軽くした方が重心が下がって走行が安定するという利点もありますし。

お風呂、私の家は山の上にありますので、帰宅時は山登りして汗かいてお風呂に飛び込む感じです(^^)
Commented by がおう☆ at 2016-01-23 09:13 x
おはようございます。

1.5gから2gも1両あたり軽くなるというのは凄くないですか(^-^;
編成物で考えれば、両数をつなぐ程に差は大きくなりますから、登坂時にこの差はボディブローのように効くのではないですかね。
特に機関車牽引では、ストレートに効いてきますからね。
転がりを良くするのも大事ですが、電飾を標準化するなら軽量のことも考えた方が良さそうです。

EXCIA指令7074 ED70はあるのですが、ED74を密かに探しているんです。なかなか良い価格のものには巡り合えてません(^-^; 指令も鋭いなぁ~
 
Commented by nari_masa at 2016-01-23 10:34
がおう☆さん こんにちは。いつもありがとうございます。

そうですね~2gと言えど15輌編成にしたら1輌分違いますから、結構効きますね。

ED74ですか~4kくらいですね。
マイクロ機しかありませんがKATOやTOMIXは出さないですかね~。
ED73みたいに有名な客車列車を牽いていないのでセット販売できないから無理か~(^^)


<< ミニミニ常設線の立体交差化      マイクロ京急2100形の再電飾その2 >>