新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 22日

50‰に挑む凸電たち(^^)

e0354030_20573262.jpg
同じ作業が続くと飽きますので、本日は工事を行わず、お遊びです。
凸電の勾配線での牽引力をテストしてみることにしました。
e0354030_20573883.jpg
当廠の常設試験線全景です。
ファンシーケースの上に置かれた外線はR177(φ354)で、ストレートは280+70=350mmですからオーバルの長径(画像の横幅)は704mmになります。
e0354030_20574451.jpg
この塗料ビンの直径は35mmですから・・・
e0354030_20575018.jpg
これでファンシーケースの蓋の片側を持ち上げると・・・
e0354030_20575775.jpg
35/704≒0.05、つまり50‰(5%)の勾配線ができます。
e0354030_2058422.jpg
まずは安心のBトレ上信デキ1です。
徹底した補重で平坦線なら旧客20輌を牽き出す能力を持つ機関車ですが、50‰では旧客4輌が限界でした。
5輌ではスリップします。
e0354030_20581092.jpg
4輌牽引ではスリップもなく周回できます。
e0354030_2058164.jpg
次は凸電ではありませんが、鉄コレ東武ED5060電機。
これも4輌でした。
e0354030_20582215.jpg
この機関車は特に補重をしていないのですが、結構力持ちです。
e0354030_2058285.jpg
ワールド工芸の川崎40t電機、ED371です。
旧客2輌牽引して走行できました。
e0354030_20583460.jpg
ワールドの川崎20tになると旧客1輌が限度です。
やはり車体が軽いので、トラクションタイヤを付けていても空転してしまいます。
e0354030_20584869.jpg
1輌なら普通に牽けます。
e0354030_20585762.jpg
さて、問題の(^^)銚子デキ3です。
予想通り旧客は無理でした。
ここまでしか登れません。
e0354030_2059691.jpg
そこで2軸客車のハフを牽かせてみましたが、2輌は引き上げられませんでした。
e0354030_20573262.jpg
1輌なら50‰でも牽けます。
e0354030_20592013.jpg
やはり隠れた高性能機(^^)
この機関車は補重などはしていません(車内が狭くて、補重したくてもできません)。
e0354030_20592716.jpg
50‰を下って行くデキ3。
かなり急勾配なのが分かりますね。
e0354030_2059347.jpg
では川崎20tで2軸客車を牽いたらどうなるか?
e0354030_20594169.jpg
4輌牽いて50‰を登れました。
さて、明日からはちょっと変わった作業になりそうです。
[PR]

by nari_masa | 2015-10-22 21:31 | 凸形電機(N) | Comments(6)
Commented by ぼち吉鉄道 at 2015-10-23 07:48 x
おはようございます。
5%(^^;
面白いテストですね。
意外な結果が面白いです。
でもこないだの機関車は、流石に軽い事がよく分かりました。
貨車も3両位でないと、登坂不可能でしょうか?
これら、3%で再テストをしてほしいです(^^)
5%だと下りの加速感、半端ないですから。…。
小生のレイアウトで、3%超えと思われる所でも客車5両で加速しますから…。
Commented by nari_masa at 2015-10-23 08:07
ぼち吉鉄道さん お早うございます。いつもありがとうございます。

これはたまたま塗料ビンを見ていて思い付いたのです。
そのうち3%もやってみますね。21mmならウレタンの切れ端でできそうです(^^)
が、ベースがファンシーケースでレベルがいい加減なので、誤差が大きいでしょうね(^^;
更に直線が350mmなので旧客3輌分しかありません。
Commented by がおう☆ at 2015-10-23 12:21 x
こんにちわです。

常設のオーバルコースをお持ちのnari-masaさんならではのテストです。
ベースを簡単に傾けられるのがポイントですね(^^♪
5%というとかなり急ですが、各機なかなかのパフォーマンスです。
デキ3はホント凄いですね(笑)
ウェイトも仕込んでないのに…やりますね(*‘∀‘)
Commented by nari_masa at 2015-10-23 13:52
がおう☆さん こんにちは。いつもありがとうございます。
ちゃちな常設線ですから、こんなことでもして遊ばないと(^^)
デキ3は予想外の性能ですね。
補重はできませんが車内はメーカーのウェイトで一杯です。
Commented by トータン at 2015-10-23 18:01 x
5%ですか? 当方の最高勾配は4%程度ですので完全制覇出来ますね(^^;
例の初音ミク ロウェイトでも不可能ですか? ボンネットの角あたりに、ボンネット内部の角部分に、キャブの窓と窓の間に、コーナーに 第三者は余計なこと言いますでしょう? 失礼!
Commented by nari_masa at 2015-10-23 18:33
トータンさん こんばんは。いつもありがとうございます。
そうなんです。
いつか冷や水鉄道を走らせるチャンスが来たとき、トンネル内で立ち往生すると困るので事前テストです(^^)
初音ミクちゃん、もう少しなら入りますが、片側のボンネットにはきらめきライトの基板、反対側には給電用の端子があってなかなかスペース取りが難しいのですよ~。
ただ、華奢で気難しいところのある動力ですので、あまり無理をさせてストライキを起こされても困るので(^^;;
5%で二軸客車を1輌牽いてくれれば御の字ということで、大リーグ機関車養成鉛は自粛しておきます(^^)


<< クモニ乗りたい、再び。運行番号...      鉄コレ台車のカプラーをKATO... >>