新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 04日

マイクロC形機関車 おまけ工作(電飾)

e0354030_1902033.jpg
トップ画像追加しました。
e0354030_14461990.jpg
マイクロC形機関車、窓入れは完工しましたが、次ネタの入廠が明日(5日)になったため、少し時間ができましたのでこの機関車も電飾してしまうことにしました。
使うのはいつものように美軌模型店さんのきらめきライト水平型、φ1mm光ファイバー、アルミテープ(右端)です。
今回は当廠でのきらめきライト水平型の取り扱いも少し詳しく書いてみます。
e0354030_14463646.jpg
LEDは高輝度白色なので、電球色にするところから始めます。
最初にLEDの発光面にオレンジのマーカーを濃いめに塗ります。
e0354030_14465263.jpg
次に黄色のマーカーを塗りますが、先ほどのオレンジを置き換える感じで押し付けるように塗っていきます。
この辺は調色したクリア塗料でもOKなんですが、マーカーだと何度でもやり直しがきくので当廠では重宝しています。
e0354030_1447898.jpg
ときどき点灯させて色味を確認します。
赤すぎず、黄色すぎないところを狙います。
e0354030_14472490.jpg
アルミテープを切り出します。
横幅はライト基板の3倍強、長さはあとで切り詰めますので適当に。
e0354030_14473999.jpg
アルミテープをきらめきライトの裏側(素子の無い側)に貼り付けます。
ショート防止のため、銅線側は基板からはみ出さないようにします。
銅線側の両サイドを斜めに切ってあるのもショート防止のためです。
e0354030_14475996.jpg
LED発光側は1~2mm残してアルミテープを切り、光ファイバーを発光面の真ん中に置きます。
光ファイバーもあとで長さ調整しますので適当な長さでOKです。
e0354030_14501155.jpg
絶縁用のテープです。
当廠ではこのポリプロピレンテープ(PPテープ)を愛用していますが、マスキングテープでもアセテートテープでもOKと思います。
e0354030_14502266.jpg
基板の表面に小さく切ったPPテープを貼ります。
e0354030_14504170.jpg
基板をくるむようにアルミテープの片側を折り畳みます。
e0354030_14505325.jpg
反対側も折り畳み。
e0354030_14521066.jpg
この段階で発光面側から見るとこういう状態です。
もちろんこれでは全面発光してしまいます。
e0354030_14522799.jpg
発光面側のアルミテープをピンセットかニッパーで圧着して隙間を塞ぎます。
この時光ファイバーがちょうど真ん中に来るように調整します。
e0354030_14523639.jpg
点灯させてみました。
これで遮光もほぼOKです。
e0354030_14524442.jpg
車体の裏側です。
この機関車は元々ライトレンズはついていないのですが、電飾準備工事として以前に穴明けと短い光ファイバーを取り付けてありました(すっかり忘れていました。ははは)。
e0354030_14525313.jpg
赤い車体は電飾すると透けてしまうので、黒塗装やアルミテープで遮光してライトユニットを取り付けます。
今回はあまり美しくありませんね(^^;;
e0354030_1453192.jpg
完成~。
きらめきライトの導線はモーターの通電板にアセテートテープで貼り付けて給電しています。
実は車内のウェイトとライト基板が干渉したのでウェイトを少し削りました。
e0354030_1453822.jpg
おまけ画像。
以前に電飾したEF10タイプC形機関車です。

これでC形機関車は終わり、明日入廠予定の機関車は銚子電鉄デキ3です。
最小の二軸機関車、ワールド工芸製ですが、さてどんなものでしょう?
[PR]

by nari_masa | 2015-10-04 15:13 | フリーランス(Bトレ含む) | Comments(4)
Commented by ぼち吉鉄道 at 2015-10-05 08:25 x
おはようございます。
電飾、なるほどテープとアルミテープの組み合わせなのですね。
アルミテープだけ?豪快とか思ってました(^^;
発熱がほぼないLEDならではの、工法ですね。
LEDは、ほんと便利です。
デキは、ワールド製でしたか。
ヨドバシ見て、どれのこと?ってなってました。
Commented by がおう☆ at 2015-10-05 09:51 x
おはようございます。

分かりやすい説明で、きらめきライトへの興味倍増です(笑)
絶縁やショートなどに注意しながら、遮光対策を十分にする・・・
私のように、まだこの手の加工をしていないものには有難い解説でした。

でも、やらないつもりと言われてた、この機関車も電飾化ですね(^-^;
そこが流石のnari-masaさんです。
Commented by nari_masa at 2015-10-05 11:08
ぼち吉鉄道さん お早うございます。いつもありがとうございます。
アルミテープだけではショートの恐れがありますので絶縁テープを併用しています。
デキ3は津川洋行製もありますが完成品で高いので、少しでも安いワールド製のキットにしました。
Commented by nari_masa at 2015-10-05 11:18
がおう☆さん お早うございます。いつもありがとうございます。
最近、あまり工法を詳細に書かなくなっていたんです。
こういう改造って、やる人は自分で工夫してやってしまうし、やらない人は何を書いてもやらないですからね(^^)
それに難しい改造の場合はこちらも集中して施行するので写真を撮る余裕がありません。
今回は時間が余ったのと比較的簡単な内容なので、少し詳しく書いてみました。

電飾、やらないやらない詐欺ですね、ははは。
私の予告ほど当てにならないものはありませんね~(^^)


<< 銚子電鉄デキ3入廠 動力試験      マイクロC形機関車 ED91タ... >>