新湘南電鐵 横濱工廠2

sinshonan2.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 22日

KATO EF57旧製品の整備(1)

e0354030_2210764.jpg
H鉄道様からお預かりしたもう1輌、KATO 品番303 EF57旧製品の整備を始めました。
左が今回のEF57、右は当廠所属機のKATO 品番3003 EF57です。
この2輌の車体は同じ金型ですが、避雷器の別部品化やモーターをFM-5からGM-5に変更など、マイナーチェンジが行われています。
e0354030_2210185.jpg
避雷器が車体と一体です。PS14パンタグラフも板バネ上昇式ですね。
e0354030_22103062.jpg
こちらが3003の方ですが、当廠であちこち手を入れているのでどこがオリジナルか良く分かりません(^^;;
e0354030_22104735.jpg
動力ユニットです。
H鉄道様で細工をなさっており、また一度折損したものを復元されています。
e0354030_22105270.jpg
これはもうダイカスト自体に金属光沢がありません。
ほとんど灰色で、自己崩壊直前のような状況です。
落としたら折れた、というのもうなづけます。
e0354030_2210587.jpg
とりあえず分解してみました。
内部構造は3003とほぼ同じで、動力伝達はオルダムジョイントです。
これはマイクロエースのビニールチューブ伝動に較べてダイカストブロックの精度が高くないと使えません。
e0354030_2211210.jpg
モーターはFM-5、KATO往年の5極モーターです。
最近の小さなモーターを見慣れていると、これは巨大です。
KATOの古い製品がのきなみスケールより大きいのも、このモーターを納める必要があったからですね。
e0354030_2211721.jpg
とりあえずモーターに再給油して組み上げましたが、接着してあったダイカストブロックが片側折れてしまいました。
e0354030_22112024.jpg
何とか形にしましたが・・・
e0354030_22112876.jpg
この機種の弱点はこの台車のダイカストフレームから直にダイカストブロックに通電していることで、どこにも弾性がないのですぐに接触不良を起こしてしまいます。
e0354030_22111488.jpg
で、こんな銅板を使って集電改善をしてやります。
続きはまた。暑いので、これはのんびりと進めましょう(^^)
[PR]

by nari_masa | 2015-07-22 22:33 | 旧型電関(N) | Comments(4)
Commented by ぼち吉鉄道 at 2015-07-23 17:51 x
こんにちわ。
こちらも加工開始ですか(^^)
流石にはんだがあった方が…なんて考えてましたが、そこはnari-masaさんの工法が楽しみですね(^^)
旧動力の集電改良も期待しています。
Commented by トータン at 2015-07-23 17:57 x
え~? 旧製品も復活させるのですか? そうか~冷水では壊すことは出来ても直すことが出来ないので 幸せな運命なのですね~ かれこれ7年位前に中古で廉価だったものでつい手を出してしまったのですが 脱線が多いためお蔵入りしていたものです(^^;
あのダイキャストフレームは 当方から送付する時点で片側の接着が取れていました あれだけバラバラになっていたらやはり維持はむすかしいですよ それとモーターの端子も逆向きにしないと接着剤のせいで集電できませんでしたし わたしにはもうお手上げ状態でした そこで新製品の中古を探していたんですよ それで注文したのですが丁度休日と重なっていたため入手出来ないでいたころnari-masaさんからお声を頂いた次第です。
私としては56が出来た時点でもう満足なんですよ なのでスクラップになるまで遊べたら遊んでやってください nari-masaさんの57は素晴らしいですね 余談ですが電暖表示灯は稼動しているときにはライトが消えて切れている時は点灯するって話聞いたことあるんです 修理点検の時に電気がきているかの確認に使うらしいですね 稼動時に電球が切れていたら危険だからだそうですが 色々考えているんですね~ その電暖表示灯、実車みたいにポッコリ盛り上がって見えますがこれは厚塗り?なのでしょうか あんな小さな場所にはみ出ないでチョン付け凄いです。
Commented by nari-masa at 2015-07-23 18:11
ぼち吉鉄道さん こんにちは。いつもありがとうございます。
アンチモニーのダイカストブロックはハンダが効かない(確か^^)ですので、修復は接着剤ですね~。
集電改良は当方のEF57でもやってますので、同じ方法でやってみることにします。
まあ、こちらはダメ元ですのでかなり気が楽です(^^)
Commented by nari_masa at 2015-07-23 19:04
トータンさん こんばんは。いつもありがとうございます。
折角なので弄ってみます。
まあ、先台車の脱線癖は構造的なものなので直らないと思いますが。
電暖表示灯、通電時消灯だそうです。
フェイルセーフですね。
別に厚塗りではないですよ。
もともとボッチが出ていますので塗料を載せただけです。
それではEF56の方を先にお送りしましょうか。


<< KATO EF57旧製品の整備(2)      EF56整備(4)完工 >>