2016年 09月 25日

久しぶりの晴れ間、KATO京急2100形増結車の整備

e0354030_1822810.jpg
このところず~っと長雨が続いた上、身辺がばたばたしていてなかなか模型弄りができませんでした。
今日もあれこれと雑用がありましたが、久し振りに晴れ間が見えましたので京急2100形増結4輌の床下や台車を串焼き塗装しました。
e0354030_18221344.jpg
車体の方も基本4輌と同レベルに手入れしました。
e0354030_18221962.jpg
屋上配管はカラス口でねずみ色1号を色挿し。
屋根の色が明るいグレーなのであまり目立ちませんが、はみ出した部分も目立たないのでOKということに(^^;;
e0354030_18222551.jpg
戸当たりゴムも黒のロットリングで色挿し。
e0354030_18223197.jpg
床下機器はタミヤのニュートラルグレーで塗装しました。
e0354030_18223788.jpg
台車はクレオスのメタルプライマー改を吹いてからタミヤのニュートラルグレーを吹き、空気バネのダイヤフラムにタイヤブラックを塗りました。
このあと電飾をしながら組み上げます。

凸電のパーツはメーカーを出たそうですので、明日くらいには届くでしょうか?
でもまだキット本体を購入しておりません。
品切れになる前に買わないと(^^)
[PR]

# by nari_masa | 2016-09-25 18:32 | 京急電車(N) | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 23日

TOMIXからED61茶色リニューアル予告

e0354030_18502415.jpg
画像はTOMIXの旧製品(スプリングウォーム仕様)ですが、この茶色のED61が17年2月~3月にフラホ付き新動力でリニューアルされるとのアナウンスがありました。
既にED61(青)とED62がリニューアルされていますのでED61(茶)も時間の問題と思っておりましたが、さて困りました。
この旧製品は整備済みでスプリングウォームながら大変好調に走ります。
一方、フラホ付き新動力の性能はED62で確認済みで、フラホの慣性による惰行がよく効きます。
でも今回はスルーですかね~(^^)
[PR]

# by nari_masa | 2016-09-23 12:22 | 新型電機(N) | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 19日

室内灯電飾開始

e0354030_21221558.jpg
LEDの在庫が切れていましたが、美軌模型店さんから室内灯キットが届きましたので、また室内灯の電飾作業を始めました。
まずはクモニ83から。
このあと115系、165系、京急2100形、80系と続きます。
延べ16輌(^^)
飽きたら凸電と飛行機の製作を挟みます。
e0354030_2126766.jpg
美軌模型店さんの室内灯キットです。2輌分108円。
あとは透明プラ棒とアルミテープが必要です。
工法はこの辺りと同じです。
e0354030_2122398.jpg
クモニは車内がほとんど見えないので、室内塗装は無しでLED組み込みだけ行ないました。
e0354030_21221074.jpg
これで電圧6Vくらいですが、結構明るいです。
ここからまた同じような作業が続きます(^^;;;
[PR]

# by nari_masa | 2016-09-19 21:38 | 新性能電車(N) | Trackback | Comments(6)
2016年 09月 18日

鉄コレ電飾車輌の通電変更(銅箔テープ)

e0354030_17242657.jpg
昨日の松電10形に引き続き、鉄コレ電飾車輌の通電接片をアルミテープから銅箔テープに交換しました。
まずは富山地方鉄道14760形。
e0354030_17243441.jpg
改造前、真下から見たところです。
アルミテープの厚さの影響で車体中央部が膨れてしまいます。
e0354030_17243928.jpg
銅箔テープに交換後です。
メタボ車体がスリムになってスッキリしました(^^)
e0354030_17244387.jpg
ライトへの給電はばっちりです。
e0354030_17245039.jpg
この作業は簡単なので、鉄コレ電飾車輌全車実施してしまいました。
国鉄クモハ52の改造前です。
e0354030_17245591.jpg
車体側も動力側もアルミテープなので、かなりの厚みになります。
e0354030_17245923.jpg
これは東武6000系の銅箔テープ化後です。
クモハ52と同じ20m級車体ですが、すっきりと納まります。
e0354030_1725480.jpg
通電も問題なし。
導電性粘着テープ付き銅箔テープ、なかなかスグレモノです。
粘着力が弱いのですが、今回の使用例のように車体と動力ユニットで挟み付けて使う分には問題ありません。
しかし部分的に薄い両面テープを併用すると使いやすくなる場面もありそうです。
銅箔テープも何種類かあるようですので、他のテープも試してみたいところです。

鉄コレでもED14などの機関車は通電方法が異なりますので、この銅箔テープ化工事はこれにて一件落着となります。

さて次は・・・天候が悪くて塗装ができません。天気は明日もあまり良くなさそうです。
京急2100形増結車輌の台車・床下とか165系や115系の車内とか塗りたいのですが・・・
電飾準備作業でもしましょうか。
[PR]

# by nari_masa | 2016-09-18 17:41 | 鉄道コレクション | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 16日

導電性粘着剤付き銅箔テープ

e0354030_1082244.jpg
さて、銅箔テープの導電性はどうでんねん?(寒)
と言う訳で、新兵器の導電性粘着剤付き銅箔テープの性能を確認しました。
まずは鉄コレ「松本電鉄10形」、以前にきらめきライトで前照灯の点灯化をしてあります。
e0354030_2032984.jpg
車体側は内側にアルミテープを貼ってきらめきライトの導線を接触させていますが、アルミテープは結構な厚みがある上に裏側の粘着面が導通しないので、アルミテープ表面に更にPPテープで銅線を貼り付けています。
e0354030_2032436.jpg
動力ユニットは仮にアルミテープを貼っても、そこまで通電させる上手い方法がみつからないので通電用の金具をつけてあります。
これらの結果、組み立てた時にボディが少し膨らみ気味になってしまいます。
e0354030_20373297.jpg
そこで、これらを銅箔テープに置き換えます。
e0354030_20373779.jpg
車体側はアルミテープを剥がして銅箔テープできらめきライトの導線の上に直接貼り付けました。
この銅箔テープ、かなり薄手です。
ただ、粘着力はそれほど強くないようです。
e0354030_20374322.jpg
動力ユニット側も金具を外し、集電板に裸銅線を1本接触させて銅箔テープで止めました。
e0354030_20374986.jpg
みごと前照灯への通電は確保されました。
ボディの膨らみもほとんどないので、電飾した鉄コレの上下通電はこれでいくことにしましょう(^^)

話は少し変わりますが、あるパーツが確保できそうなのでまた凸電やります。
その代わり、167系は80系に化けそうです(謎)
[PR]

# by nari_masa | 2016-09-16 21:05 | 鉄道コレクション | Trackback | Comments(4)